知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.11.25

ブラジルの暮らしから『みんなの果実、街路樹になるマンゴーのこと』

Pocket

日本の裏側、ブラジルから届けられるブラジルの暮らし方。
そこに住む人々の飾らない普段の暮らしを切り取って、少しだけみなさんにお届けします。その暮らしからは、国は違えど、言葉は違えど、人という共通の優しさや暮らしの知恵が垣間見れたのでした。

マンゴーで彩られる街並み

ブラジルに来て驚いたのですが、こちらでは街路樹に、食べられる果実をならすものがたくさん植えられています。アボカドやブラックベリー、アセロラやジャックフルーツなど。それぞれ季節ごとに実をつけています。

ブラジリアはまさに今、マンゴーの季節。街中のいたるところにマンゴーの樹が植えられており、その数は約10万本。それらが、たわわに実をつけた様子は圧巻です。10月の始めには葉の色と同じように青かった実が、11月半ばの今では赤や黄色に色づき、見上げては食欲をそそられています。
1

実は完熟すると自然に樹から落ちるので、「道を歩いていたら、頭上からマンゴーが落ちて来た」という状況も、ウソのような本当の話だったりするのです。
2
個人宅のものでなければ、誰でも自由に採っていて、私も早速、マンゴーの樹の下を探して歩きました。草むらのかげに実を発見した瞬間は、なんだかまるで、子どもの頃に遊んだ“宝さがしゲーム”のよう。
3

自然から得られる贅沢

自分で集めたマンゴーは、それぞれ味や香りに個性があります。まれに、樹上で完熟し自然に落下したものがあり、熟れすぎて腐る一歩手前のそれは、信じられないほど濃厚な甘い香りがします。果肉そのものがジャムのようにトロリと柔らかく、つやつや。調理せず、そのまま頂くのが一番の贅沢。
4

5
青く固いものはしばらく置いて追熟させます。指で押して柔らかくなれば、見た目は青くても食べられます。皮をむくと果肉は黄色く熟れて、そしてなんと!香りはまるでレモンのようにスッキリ爽やか。 “濃厚さ”とはまた違う、マンゴーの魅力を知ったのです。

実はこの時期、お店ではマンゴーは旬のため通常よりも安く買えます。街路樹のものに比べサイズは大きく、その分可食部も多いので、私自身もデザートを作る等まとまった量が欲しい時にはスーパーで購入します。みんながみんな、街中でマンゴーを採っている訳ではありませんよ。
6
▲義母に教わったおやつ。よく冷やしたマンゴーに、練乳とカラメリゼしたナッツをのせたもの。

それでも、自分で採るマンゴーには別の良さがあると思っています。マンゴーをきっかけに、この街の人々の優しさに出会えたのですから。

マンゴーから繋がる人の温かみ

とある週末、ご近所の歩道で、マンゴーを採っているおじさんに出会いました。棒をつなげて長くした先に、小ぶりのカゴを取り付けたお手製の“マンゴー摘み棒”なるものを使い、高い枝になった実を収穫中。ショッピングバッグ一杯に収穫していました。「大量のマンゴーを食べるために、何か調理方法でもあるのだろうか?」と思い、食べ方を聞いてみました。
7

「全部、そのまま食べるんだよ!」と豪快に笑う姿に、「ブラジルならではの食べ方があるかもしれない」と期待していた私は少し拍子抜け!そんな私をよそに、「ほら、持っていきなさい!」と、採ったばかりのマンゴーを気前良く分けてくれました。恐縮する私をそのままに、おじさんはサッ!と、別の樹へ向かっていかれました。
8-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

別の場所では、カップルに遭遇。こちらもお手製の“マンゴー摘み棒”を使い、2人で協力している様子が何ともキュートです。食べ方を聞くと、熟した果肉をサイコロ状に切って凍らせておき、水を加えてミキサーでジュースにして頂くのだそうです。「ほかには、サラダにしてもおいしいよ。」とのこと。そしてこの2人もまた、「沢山採ったからあげるよ、持っていきなよ。」と、その時初めて会った私にマンゴーを惜しみなくくれたのでした。
9

「街のなかの果実は、みんなの果実。」そんな考えが根底にあるようです。「樹になった果実をもいで、周りの人と分け合う。」よくよく考えれば生きて行くうえで、至極当たり前の行為。とてもシンプルなだけに、今の時代、決して身近ではなくなっていると思います。それがこの街では、日常の一部として成り立っていて、それを嬉しく思いながら過ごしています。
10

記事/ペルフェイトあき子
14692113_1231546966916704_5012459638186496083_o
広島県生まれ。フリーランスで「食と人をつなぐ」サポート業に携わる。早稲田大学卒業後、商社および海外進出支援団体に所属するかたわら、国内外の農場をめぐり、働き方・生き方に対する視野を拡げる。退職後、2016年9月よりブラジル在住。現在、ブラジリア大学にてポルトガル語を習得中。
ブログ:SLEEPY CITY BUGS

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』