知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.11.23

子は親の背中を見て育つ『子どもを活字嫌いにさせないためにできること』

Pocket

読書の秋です。秋の夜長は、なんとなく活字が恋しくなったりしませんか? 子どもにも、できることなら進んで読書をしてほしいところですよね。でも、「うちの子、なかなか本を読まないんです」という悩みを持つママも少なくないのでは。そこで、子どもが活字に親しむための方法を考えてみました。

絵本はすぐに手が届く場所に

子どもが本好きになるか否かには、育った環境が大きく左右するのではないでしょうか。幼い頃から絵本の読み聞かせをしてもらった子どもの多くは、自然と自分から本を手に取るようになるものです。毎日、ほんの少しの時間でいいので、子どもと一緒に絵本を眺める時間を作りませんか? 毎日が無理なら、週末だけでも。読み聞かせは苦手だから…と遠慮しているパパにも、ぜひ一緒に参加してほしいところです。

そして、もうひとつ大切なのが、本の置き場所。お家に本棚はありますか? どんなふうに本を並べていますか?

photo2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

まずは、子どもがすぐに手が届く低い場所に、本棚を設けてみましょう。気が向いたとき、すぐに手に取れる環境を作っておくことが重要です。そして、並べる順番も子どもと相談しながら。ついつい大人は、シリーズごと、あいうえお順に、番号順に!と整理整頓してしまいがちですが、子どもの興味は順番通りには湧きません。
中には、自分のお気に入り順に並べたい、なんていう子もいるかもしれませんね。本棚は、個性があらわれる場所でもあります。一度自由に子どもに本を並べさせてみると、思いもよらなかった順番に驚くかも!

休日のお出かけ先は「図書館」に

お休みの日、家族でお買い物や公園にお出かけするように、たまには図書館にも足を運んでみませんか。普段からよく通っている人にとっては当たり前の光景ですが、何千冊、何万冊もの本が並んでいる様子は、やはり圧巻です。
図書館についたら、子どもたちを自由に歩き回らせて。どの棚で立ち止まるか、どんな本を手に取るのか。こんなジャンルにも興味があるのか!なんて発見があるかもしれませんね。また、雑誌や漫画も揃っています。図書館が「なんだかワクワクして楽しい場所」と思ってくれたら、万々歳だと思いませんか?3407e7a76135d0198d37b2aed057095c_m

図書館に行かなくても、本を借りたり返したりできるサービスも登場しています。学研図書ライブラーなら、週末は子どもの習い事があってなかなか図書館へ行けなかったりする場合でも大丈夫。タブレットやパソコン上で実勢の図書館のように「借りる」「読む」「返す」が行えるから図書館感を味わうこともできますね。

無理強いは禁物。まずは親の姿から

小さい頃は絵本が好きだったのに、小学校に入ってからは活字が苦手になってしまった……という子どももいるでしょう。一度苦手意識を持ってしまった子に、無理やり読書をさせようと思っても難しいもの。そんなときは、ちょっと自分自身の姿を振り返ってみてください。あなたは最近、本を読んでいますか?

子どもは親の姿をよく見ています。両親が読書をしている様子を普段から見ていると、”本を読むこと”が特別なことではなく、ごく当たり前の光景になるのです。

新聞も同様です。子どもに新聞を読ませたければ、まずは親自身が新聞を毎日しっかり読むことです。
ドキッ!とした人もいるかもしれませんね。私自身も、忙しいことを言い訳になかなか新聞を読めていないので、改めなければいけません。
毎朝、大人は新聞を読むのが当たり前、と子どもの頃からインプットされていれば、いずれは自分も読んでみたいと思うようになるのではないでしょうか。
「お母さん、新聞っておもしろいの?」と聞いてきたらしめたもの! 一緒に新聞をめくりながら、最近のニュースについて話し合いましょう。とはいえ、新聞の内容そのものは子どもには難しいですし、子ども向けの新聞を新たにとるのも、少しハードルが高そう。

そんなときは、学研ゼミの学研ジュニア新聞がおすすめです。時事問題がわかりやすく簡潔に解説されているので、大人でも「そうだったのか!」と理解が深まります。1週間分の記事がまとめて新聞形式にまとめてダウンロードできるので、プリントアウトしてスクラップしていくことも可能です。

今は本に興味がない子どもでも、ある日突然読書に目覚めるかもしれません。その時が訪れるまで、まずは本や新聞が身近にある環境作りから始めてみませんか?

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』