知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.11.16

秋をめいっぱい楽しもう!『紅葉する木としない木のヒミツを探る』

Pocket

木々がだんだんと色づき、紅葉が美しい季節がやってきました。
まだ少し緑が残った葉、すっかり色づいた葉、赤、黄色……この時期だけしか見られない景色をめいっぱい楽しむために、近くの公園まで紅葉狩りに出かけてみると、いろんな発見がありましたよ。

紅葉ってどうして起こるんだろう?

「紅葉」と書いて、「こうよう」そして「もみじ」と読みますよね。秋、木の葉が赤や黄色に色づくことをいいます。赤く染まった木々を眺めながら、息子がふとつぶやきました。
「秋はこうやって葉っぱの色が変わるんだよね。でも、どうしてあっちの木は緑のままなの? これから変わるの?」

そういえば、山の中に1本だけ赤く染まった木がある光景を見たことがあります。同じ場所に生えているのに、紅葉する木としない木がある。これってなぜでしょう?
木の種類が違うから。
はい、確かにそうなのですが、子どもの問いにしっかりと答えるには、もう少し詳しい解説が必要です。

「紅葉」と「黄葉」?

そこでタブレットを使い、学研ゼミの学研デジタル百科事典+(プラス)で「紅葉」と検索してみました。まずは驚きだったのは、「こうよう」には二種類の漢字があり、赤く色づくことを「紅葉」、黄色に色づくことを「黄葉」と表すということ! 一般的には「紅葉」と書くことが多いですが、「黄葉」という言い方もあったとは、恥ずかしながら今回初めて知りました。

photo2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

そして肝心の「こうよう」の説明を見ると、「落葉広葉樹の葉が、気温の低下にともない、落葉に先立って赤や黄色に変化すること」だそうです。対して「常緑樹」は、一年中緑の葉っぱをつけている木。たとえ同じ場所に生えていても、落葉樹か常緑樹かで、紅葉するかしないかの違いが出てくるというわけです。

さらに検索を続けると、赤と黄色の謎も解決しました。
photo3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

朝晩の気温の差が大きくなると、水や養分が行き渡らなくなった葉の中で、葉緑素が壊れはじめます。また、葉の中に残っていたデンプンが壊れてブドウ糖になり、さらにアントシアンという赤い色素に変わっていきます。これが、葉っぱが赤く色づく秘密です。
一方、葉の中にはカロチノイドという黄色の色素も含まれています。葉緑素が壊れただけで赤い色素ができなかった葉は、残った黄色の色素が目立ってくるため、黄色になるのだそう。イチョウがその代表例ですね。

毎年目にしている紅葉のヒミツを改めて知ることができ、今年の紅葉は今まで以上に美しく感じました。

最初から赤い葉っぱが生えてきた。この木なんの木?

楽しく紅葉狩りをして家に帰ると、また新たな疑問が。先月引っ越してきたばかりの我が家の庭にある木、モミジだとばかり思っていたけれど、よく観察していたらはじめから赤い葉っぱが生えてきているではありませんか! 先ほど調べた「紅葉」の定義には当てはまりません。この木、なんの木?
photo4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大家さんに聞いたところ、どうやら「出猩々(でしょうじょう)」という種類の木のようです。カエデの代表品種・イロハモミジの一種だそう。新芽が美しい赤色をしている、ユニークな品種です。

紅葉から派生して、庭の木の種類まで行き着くことができました。大人になっても、「知る」ことは楽しい! 子どもの疑問に付き合ってみると、こちらまでワクワクドキドキな気持ちを味わうことができました。これからも、子どもと一緒にたくさんの「なぜ?」を一緒に解決していこうと思います。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』