得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2016.12.11

難しいことゼロ『更年期障害を和らげる生活習慣とは』

Pocket

更年期障害は、女性の病気だと思われがちですが、男女ともに罹る疾患のひとつ。
症状が出た場合、我慢せずに病院で薬を処方してもらうのもひとつの手ですが、今回は更年期障害を和らげる3つの生活習慣を紹介します。

早寝早起きでメラトニンの分泌サイクルを正常化

睡眠不足は、性ホルモンの分泌を低下させてしまいます。
深い眠りを得るためには、成長ホルモンがもっとも分泌される22時~2時にかけて眠るのが効果的。質のよい睡眠に欠かせないメラトニンという物質は、光を浴びると約14時間後に分泌されはじめます。8時までには朝日を浴び、22時にはメラトニンを分泌させるサイクルを作るとよいですね。寝る2時間前からはスマホやテレビを見るのを避け、部屋の照明も落としておきましょう。

また、メラトニンは、セロトニンから合成されます。セロトニンを増やすには、朝日を浴びる、深呼吸をする、ストレスをためない、リズム運動をする、ペットとのスキンシップなどが有効です。セロトニンのほとんどは腸で作られているので、腸内環境の美化にも努めたいですね。腸内環境を整える菌を含むヨーグルトや味噌、腸をあたためるスパイスを使ったカレーやスープ、セロトニンのもとになるアミノ酸を含む肉や魚を、バランスよく摂取することを心がけましょう。

ハーブで五感をリラックス

日常的にハーブや精油を使い、不定愁訴を和らげるのも効果的です。
ハーブには抑うつ改善や精神を安定させる作用があるほか、更年期障害の身体の症状を緩和させるものもあります。男女それぞれの症状に有効な成分を含むハーブをチョイスし、まずは気軽にハーブティーで飲んではいかがでしょうか。
激しいほてりであるホットフラッシュにはセージ、不眠や抑うつにはセントジョンズワート、むくみにはスギナ、クミスクチンがおすすめです。
成分を体内に取り込むだけでなく、精油を使ったマッサージや入浴もリラックス効果が高いです。精神的に不安定なときはローズやネロリの精油でマッサージを、冷えやのぼせにはラベンダーのバスソルトなどが最適です。
5270fe5509ffef489a92d8f8e31a9169_m

笑う、会話する、深呼吸で副交感神経を優位に!

自律神経には、興奮状態のときに活発になる交感神経と、鎮静時に優位になる副交感神経がありますが、更年期障害の症状を和らげるには、副交感神経をうまく働かせることが必要。
それには、ストレスをためないことが第一です。
DHEAと呼ばれる抗ストレスホルモンは、副腎でコレステロールから合成され、性ホルモンに変換されます。DHEAは年齢とともに減少しますが、さらにストレスで副腎疲労になるのは避けたいですね。
そのためには食事、運動、睡眠への気配りのほかに、笑いや会話、音楽を聴く、入浴、呼吸を深くすることなどが対策となります。また、「きれいだね」「かっこいい」「助かった」「ありがとう」などの褒め言葉は、無気力に歯止めをかけ、自尊心を高めてくれます。感動して泣くこともよく、映画やスポーツ観戦をして心を動かすことも習慣にしていくとよいでしょう。

のぼせやイライラ、動悸など、自律神経系の症状が多く見られる更年期障害。
十分な睡眠と休息、心やすらぐ時間やコミュニケーションを持つことが大切です。不摂生がある場合は見直して、自分なりの更年期対策を見つけておきましょうね。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

編集部おすすめ記事

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』