得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2016.12.04

身体にとって敵?味方?『常在菌を知って上手に共存しよう』

Pocket

常在菌って、どんなものがあるのでしょう。
菌と聞くと悪そうなイメージがありますが、よい働きと悪い働きの両方をしながら身体と共生しているようですよ。

誰もが持っている常在菌

ヒトは、産まれると同時に菌に感染します。
胎内では無菌状態にありますが、母親の産道から、また外気や周囲の人間から、口や肛門に菌が付着するのが感染のきっかけです。これらの細菌が、口腔内、皮膚、消化管に住み着くようになり、常在菌と呼ばれるものになります。口腔内にはミュータンス菌など約700種類が1000億個以上、皮膚にはブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)など200種類以上が約100万個、腸内細菌は乳酸菌、大腸菌をはじめ約400種類が100兆個以上存在します。
そして、よい働きと悪い働きの両方をしながら、身体と共生しているのです。

口腔内を守るには?

常在菌のひとつであるミュータンス菌は、新生児のときに、母親やまわりの人たちから口にもらうと定着します。
ミュータンス菌は、ほかの菌が口腔内に付着して、感染症に罹るのを防ぐというよい面も持ちますが、多すぎると歯垢となり、虫歯や歯周病の原因になります。予防策は、虫歯の多い大人がかんだ食べ物を新生児に与えないこと。また、唾液の分泌が加齢とともに減り、口腔内の雑菌を自浄する力が低下すると病気に罹りやすくなります。そのため食べ物はよく噛んで唾液を出すことと、マメな歯磨きや定期的なクリーニングなどで、口腔内を正常に保つことが病気の予防につながるんですよ。

皮膚トラブルは常在菌ともかかわりが…

皮膚には、自然界に存在するブドウ球菌やミクロコッカス属の菌、マラセチア菌、カンジダ菌、白癬菌などが生息し、毛が生える部分である毛包や汗が出る部分の脂腺にはアクネ桿菌などがあります。
表皮ブドウ球菌は、皮膚を弱酸性に保ち、黄色ブドウ球菌やアクネ菌の繁殖や臭いを抑える働きをしています。また、アクネ桿菌は、皮脂膜を作り外敵や紫外線から肌を守っています。
しかし一方で、身体の調子や栄養状態が悪いと、黄色ブドウ球菌は感染症の原因に、アクネ桿菌はニキビのもとになることも。菌とうまく共生するには、身体のコンディションを整えることが第一なのです。

腸内細菌とのよい関係が健康のカギ

腸内細菌は腸内フローラと呼ばれる細菌叢(さいきんそう)を作っており、栄養の供給、消化できない食べ物の代謝、感染症の防止、免疫力を保つなど、生きるうえで必要不可欠な働きをしています。
腸内細菌は、ヒトが食べたものから栄養をもらって繁殖し、腸管内に生息しており、腸内フローラのバランスが崩れると、便秘や下痢、食中毒、敗血症、大腸炎、肥満、アレルギー、がんなどさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

腸内フローラを改善するには、抗生物質を使うか、腸内に有効な菌を与えるかの方法があります。ただ、抗生物質は多量に用いると症状を悪化させる場合があるため、乳酸菌やビフィズス菌、酵母を摂取して改善するほうが安全ですね。

口腔内、皮膚、腸内のどれにおいても、常在菌をうまく働かせるには身体の状態が影響します。不規則な生活や暴飲暴食で身体を疲れさせると、自分の持っている常在菌によって病気になることを覚えておきたいですね。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』