得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2016.11.10

今日は完全に食べ過ぎたかも『そんな次の日にやりたいこと』

Pocket

いつもはちゃんとセーブしているのに、ついうっかり食べ過ぎてしまった…
そんな事ありませんか?
ストレスが溜まってつい食べ過ぎた、友達が美味しそうに食べていたからつい自分も…。なんて、ことあるかと思います。
その時は食べても、食べ過ぎてしまった次の日は後悔してしまいますよね。

食べ過ぎてしまった時はしょうがない…
でも、そんな食べ過ぎた次の日でもこれだけはやっておきたいポイントに気を付けて、食べ過ぎてしまっても後悔しないライフスタイルにしましょう。

「食べ過ぎた次の日は食べない」はNG!?

「食べ過ぎた次の日は食べない」はNG!?|「今日は完全に食べ過ぎた…。そんな次の日にやりたいこと」の1枚目の画像
前日にたくさん食べ過ぎてしまったけど次の日は朝や昼を抜けば大丈夫だろうと思っていませんか?
実は次の日の食事を減らしたからといって意味が無いのです。

むしろ食べないことが逆効果になってしまう可能性があります。
基本的に物を食べてからそれが脂肪に変わるまでには48時間、およそ2日間もの時間が掛かります。

鍵をにぎるのは肝臓

脂肪に変わるまでの2日間、脂質や糖質はどこにいるのか?
それは肝臓です。

食事を抜いたところで肝臓にいる脂質や糖質はどうすることもできず、そのまま2日後に脂肪として体についてしまうのです。
また、食事を抜いてしまうことで代謝が悪くなったり、空腹時間が長引いてしまったりすることによって血液中の血糖値が上がりやすくなります。
血糖値は低下することで脂肪を燃焼しやすくするので食事を抜くことは止めておきましょう。

食べ過ぎた次の日にオススメの食材は?

食べ過ぎた次の日は食欲があまり無いという方もいらっしゃいますが、ここで食事を抜いてしまうと上記のように、逆に代謝を低下させることにつながってしまいます。
そのため、朝食は抜くのではなく野菜中心にしてカロリーを抑えた食事にすることが大切です。
02ded6b5b5fdfdd530169b9051863eca

食物繊維、カリウム、EPAを重視した食材を

食べ過ぎた次の日にオススメの食材は?|「今日は完全に食べ過ぎた…。そんな次の日にやりたいこと」の4枚目の画像
野菜にはカリウムや食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維が多く含まれていることで咀嚼数が増え、満腹感も十分得られ、さらに排便のサポートもしてくれます。

カリウムは体内の水分を調整し不要な分は排出を促すため、むくみにも効果的です。

野菜以外にも代謝をアップさせる食材を一緒にとると良いでしょう。
例えばマグロやカツオ、アジ、サバといった青魚は脂肪燃焼を助けるEPAを豊富に含んでいるためオススメです。

焼き魚なら油を使わずヘルシーなので、カロリーを抑えながら代謝アップにつなげることができますよ!

代謝促進にストレッチやヨガを

脂肪がつかないようにするには代謝をアップさせることはとても重要。
代謝を促進させるためにはストレッチやヨガなどがオススメです。
ストレッチやヨガなどは呼吸法と合わせることにより、体の代謝をアップさせることができます。
食べ過ぎのせいかお腹が痛くてあまり動けない、運動があまり得意ではないという方は、ストレッチやヨガといった軽い運動だけでも十分代謝アップにつなげることができるので、ぜひ試してみましょう。
51396ec79d2435ab7d2f1f483dcfce08
今回ご紹介したように食事を抜いてしまうと代謝低下につながり余計に脂肪が蓄積されてしまう場合があります。
食べた分を脂肪に変えないためにも、野菜や青魚を使った食事、代謝促進のためのストレッチやヨガといった軽い運動を行なうようにしましょう。
そして何よりも、食べ過ぎないように気を付けていきたいですね。

記事/Me times
13020475_908061889304828_2064966987_n
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』