作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

裁縫 2016.11.18

モノは長く大切に。捨てないで『子ども服のリメイクアイディア』

Pocket

「え?もう着られないの?!」ほんの1年での娘の身体の成長は著しく、昨年「ちょっと大きめを買ったから、来年も着られるはず!」と信じてしまっておいた子ども服が、ほぼすべてサイズアウト!成長するのはもちろん嬉しいことなのですが、気に入って買った服であればある程「つんつるてん」ショックは大きいですね。さてどうしようかな?

「お下がりとしてお友達に」「リサイクルショップ」「オークションやフリマ」など、他のご家庭に旅立つのもモチロンですが、思い出の一部として手元に残しておきたいことも多いのではないでしょうか?全く違うアイテムにモデルチェンジして、子どもも一緒に簡単リメイクにチャレンジしてみませんか?針と糸が使えない子どもでも、手芸店で購入できる布用接着剤があれば、工作感覚で楽しく作成できますよ。
023b238d295bf77d92d35801e049b82d_m

簡単リメイクその1

<パッチワークにして、カバーリングやファブリックとして再利用>

要らない服を同じ形の四角形に切り揃えて、芯を間に挟んで一緒に縫い込んだらパッチワークキルトが出来上がり!異なる柄との境目にはステッチで飾ってできる大作は、ベッドカバー、クッションカバーなどなど様々な用途に使えます。同じ形の四角形に切り揃えて、縫い合わせたり、張り付けたりするだけでできる新しい柄の1枚は、とても古布から作られたとは思えない仕上がりになるはずですよ。

<細長くカットして靴紐に>

シャツブラウスなどの伸びの少ない固めの生地は、細長く切ってからアイロンで2つ折りにして、開いた方を縫い閉じれば靴紐にもなります。シンプルなスニーカーの靴紐が、こないだまで着ていたお気に入りのチェックのシャツだなんてビックリですよね。

<セーターを手形に切って縫い合わせればミトン手袋に>

セーターの裾のリブ編みの部分が手首にくるようにして、お子さんの手よりも少し大きめに4枚切り取って、二枚ずつ中表に縫い合わせてくるりんぱっ!ひっくり返せば手袋の完成です。
f3ae77b1f59bf284d45e5a3a1756cb81_m

簡単リメイクその2

<ロゴや柄、モチーフ部分をカットして、アップリケ代わりに>

子ども服ならではの愛らしいパーツを切り取って残しておいて、穴が開いたり、シミが取れなくなった部分にペッタンコ。ハート型や星型に切ったボール紙をくるむだけでもちょっとしたアクセントとしてお部屋をデコレーションできますし、穴をあけてクリスマスツリーのオーナメントにすると毎年飾れる楽しみも増えますね。
576ec76a54b9e012ae097491c058a1c0_m

<デニムのポケット部分を継ぎ合わせればウォールポケット>

丈夫なデニムは伸びも少ないので、多少モノを詰め込んで重たくなっても、ちぎれたりしません。アップリケやビーズで思いっきりデコレーションして、可愛い壁掛けに使いましょう。

<細長く切ったTシャツをヘアバンドやブレスレットに>

伸縮性のあるTシャツは細長くカットしてから、少し穴の大き目のビーズに通してアクセントにすれば、オリジナルのヘアバンドやブレスレットなどのアクセサリーに早変わり。

いかがでしたか?
我が家では、ママが何やらお裁縫を始めると必ず寄ってくる娘。
「これは何?」「あれは何?」と興味津々。
一緒に裁縫を楽しんでみたいものの、まだちょっと早いかな、少し危ないかな、そんな時には手を休めて、学研デジタル百科事典+に収録されている「英語絵カード辞典」で見せることにしています。ジャンルから「家・服・身につけるもの」を選んで、今目の前でママが作業しているモノを英語で練習!すっかり和製英語化していて、ママも「あれ何だっけ?」となるモノ、発音が微妙なモノも正しい発音音声付きで学べるので、大助かりです!目の前にあるモノを見ながらチェックできると覚えも良いようです。実際の裁縫はできないものの、ママが触っているものと同じものをまなぶことが楽しいようです。115fb0a63752e852b949b75d7cef41aa_s

モノがあふれる時代、次々と新しいモノに手を出すのは簡単だけど、モノを長く大切に使う事、リメイクやリフォームでハンドメイドの温もりを加えられることの喜びを、子どもたちに伝えていきたいですね。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』