知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.12.16

SNS・メール、大丈夫?『ママ友とうまく付き合うために気をつけたい事』

Pocket

保育園・幼稚園・小学校など、子どもが新しい生活に入っていくときには、親もまた「そこに通っている子どもの親」という新しいコミュニティに入っていくことになりますよね。
親どうしの連絡方法というと、昔は電話連絡網に載っている電話番号(固定電話から携帯電話へ)、ちょっと前はメールがメインでしたが、いまはLINEでやりとりすることが多いように思います。
マスコミやネット上で「ママ友いじめ」といった言葉が独り歩きしているせいもあってか、「子どものためにいろんな情報交換はしたいけれど、人間関係が面倒になるなら距離をとっておかないと…」、という複雑な心境になっているママをよくみかけます。
私自身はママ歴8年ほどですが、今のところ幸運なことに、ママ友との人間関係で悩んだことはほとんどありません。自分なりにちょっとした工夫をしたせいではないかなと思っているので、ぜひ紹介したいと思います。

ママ友付き合いのこつは「名乗り方」

ポイントは、最初の名乗り方にあるのかなと思っています。
ママ友どうしの関係は、初めはお互いに「○○ちゃんママ」と認識するところから始まって、基本的に共通点は子どもだけなので、ともすると探り合いのような雰囲気になったりもします。
私の場合、今8歳の上の子のときは携帯メールが連絡手段のメインでしたが、「○○の母です」と、子どもの名前だけで名乗る人がとても多かったのですが、私はあえて「○○の母の△△です」と、自分の名前(ファーストネーム)も一緒に名乗るようにしていました。

また、5歳の下の子のママ友とはLINEでのやり取りが多いのですが、LINEって本名からかけ離れたニックネームしか表示されていない場合もあり、誰が誰だかわかりませんよね。かといってLINEは短いメッセージでのやり取りが基本なので(スタンプだけのやりとりだったりもしますしね!)、長々と自己紹介するわけにもいかないですが、せめて苗字は名乗るように、できるだけ上の子のときと同じように、自分のファーストネームも名乗るようにしました。

ファーストネームを名乗ることが良い理由

「○○の母です」と名乗る場合、「母としての私」の顔しか出せないように感じてしまうのは気のせいでしょうか?「お母さん」って、「こうあるべき」に縛られている生き物で、ご飯は栄養を考えて手作りで、早寝早起きの生活習慣をつけて、家のなかはいつもきれいに、子どもの話はいつも笑顔で聞いて、などなど。それを全部クリアするのは至難の業なのですが、なぜか「お母さん」として誰かに接していると、不思議と少しでも立派なお母さんでいようと気を張ってしまうものですよね。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

頑張る「お母さん」の顔でいるかぎり、「今日は疲れたから夕飯はうどん屋さんで済ませたわ〜」というような本音は、なかなか外では言えなくなってしまいます。
ママ友いじめの発端はたいてい「私はこんなに苦労して母親を頑張っているのに、あの人はそう見えない!許せない!」というような妬みや羨ましさの気持ちが元になっている気がしています。

だから私は「素の私」としてママ友の輪に参加するようにしています。そのきっかけとなるのが「〇〇ちゃんのママ」でなくファーストネームを名乗ることなのです。
ご飯作りが苦手(できることならやりたくない)で、片づけや掃除も適当で、子どもたちの生活リズムもできる範囲でしか管理しない、という「ゆるい自分」をママ友の前でも隠さずにオープンにしていきます。
すると、みんな油断?!してくれるのか、自然と肩肘はらずに付き合える感じがします。

その結果、ママ友として出会った人達とも、学生時代の友人のように、素の自分でいられる関係を築くことが出来ているので、この「ファーストネーム」作戦は悪くないと思っています。
「母として」ではなく「私として」ママ友と接すること、ぜひやってみてくださいね。
学研ゼミの保護者向けニュース&コラムからも、そんな保護者の頭を悩ませる保護者会の記事や、子育てや教育関連の記事など、子育てに役立つ情報が掲載されています。ママ友同士の話のネタや、親としての情報収集におすすめですよ。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』