知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.02.21

学年別に学べて授業をサポート『スマートドリルをつかってみました』

Pocket

自分が子どもだった頃、まだパソコンは一家に一台などという身近なモノではなく、そもそも呼び方すら「コンピューター」だったと記憶しており、タブレットで勉強する時代が来るなんて、想像すらしませんでした。
いざこの現代社会で子育てをする身になってみると、ノートと鉛筆と教科書に辞書、その全てが電子化されていることに最初はものすごく戸惑ったものでした。
みなさんはいかがでしたか?

そんな戸惑いの中で懐かしさが込み上げてきたのが、昔馴染の「学研」さんによる、「学研ゼミ」のポータルサイト。無料会員登録すれば初月は、ドリルなどの学習教材、電子書籍、電子辞書などの有料サービスが無料で利用でき、年齢に合ったオンライン学習をすることができます。
今回はその豊富なサービスの中から、小学校1年生~中学3年生対象の「スマートドリル」を使ってみました。

すごいところ①:子どもが使っている教科書が選べるので、学校の勉強の予復習にもってこい!

小学1~2年は国語と算数、小学校3~6年は算国理社の4教科。中学からは英語も加わり、学校で使用している教科書を選択してから学習に入るので、教科書通りに進められるのが嬉しいところ。
そして、ドリル~解き直しと解説ムービー~テストと段階的な学習になっているので、予習復習はもちろん、応用力やより深い学びにつながっていっているように感じます。
キャプチャ1

すごいところ②:簡単な操作性で、文字入力はキーボード

画面は1ページに1問で、子どもでも直感的に分かる操作性になっています。
ノートと鉛筆の時代のママの一番の疑問は、いったいタブレットを前にどうやって勉強するの?ということだったので、小学校1年生の娘の隣で一緒に国語のドリルを覗き込んでみました。

文字入力は基本的に専用のキーボード画面をタップしながらですが、指やタッチペンを使えば画面に書き込むことも可能です。一旦画面に文字を書かせてから、再度専用キーボードで答えを入力するようにすれば、書き順のチェックも可能ですね。
再キャプチャ2
キャプチャ2
算数の計算式も、書き取りできるのでノートをいちいち準備しなくてもいいところも助かります。
再キャプチャ1

すごいところ③:自発的に勉強するようになる

自分が子どもの頃、どんな風に問題を解いていたかは全く覚えていないのですが、教材が届けられるのを毎回楽しみにしていたのだけは、ハッキリ覚えています。
自然と子どもを机に向かわせる学研さんの不思議なパワーは、タブレットになっても健在のようで、スマートドリルも「いつ何を勉強するか?」の計画を親が立ててあげることで、やるべき「今週の学習」が表示されるので、始めて1ヶ月程ですが、自然と毎日タブレットに向かう習慣がついてきたのには驚いています。

すごいところ④:ママにも学習進度が把握できる

ワーキングマザーのため、学校でどんな勉強をしていて、どのくらい理解しているのか、習い事には行かせているけど、どんなことを学んでいるのか、把握するのが至難の業。
「宿題やったの?忘れ物ない?」
が精いっぱいな時も多々ありますし、宿題教えてと言われても、何が分からないのかを瞬時に判断して噛み砕いて説明するのもなかなか苦労していました。もっと後で習うことを説明してしまって、混乱の渦に巻き込むこともしばしば。
スマートドリルなら、前述のように学習計画を立ててあげられるので、学校での進捗を自然とママも把握できます。子どもが今何を学んでいるのか、どのくらい理解しているか、間違えた問題なども目で見て確認できるので、前述の苦労がかなり緩和されました。

学年が進めば、学習計画も自分で立てられるでしょうし、進捗度は学研ゼミ登録時のママ用アカウントにも同期されているので、どのくらい進んでいるのかも端末が正直に報告してくれます(笑)

キャプチャ3

さて、気になるスマートドリルのお値段ですが、申し込み初月無料の期間が終わった後は、小学1年~2年は、2教科で月額500円(税別)、小学校3年~中学3年は4〜5教科で月額1000円(税別)となっており、予復習を親子で共有できるとなれば、とてもリーズナブルな値段に思えますね。
デジタルネイティブの学習スタイル、子どもと同じ目線で話せるように、早く私もまなばないといけませんね。

スマートドリル
<3月は2学年分ご利用いただけます♩>
2月末までのお申込みで、3月の1か月間、現在学習中の学年のドリルと、ひとつ上の学年のドリルの無料体験ができます。春休みの先取り学習で、新学期のスタートダッシュをスマートにできそうですね。

※4月からは、ご登録いただいている学年から、自動的に新学年のドリルに切り替わります。もう少し今の学年の学習を続けたい、という方には、継続して現学年を設定頂くことも可能です。
※「スマートドリル中3」をご利用の方は、上の学年のサービスがないため3月31日で自動解約となります。
学年更新ついての詳細はこちら

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』