知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.03.06

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

Pocket

日本には四季折々の年中行事があります。
とりわけ興味をそそるのは行事にまつわる食べ物の話し
昔むかしの日本人の心に思いを馳せながら、季節行事と美味しいものを探ってみましょう。
さてさて食いしん坊のみなさん、6月は何を食べて夏の訪れを感じましょうか。

6月の行事食『水無月ってなぁに?』

つい先日に通りかかった都内の和菓子屋さんの店頭に「水無月」の文字。
これは暦のお知らせではなく、「水無月」という日本の伝統菓子がありますよという意味です。
「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』和菓子屋の外観
「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』和菓子屋
東京をはじめほとんどの地域ではあまり知名度の高いお菓子ではありませんが、京都ではこの時期になると街のあちこちで見られる行事菓子です。
グルメな京都人は毎年6月末に「どこの和菓子屋の水無月を食べよう?」と真剣に吟味するのだそう。

どうして水無月を食べるの?-『水無月ってなぁに?』

削りたての氷に見立てたういろうの生地。その上には邪気を払う小豆が散りばめられています。
「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』み水無月のアップ
王朝時代、旧暦の6月1日は宮中で「氷室の節句」または「氷の朔日」といわれる歳事が行われていました。
夏を健康に過ごせるようにと山間の氷室から氷を取り寄せて氷を食すという行事です。
当時、氷は大変貴重で高価なもので、庶民にとっては簡単に手に入るものではありませんでした。
氷への憧れが菓子で表現され、現在にも伝えられている三角形の目にも涼しげな水無月の形となりました。
今は1年のちょうど真ん中にあたる6月30日「夏越しの祓(なごしのはらえ)」の日に半年分の厄を落とし、残り半年の健康を祈願して水無月を食べる習わしが京都に残っています。

水無月を食べて、季節の移ろいを感じましょう-『水無月ってなぁに?』

6月下旬、みなさんがお住まいの地域の和菓子屋さんやデパートなどでも水無月に出会えるかもしれません。巡り合えたらラッキーですね。
お菓子作りが得意な方は手作りされてみるのも素敵です。

夏本番を迎える前に食べておきたい行事食。
ひんやりした氷に憧れた昔の日本人の心の味。
さあ、残り半年もみんなが健康に過ごせますようにと祈りを込めて水無月を味わってみませんか。

コラム / わたなべ さやか
Processed with VSCO with f2 preset
大学卒業後、BEAMSに10年勤務。店舗開発担当として日本各地に出向き、服やモノを通してカルチャー発信するライフスタイルショップの店づくりに携わる。その後ミシュラン星獲得の日本料理一二三庵が主宰する料理教室アシスタントに転身し和食の世界の扉を開く。2014年に日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店煮炊きや おわん」を仲間と立ち上げ、初代女将を務めた現在は食や日本酒のイベントを開催するほか、ライフスタイルにまつわる執筆活動を行っている。

その他のおすすめ記事

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

お豆腐を使って低カロリーなひんやりスイーツ『黒胡麻のアイスクリーム』

お豆腐を使って低カロリーなひんやりスイーツ『黒胡麻のアイスクリーム』

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

2017.06.02

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

編集部おすすめ記事

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

2017.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』