知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.03.10

だからおいしい。やっぱり嬉しい『続けられるお弁当生活のコツ』

Pocket

みなさんはお昼ご飯いつも何を食べていますか?外食の方、会社にくる仕出し弁当屋さんの方、社内食堂を利用している方、そしてお弁当を持っていてますという方などそれぞれかと思います。
お弁当ってけっこうハードルが高く、なかなか続けられないという声もありますが、ポイントを抑えればとっても簡単。なにより自分好みにできるところが最大のオススメポイント。
そんなお弁当生活のススメをご紹介します。
『続けられるお弁当生活のコツ』お弁当が並べられているところ

『続けられるお弁当生活のコツ』-お弁当のメリットとデメリット

何事にもメリットデメリットがあります。
その中で、これだったら自分はできる、気にしない。または自分が何を優先するかによってデメリットも工夫し、選択していけばよいのです。

お弁当生活のメリット

・ご飯を買いにいく手間が省ける(すぐ食べられる)
・自分の好きな物を食べられる(野菜たっぷり)
・コストが安い
・お弁当箱選びから楽しい

お弁当生活のデメリット

・持ち運びが大変(バッグの中で幅を占める、滲み出るのではという心配)
・食べる場所選びに苦労する
・朝の時間をお弁当作りにとられる
・(冷めている)※保温弁当箱ではない場合

『続けられるお弁当生活のコツ』-残り物をアレンジ+α

忙しい朝は極力作るものは減らしたい。だから詰めるものはお夕飯の残り物を利用してOKです。全て一から作るとなると、時間的にも気持ち的にも余裕がなくなり長続きしません。
夕飯のおかずが天ぷらだったら甘辛ダレだけ作ってかけて、ほうれん草のおひたしが余ったら卵焼きの中に包み込んで、コロッケが余ったらコロッケサンドにして、ゆでたブロッコリーが余ったら胡麻和えにしてしまう。
そんな風に「残り物の味付けを変えるだけ」と考えると、意外と朝にやることはありませんよ。

あとは+α。
常備菜にしてある甘酢漬けを入れたり、彩りのための食材を入れれば、立派なお弁当が完成します。
『続けられるお弁当生活のコツ』豆ごはんのお弁当が置かれている

『続けられるお弁当生活のコツ』-味バランスの良いおいしい組み合わせ

お弁当に入ってるおかずは、いつも食べる味付けよりも気持ち濃くする方がおいしくいただけます。作って時間が経ってから食べるお弁当は、悪しを遅らせるためにも少し味付けは濃くしましょう。
お弁当をおいしくいただけるポイントは
・酸味(酢の物、酢漬けなど)
・油もの(マヨネーズ焼き、ごま油でナムルなど)
・香の物(梅干し、昆布などごはんのお供)
これらのおかずを入れるようにすると味のバランスが良くなり、冷えたお弁当でもおいしくいただけます。あとはメインのおかずと煮物や和え物などの副菜を入れれば良いのです。

『続けられるお弁当生活のコツ』-彩りはもちろん!添え物で更におしゃれに

お弁当を作るときに意識するのは彩り。
「赤」「黄」「緑」のおかずがあると見た目もおいしそうに華やかになります。
・赤色おかず・・・人参、トマト、紫キャベツ、紅芯大根、かにかま
・黄色おかず・・・たまご、黄人参、かぼちゃ、金柑、沢庵、黄パプリカ
・緑おかず・・・緑の野菜、彩りの葉野菜
色別におかずが検索できる料理サイトもたくさんあるので、そちらで見てレパートリーに追加してみるのも良いですね。

これらの彩りを取り入れることはもちろん、お弁当箱の蓋を開けたときに「わっ素敵!」とさせてくれる添え物を取り入れると、さらにおいしく見栄え良く見せることができます。
・桜の花の塩漬け
・穂紫蘇
・もみじの葉
・食用花(エディブルフラワー)
・スナップエンドウ
『続けられるお弁当生活のコツ』穂紫蘇
料理は見た目で8割が決まると言われているほど重要な要素。
お弁当自体が、開けるときのワクワク感があり見た目がとても大切。
子供には嬉しいキャラ弁もそう、食べたくなる気持ちを生み出すことが重要なのです。

この春から新しい生活がスタートしたと同時に、お弁当生活をスタートさせるのもいいかもしれません。お弁当のおかず何にしようかな、と考えながら過ごす毎日も以外と楽しい悩み事ですよ。

 

記事/管理栄養士 片山けいこ
IMG_4099
食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在2歳と0歳の母。
うれしい・たのしい・UTIGOHAN k-meals,
Facebookページ

その他のおすすめ記事

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

こってりダレでごはんがススムおかずに変身『鶏肉の香味味噌焼き』

こってりダレでごはんがススムおかずに変身『鶏肉の香味味噌焼き』

安い豚小間肉が大変身『柔らか豚小間とんかつ』

安い豚小間肉が大変身『柔らか豚小間とんかつ』

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』