得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2016.11.24

愛は健康の元『アイシテルの一言で 身体も心も温かに』

Pocket

「I love you.」
海外の方たちはその言葉を日常的に使っています。家族や恋人、大切な人に対して自然と口にしていますね。
わたしたち日本人はどうでしょう。小っ恥ずかしくて照れくさくて、なかなか口にできないのが本音ではないでしょうか。

「愛してる」なんて恥ずかしくて言えないわたしたち

「愛している」という言葉を、家族や恋人、大切な人に対して、日常的に伝えているという人はいらっしゃいますか?日本人は、世界的に見てもあまり愛情表現をしない傾向にあるといわれています。家電メーカーのパナソニックが300人を対象に行なった調査によると、家族に普段「愛している」と言葉にして伝えていない人は、全体の84.7%にものぼりました。理由は、「そのような習慣がないから」「恥ずかしいから」「言葉にしなくても伝わっていると思うから」など。そこで同社が、夫婦、母と娘など6組の家族を対象に「愛」に関する実験を行ったところ、興味深い結果となったのです。
なんと、愛の言葉で身体が温められ、体温が上がるというのですから。
74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_m

愛の言葉で体温が上がることが明らかに

愛のこもった言葉を伝えられたとき、人の体温はどのように変化するのか。実験は、家族2人のうち1人が仕掛人となり、もう1人の被験者に対して、愛の言葉や感謝の気持ちを綴った手紙を読みます。そのときの身体の表面温度を、高性能のサーモパイル赤外線センサーで測定するというもの。衣服を身につけていない身体のなかで、感情の影響が出やすい鼻頭あたりの体温を測った結果、手紙を読んでもらった6人の体温は平均で0.8度上がり、なかには1.2度上がった人もいたのだそうですよ。

手紙の内容は、次のとおり。
妻から夫へ「幸せな毎日をありがとう」
娘から母へ「ママのところに生まれてきて幸せ」
夫から妻へ「ずっと一緒にいてください」
夫から妻へ「10年目のプロポーズを」
娘から母へ「ママ、世界で一番愛してるよ」
妻から夫へ「29年分のありがとう」

被験者は最初驚いていたが、笑顔になり、最後には涙を流す場面も見られるなど、体温だけではなく実験そのものがあたたかい体験となりました。

愛は健康のもと

この実験結果に対し、心と体温の関係について研究している広島国際大学の高尾文子教授は、「愛の言葉で副交感神経が活性化し、体温が上昇している。人が愛情を感じ脳も身体もリラックスすることで、より健康になっていくことを例示する、興味深い取り組みだ」と述べています。
副交感神経が活性化すると、血液が体内を循環して老廃物を回収、さらには新陳代謝を促して、身体のダメージを回復させてくれます。体温は免疫力ともかかわりが大きく、体温が1度下がると免疫力は30%低下するといわれています。また、体温が1度上がると基礎代謝量は13%増えるといいますから、身体は冷やさないようにし、体温を上げることは大切なのです。
20471a06d08c3c721ea4c5b3e113c153_m
愛の言葉は「愛している」だけではありません。
「ありがとう」、「ごめんなさい」
これらの言葉にも、愛があり、そして伝わり温かい気持ちになれます。
本当は、家族に愛情を伝えたいと思っている人は多いはず。
ほんの一言だけ、伝えてみませんか?

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』