知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

Pocket

贈る人も、贈られる人も幸せな気持ちになるお花だから・・・自分にだってプレゼント。
毎日の暮らしの中でホッとひと息つきたい瞬間、きっと手助けをしてくれますよ。

そんな“おうちに連れて帰りたい”オススメのお花たちをご紹介。
月ごとの「旬花」をお楽しみください。

今月のお花は『リシアンサス』―『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

梅雨から初夏にかけて旬を迎える花、『リシアンサス』。
花の開いた姿がトルコ人のターバンに似ていることから、その名前が付けられたという一説があるそう。品格と華やかさがあり、ブライダルシーンなどには欠かせない存在となっています。
リシアンサス② - コピー

品種改良では、なんと日本が世界をリード!日本を代表する花のひとつでもあるんです。
日々、美しい品種を生み出し続けている生産者さんのことを想像しながら眺めてみると、またいつもと違った感覚で楽しめるかも。

暑い季節でも花もちが良く、ボリュームがありとっても華やか。
1本800円前後するので、“ちょっと高いかな”と感じてしまうかもしれませんが、1本に数輪の花が付くので実はお得なお花なんです。
unspecified

パーツで切り分けて飾ることが出来るので、1輪ごとにアレンジメントを変えていろいろな表情を楽しめるのが嬉しいですね。

花言葉は「希望」「清々しい美しさ」―『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

『リシアンサス』のほとんどが、野生種を元に日本で育種・開発されたもの。日本が世界をリードしている貴重な品目として、「希望」という花言葉がつけられました。
また、「清々しい美しさ」という花言葉のとおり、花びらに透明感と軽やかさがあり、涼しげな表情が夏の清涼感にぴったりなお花です。
リシアンサス③ - コピー

ほかのお花ではなかなか見られないような、さまざまな花色も魅力のひとつ。
リシアンサス

北アメリカの野生種が日本に持ち込まれた1930年代当初は一重咲きの紫色のみでしたが、日本の育種技術により多くの新品種が生み出され、今もなお色彩豊かに進化中です。

彩りだけでなく、花びらの形もいろいろ。
リシアンサス2

シンプルな花形と涼しげな風情で可憐な魅力がある一重咲きや、フリルのような花びらが幾重にも重なった存在感たっぷりの八重咲き。品があり凛とした美しさを放つ極小輪など・・・同じお花でも品種の違いでまるで異なる趣きを感じることができます。

そんな魅力たっぷりの『リシアンサス』を素敵にアレンジするレシピをご紹介します!

リビングに洗面台に お部屋中で『リシアンサス』を楽しむレシピ―『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

【品種違いを合わせてドラマティックに】

ボリュームのあるフリンジ系は2 本を合わせるだけでまるでブーケのような華やかさに。
リシアンサス④ - コピー

「NF」シリーズは、ナカソネ・フリンジの略。世界的な育種家である中曽根健さん系の品種で、質感も華やかさもお墨付きです。
玄関やリビングなど、人が集まる場所におすすめです。

【蕾だって立派なアクセント さりげなさが光る小輪タイプ】

小輪のリシアンサスは、小さなグラスをいくつも並べてちょっとしたスペースの彩りに。
リシアンサス⑤ - コピー

純白の花はもちろん、緑がかった蕾もアクセントになりますよ。合わせるグリーンは、シンプルにミントをセレクト。
キッチンや洗面台など、ふと目につく場所に置けばほっこり心が和みます。

初夏のお花『リシアンサス』はいかがでしたか?
“お花を飾りたいけど花瓶がなくて・・・”なんて悩まなくても大丈夫!
ジュースやジャムの空き瓶、茶碗やお猪口、ココットなど、実は家の中にあるものが意外と素敵な花器になってくれたりするのです。

ぜひ、あなたのセンスで素敵にアレンジしてあげて下さいね。

文/parkERs
“日常に公園の心地よさを”
花屋で培った感性と専門性で公園のようなやすらぎと心地よさをデザイン。
parkERsロゴアウトライン

その他のおすすめ記事

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~フワフワの花びらとまぁるいフォルムが可愛い“ラナンキュラス”~

『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~フワフワの花びらとまぁるいフォルムが可愛い“ラナンキュラス”~

『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~美しい人の代名詞“芍薬(シャクヤク)”~

『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~美しい人の代名詞“芍薬(シャクヤク)”~

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』