知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.03.14

だから違って当たり前『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

Pocket

女間のミスマッチは度々耳にする私たちの永遠のテーマでもあります。
よく耳にする男女の価値観の違いでいうと、
『どっちの方が似合うと思う?』という女性からの質問に対する受け答え。
『どっちでもいいと思うよ。』という男性が圧倒的に多い気もしますが、女性側からすればこの答えでは納得出来ないわけです。
男脳がもつ考え方と、女脳がもつ考え方は異なります。何が違うのか、どうすると良いのか、仕組みを知ってよりよいコミュニケーションを育むために考えてみましょう。

男性は左脳優位、女性は右脳優位-『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

『ちゃんとあなたの意見を言ってよ。』
『じゃあ・・・こっちかな。』
『じゃあって何?何でこっちがいいと思うの?』
『(心の声:あ~もう、メンドクセェ。)』

大抵、女性からのこういった相談の場合、だいたい答えは決まっているのです。
実は男性側からの後押しが欲しいだけ。
(稀に本気で意見を求めている場合も有りますが・・・)
でもこのようなやりとりだと喧嘩に発展してしまいそうですよね。
男女の脳の作り、価値観の違いを理解した上で質問する側にも答える側にも異性への配慮が必要です。

男性はどちらかというと左脳優位
女性はどちらかというと右脳優位と言われています。
左脳は比較的一つにこだわる脳であり、右脳はイメージや感情を大事にする脳なのです。

話し方でいうと、男性の場合文章が完結していなくてはいけないですし、複数の話が入り混じりだすと要点が理解できません。
男性はとにかく結果や目標達成、競争心などを意識するのです。
逆に女性は、人間関係を作るために言葉を使います。女性はイメージ先行タイプの方が多く、同時に沢山の会話を行います。
結果はどうであれ、コミュニケーションや共有、調和などを意識するのです。
だから違って当たり前『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』男女が手をつないでいるところ

脳は太古から進化し続けていた?!-『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

大昔から、男性は命をかけて外の世界に狩りに出かけ、又戦場に繰り出して無事に家に帰れた者だけが強い遺伝子を残してくることが出来ました。
女性は男性不在の中周囲の危険を察知し、近場のコミュニティの中で家族を守っていたことからこういった脳の進化を遂げてきたのです。

ですから、どちらの意見が正しいとか間違っているかではなく、どちらの意見も正しく、どちらの意見も汲む必要が有り、お互いの違いを認めた上でコミュニケーションを取る事が出来れば男女間でのコミュニケーションがスムーズにいくのです。

脳を理解することはビジネスでも役立つ-『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

男女間の問題は、恋愛関係以外でも上司と部下の関係や同僚との関係、取引先との関係などビジネス面でも直面する場面が多々あります。
業務報告をする際、男性は端的に結果を求める傾向にあり、一方女性はなぜそうなったのかプロセスから話したがる傾向にあります。

この場合女性側の配慮としては、先に結果を端的に伝えた後に、なぜそうなったかのプロセスを後付けで話すように工夫を。
男性側も、結果だけよこせ。ではコミュニケーション能力が育ちません。男性側からすると無駄話のように思える報告にしても、その中にすごいヒントが隠されている場合もあるからです。しっかりと女性の話を引き出してあげられるような男性は、コミュニケーション能力が高いと言えるでしょう。

近年様々なフィールドにおけるイノベーションに代表されるように、一つの事にとことんこだわる男性脳は、目標達成する際に大きな役割を果たします。又、物事を論理的に捉えようとすることも、コンピューター全盛期の今の時代には合っているのかもしれません。
しかし、ビジネスを展開する際においても、細やかな人間関係や気配りが非常に大切になってきます。
現代のネット社会においては、SNSで情報をシェアするといった女性的な感性も大切になってきています。
人工知能がさらに発達していくこれからの時代こそ、より人間的な直観力や共感能力が必要になって来るのではないでしょうか。

自分の中に男脳と女脳を兼ね備えるのは中々難しいかもしれませんが、お互いがお互いの意見に耳を傾け合い、相手を受け入れるということを大切にしていくことで、さらなるハイパフォーマンスを発揮することが可能となっていきます。
だから違って当たり前『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』男の子と女の子が座っている
『感性が違うから。価値観が違うから』という理由だけでコミュニケーションを諦めようとするのではなく、
『なるほど、そういう考え方もあるのか。』と相手を受け入れるということで物事を考えていくと、お互いの感性が磨かれていくのです。

男女間の違いを分かち合い、お互いがお互いを高め合うことで、
私たちの日々の生活は今までよりもさらに向上していき、より良い世の中になっていくことでしょう。

 

記事/トータルビューティープランナー 岸本佳奈
名称未設定1
1級パーソナルカラリスト/JAPCA認定講師/色彩診断士/TCカラーセラピスト/インナービューティーダイエットアドバイザー
Poisson rouge HP
Kana’s Instagram
Kana’s Facebook

その他のおすすめ記事

いい運気を暮らしの中に『女子力底上げ術』

いい運気を暮らしの中に『女子力底上げ術』

色を味方につけよう!カラーで『自分をプロデュース』する方法

色を味方につけよう!カラーで『自分をプロデュース』する方法

無意識のうちに受けとっている色のメッセージ『色が人に与える影響力』

無意識のうちに受けとっている色のメッセージ『色が人に与える影響力』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

2017.06.02

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

編集部おすすめ記事

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

2017.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』