得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2016.10.20

内臓脂肪を分解&免疫力アップ! 『ラクトフェリンの体にうれしい効果』

Pocket

赤ちゃんが好きな母乳には栄養がたくさん詰まっています。
ラクトフェリンとは母乳に含まれるタンパク質のことで、ヒトの初乳には100ml中600mgほど含有されています。実は涙、唾液、粘膜液や血液中にも存在し、免疫力の向上、炎症抑制やがん予防など、その働きは健康維持に不可欠なんですよ。そんなラクトフェリンの体にいいこと、解説していきます。
811cc8f7e96786a1734df1c202a3d71a_m

母乳に含まれるラクトフェリンとは?

とりわけ、ラクトフェリンの効果は、ビフィズス菌を増殖させて腸内をよい環境へと導くことで有名です。チーズや牛乳などの乳製品から摂ることもできますが、熱や胃酸に弱いため、食べ物からの摂取は少々困難であるともいえます。
1日の摂取量の目安は150~300mgといわれ、300mg摂取するには非加熱の牛乳を1リットル飲まなければならない計算になります。とはいえ、市販の牛乳は加熱殺菌されているので、サプリメントで摂るのが賢明なのかもしれませんね。

ラクトフェリンが内臓脂肪を減らす! ポイントは腸まで届かせること

ライオン(株)が、ラクトフェリンの有用性についての研究結果を発表しました。
ラクトフェリンのサプリメントを8週間摂取し続けたところ、内臓脂肪の面積が12.8平方センチメートル減少したという結果が報告されたのです。
腹部のぜい肉が気になる年齢層には、耳寄りなデータでもありますね。内臓脂肪とは、腸の周りにある脂肪細胞のことで、食べ過ぎ、飲み過ぎなど、無駄な栄養が脂肪になって蓄積されたもの。つきやすくもあるが、落としやすくもあるので、あきらめずに早めの改善が功を奏すのだとか。
ラクトフェリンは、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きを高め、脂肪が貯まることも防いでくれる優れもの。結果、内臓脂肪を落としやすく、つきにくくしてくれるのですね。

重要なポイントは、腸にきちんとラクトフェリンが届いているかということ。食べ物から摂取すると胃酸で分解されてしまうので、腸まで届くようにコーティングがされているサプリメントや食品を選ぶ必要があります。

ラクトフェリンが腸内環境を改善し、抗酸化力までアップさせる!

ラクトフェリンは、便秘、貧血、リウマチ、歯周病、花粉症、アレルギー、ドライアイ、インフルエンザ、ピロリ菌感染予防など、実に多くの身近な症状に有効性があります。
老化防止、美肌、うつ病の改善にも役立っており、腸内環境を整え、免疫力を上げる作用がこれらの効果につながっているのです。

またラクトフェリンには、抗酸化力に優れ、紫外線や電磁波、ストレス、加齢などによって生まれる活性酸素から身体を守ってくれる力もあります。摂取に際しては、副作用はほとんどないが、摂りすぎると腸の活動が活発になりおなかが緩くなることがあるのです。
乳アレルギーがある人、妊娠中や授乳中は医師に相談してから摂取するようにしましょうね。

腸内環境が整うと、新陳代謝が活発化して血流がよくなり、免疫力の向上や十分な栄養吸収によってさまざまな病気の症状が改善されることが、なにより嬉しいですよね。
ラクトフェリンは、現代人が健康を維持するうえで、意識したいもののひとつであるといえるでしょう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』