知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.06.23

心と心のコミュニケーション『知的・発達障害児と育む未来のコト』

Pocket

みなさんは日常の中で、障害のある方々と接する機会はありますか?

障害者が社会の中で生きていくことを考えたときに、どうすれば障害のある方々がより暮らしやすくなるのでしょうか?

健常者と障害者。偏見や隔たりなく、お互いが学び、認め合い育てあえる社会が広がったら、きっと今以上にやさしい未来になるはず。
support02

「療育」と「両育」

「療育」とは、知的・発達障害児が、医療的な配慮のもと学ぶことにより成長し、社会的に自立することを目指して行われる後押しや支援を表す言葉です。

造語である「両育」という言葉は、子供だけが成長するのではなく、関わる人も、真剣に子供と向き合い、試行錯誤することで結果として学び、成長できるという概念を表す言葉です。

心と心のコミュニケーション

現代は「心の時代」といわれ、核家族化や近所つきあいの希薄化が進む中で、コミュニケーションに悩む人が増えています。

知的・発達障害者と、接している施設の支援員や保護者とのコミュニケーションを街中で見たことはあるでしょうか。彼らはコミュニケーションをとるために目をきちんと見て会話することを心がけています。そして彼ら双方に、のびのびとした笑顔があふれていることが印象的ではありませんか?

知的・発達障害者の中には自分の思いを表現することがうまくできなかったり、疑心感が強かったりするため、信頼関係を築くことがとても大切になってきます。

信頼関係を構築するプロセスは、コミュニケーションという本質を感じ、他者との関係を築くチカラをつけるきっかけとなるのです。
aafb14d37ddd4dbe00af52a151c28477_m

知的・発達障害児との関わりは、大人にも成長の機会を与えてくれる

知的・発達障害児と関わる人がともに学び合う“両育”のある社会を目指し、「放課後の福祉施設とそこへ通う子供たちの支援」と「福祉現場の魅力を通して福祉現場と社会を繋ぐ」をテーマに活動しているNPO法人両育わーるど
知的・発達障害児には、成長の可能性が多いにあることに気づかされるものの、その育成現場は、人材採用・育成や運営状況が非常に厳しい状況にありました。しかし、彼らとの関わりは、関わる側にも学びや成長の機会を与えてくれる。“子ども達とその関わり手”と“社会”とを繋げたいという思いから、活動をしています。

障害があっても、障害がなくても、
誰もが自分らしく

とある知的・発達障害児を持つ母親のおはなしです。

「障害児の親っていうと悲惨な人生を思い浮かべる人もいます。でもわたしはわたしで、自分の楽しみも捨てたくない。障害者を産んじゃったから、わたしこんなになっちゃった、っていう卑屈な考えは持ちたくはない。だから好きなことをやってます。我が人生悔いなしです。」

みなさんはどう感じますか?

「ああ、こういう子もいるんだな」

それは偏見でなく、違い。
十人十色だからみんな異なるのは当たり前。小さい頃から、障害のある子とない子が一緒になって育つことで、その人はそういう人なんだ、という認識が生まれます。そういう子たちと一緒になることで、互いに気づき、学び成長していけることが一番自然で楽なのではないか、と話していました。
support-main
人々がお互いを認め、ともに学び、育ち合える社会の実現。
それはきっと、やさしくて温かい未来に違いありません。

 

簡単に支援してみる(無料)

ryoiku_logo

文/gooddo
12421280_1069478369779222_1601848380_n
gooddoは、“社会貢献活動を日常にする”というコンセプトのもと、いつもの日常が無理なく社会貢献できる仕組みを作り、社会貢献を身近にしアクション出来るソーシャルグッドプラットフォームです。

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

編集部おすすめ記事

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』