作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

Pocket

婆豆腐、担々麺に回鍋肉。 ピリ辛中華風のおかずは子供から大人まで幅広い年齢層に人気が高く、日本の家庭の食卓でもよく見けるメニューです。
これらの味付けに欠かせないのがお馴染みの中華調味料「豆板醤」です。

豆板醤は主に『そら豆』を原料とした発酵調味料です。
そら豆の収穫が盛んなこの季節、自分好みの豆板醤を仕込んでみませんか?
~初夏の仕込みもの~旬のそら豆で『自家製豆板醤』を作ってみように使うそら豆

豆板醤とは-『そら豆で自家製豆板醤』

もともと中国では生のそら豆を発芽させて唐辛子も入れずに作っていたようですが、現在は蒸したそら豆を唐辛子とともにペースト状にして発酵させる手法が主流。

熟成するまでに時間がかかりますが、自分の手で手間ひまかけて作った調味料には愛着が湧きますし、それを使った料理はまた一段と美味しく感じるかもしれません。
ポイントさえ押さえればご家庭でも簡単に仕込むことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

『そら豆で自家製豆板醤』の材料

・むきそら豆(市販の冷凍そら豆で代用も可能)・・・100g
・塩・・・20g
・粉唐辛子・・・10g
・米麹・・・10g
・味噌・・・30g

『そら豆で自家製豆板醤』の作り方

1.鞘から出したそら豆を洗って耐熱皿に乗せてラップをし、レンジで4分加熱する。

2.加熱したそら豆の粗熱が取れたら皮をむいてボウルに入れ、フォークなどで潰してペースト状にする。

3.ボウルに☆の材料も混ぜ合わせ、ビニール手袋(なければビニールを手にかぶせて)でよく揉み合わせる。
この時、絶対に素手で混ぜ合わせないよう注意してください。(カビやすくなることと、手に唐辛子がつくとヒリヒリして痛いので。)

4.密閉できる袋に移し、端の方から空気をしっかり抜いて真空状態にし、冷蔵庫で2~3ヶ月寝かせます。

1ヶ月ごとに様子を見て、袋の口を開けて袋の上から中身を混ぜて再度きっちり空気を抜いて密閉します。
~初夏の仕込みもの~旬のそら豆で『自家製豆板醤』を作ってみようの材料をすべて混ぜたところ

~初夏の仕込みもの~旬のそら豆で『自家製豆板醤』を作ってみよう混ぜたものを熟成させる
 

暑い夏を迎えた頃、キンキンに冷えたビールと麻婆豆腐を頬張る幸せを想像しながら仕込んでみてください。
豆板醤は炒め物全般に使えるので、夏には茄子やピーマンなどの野菜と合わせて、秋にはキノコと合わせて、旬野菜との組み合わせを愉しんでみもいいですね。

『そら豆で自家製豆板醤』を美味しく作るポイント

※仕込みの行程で手や道具に付着している雑菌でかびてしまうことがあるので衛生には気を付けてください。

※使用期間目安:2~5ヶ月

レシピ/わたなべ さやか

Processed with VSCO with f2 preset
大学卒業後、BEAMSに10年勤務。店舗開発担当として日本各地に出向き、服やモノを通してカルチャー発信するライフスタイルショップの店づくりに携わる。その後和食に興味を持ち、ミシュラン星獲得の日本料理一二三庵が主宰する料理教室のアシスタントに転身。2014年には日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店「煮炊きや おわん」を仲間と立ち上げ、初代女将を務めた。現在は食や日本酒のイベントを開催するほか、ライフスタイルにまつわる執筆活動を行っている。

その他のおすすめ記事

お豆腐を使って低カロリーなひんやりスイーツ『黒胡麻のアイスクリーム』

お豆腐を使って低カロリーなひんやりスイーツ『黒胡麻のアイスクリーム』

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

Pocket

コメント

  1. Kailee より:

    This arclite is a home run, pure and simple!

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』