知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.11.30

餅を投げる?お菓子まで?全国の特色ある『祭り』について調べてみた

Pocket

年末年始が近くなると話題になるのが、各地で異なるお雑煮の種類。
丸い餅だったり角餅だったり、地域によって特徴がありますね。同じように各地で開かれる「お祭り」もそう。穀物の収穫を祝ったり豊作を祈ったり、商売繁盛を願う酉の市など、全国各地でその地域独特のお祭りが開催されます。神輿を担ぐ声や祭り囃子が聞こえてくると、なんだかワクワクと心躍りますよね。
参加するだけでも楽しいお祭りは、意味を知るともっと満喫できるかもしれませんよ。

宙を舞う餅……「餅まき」は人間の本能がむき出しに!

私が住んでいる紀南地方では、事あるごとに「餅まき」が行われます。おそらく一般的には、家などを建てる際に「竣工後も建物が無事であるように」と願って、建築中の家の屋根から餅をまく行事のことを指すのではないでしょうか。また、神社での祭事においても、行われる地域が多いのでは。

ところがこのあたりでは、イベントがあれば必ず餅まきが行われます。人が集まるところに、餅まきあり。引っ越してきたばかりの頃は、どこかイベントに出かけるといつも餅まきに出会うので、ちょっと戸惑ったくらいです。それまでは人出が少なかったイベントも、餅まきの時間が近づくと次第に人が集まり出します。そして、いつしか会場いっぱいの人が、餅まきを今か今かと待ち構えるのです。

5008f3c9339bbca874557109d680c091_m-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

地元の人は皆、餅まきの攻略法を心得ています。餅を入れるビニール袋は必須アイテム。餅をまく人にアピールしてたくさんゲットする人、下に落ちた餅を狙って拾う人。このときばかりは、知り合いでも遠慮なし! あちらこちらで、餅の奪い合いが勃発します。
子どもエリアと大人エリアが分かれていることが多く、小さな子どもでもしっかりと戦利品を抱えて帰ることができます。また、餅が入っている袋の中に紙が入っていると大当たり、該当の商品が貰える、なんてことも! 宝くじ感覚で参加できるのも、この地方の餅まきの特徴です。

尾張名古屋は「菓子まき」だで!

一方で、私の生まれ故郷である東海圏では、「餅」ではなく「菓子まき」がよく行われていました。「菓子まき」とは、お嫁さんが実家を出るときに、近所の人にお菓子をまくというもの。私が幼い頃はよく行われていた風習で、貰ったお菓子を食べると”幸せになれる”と言われていて、毎日少しずつ、大切にいただいた記憶があります。最近ではあまり見られなくなったようですが、伝統的な風習を絶やさぬよう、あえて菓子まきを行っている結婚式場もあるのだとか。

そんなわけで、私の子どもたちにとっては、「祭り=お餅やらお菓子やらが空から降ってくる、なんだかよくわからないけど楽しいもの」という印象があるようです。

祭りに欠かせない存在「獅子舞」

もうひとつ、子どもたちに「祭りといえば思い浮かぶものは?」と尋ねると、必ず返ってくる答えがあります。それが「獅子舞」です。
確かに、餅まきを行うイベントには、よく獅子舞が登場します。幼稚園や小学校にも獅子舞がやってきたり、工作の授業で獅子舞を作ったり……意外にも、ちょっと怖いイメージの獅子舞は、子どもたちにとって馴染みのある存在のようです。
photo2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
そんな祭りの話をしていたら、突如「ところで、獅子舞って何者なの? どうしていろいろな場所に現れるの?」と息子に聞かれました。そういえば、獅子舞って龍に似てるけど、動物なのかな? それとも空想上の生き物? うまく答えられなかった私は、疑問が生じるといつも頼りにしている学研ゼミの学研デジタル百科事典+(プラス)で検索開始。
photo3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

息子と一緒に、声に出しながら解説文を読んでみると、「へぇー!」と驚くような内容が。獅子舞は空想上の動物で、不思議な力を持つとされ、人々の信仰の対象になっていること。獅子舞が町内を回ったり家を訪問したりするのは、その家に悪いことが起こらないように祈るためだということ。

「幼稚園に来てくれたのは、僕たちを悪いことから守るためだったんだね!」
これまでは少し獅子舞を怖がっていた息子でしたが、一躍スーパースターとして獅子舞の存在が認識されたようです。
ただ参加するだけでも楽しいですが、その意味を知るともっと満喫できるお祭り。みなさんの地域には、どんなお祭りがありますか? そのお祭りの由来を調べてみると、新たな発見があるかもしれませんね。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』