知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.12.03

エコな暮らしをスタンダードに『界面活性剤って悪いもの?』

Pocket

買い物先で店員さんから「袋はお付けしますか?」と聞かれる事が当たり前になってきました。エコバッグを持ち歩くことも特別なことでなく、むしろそれをファッションとして楽しめるようになってきたりしています。
これらはエコ活動と言われ、こういった行動のひとつひとつが環境を守ることに繋がっているのです。
身近な暮らしの中を少し変えてみるだけで、守れる環境がまだまだたくさんあるんですよ。

界面活性剤とはなんだろう

界面活性剤という言葉をご存知ですか?
界面活性剤とは、本来ならば混じり合わない2つの性質の物質を、混じり合わせることができる役目をします。例えば、水と油を混じり合うようにしてくれます。
洗浄・起泡・乳化・保湿などの作用があり、多くの日用品や化粧品に使われています。

食べ物にも入っています

洗剤などに入っているイメージの強い界面活性剤ですが、実は食べ物にも含まれています。
ドレッシングに卵黄を混ぜるとマヨネーズのようなものができます。マヨネーズは分離しませんよね。これは卵黄に含まれている「レシチン」という成分が界面活性剤の役割をしているからです。このように本来混じり合わない性質のものを長時間維持することができるのです。
ほかにも油と水を乳化させる働きを生かして、アイスクリーム、コーヒーフレッシュ、ホイップクリーム、ドレッシングなどを作るのに利用されています。
8eadb2f6ae7a1dde20c3567987a99bb6_s

なんと体の中にもある

人間の身体も、水に溶ける性質のものと油に溶ける性質のものがあり、この仲立ちをするのがレシチンです。約60兆個といわれる人間の細胞には、必ずこれらのレシチンが含まれ、界面活性剤としての働きが一番大きいともいわれているほどです。血管の中にこびりついてコレステロールを溶けやすくしたり、細胞の中の老廃物を血液中に溶かし込んで血行をよくしたりします。
世の中に出回っているものに含まれる界面活性剤には、「合成」のものと「天然」のものがあります。前者は非常に機能性が高く、長時間安定した働きをするのに対して、後者は安全性は高いものの酸化されやすく機能が少し劣ります。

大切なのは人間の体内にあるものに近い物質であることが、人間にとっては優しいということです。

 

界面活性剤の危険

混じり合わない物質を混じり合わせる、ということは当然デメリットも存在します。人間の皮膚は、皮脂膜が有害な物質から守ってくれていますが、「界面活性剤」は皮脂膜や角質層をくぐり抜けて、体内に侵入することが出来ます。つまり、血液にも侵入して血管を通って身体全体に広がっていくのです。
例えば、食器に残った洗剤は食べ物と一緒に体内に入り、衣類に残った洗剤は空気中の水分や汗に溶けて体内に入っていきます。お部屋にスプレーした消臭剤なども同様のことになります。
体内への蓄積だけでなく、環境汚染にもつながります。
生活排水に界面活性剤の成分が多く含まれていると、水中の酸素を奪い嫌気菌優勢の水になります。すると澱んだ水になったり変な臭いがする水になってしまうのです。工場では規制対象になっていますが、一般仕様に規制がないのは少し不思議な気がしませんか?
5d64fb1ebb374e69c8027b0054748875_s
環境に優しいエコバッグが、暮らしの当たり前になったのはここ数年。ひとりひとりの意識が高まったから。
界面活性剤もそのひとつ。日々つかうものは体にも優しく、環境にも優しいものでありたいですよね。今年の大掃除には優しい洗剤で始めてみませんか?綺麗になったらきっと、優しい「福」がやってくるはずですよ。

 

文/エコグローブ21プロジェクト
12952772_886562764785526_1666144264_oフッキーナラベル1
環境貢献『エコストダウン』をコンセプトに、中小メーカーのオンリーワン製品の販売と技術の提案活動を展開し、環境負荷軽減に取組んでいます。
フッキーナ(福きぃな)ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』