知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2016.12.17

『言われてうれしい言葉』があれば悩みも消えるはず

Pocket

自分に素直になるって、簡単なようで難しい。
何よりも心と時間に余裕がないと、自分に素直になれないのかもしれません。
思い当たる節、ありませんか?
心がギスギスしていませんか?
さぁ、肩の力を抜いて、自分の心に耳を傾けてみましょう。
21752_744797732299835_6955560476192114451_n

「どうして、もっと、私をねぎらってくれないの」

たくさんのお母さんの悩みを聴いてきた。
「夫が私を認めてくれない」
「誰も家事を手伝ってくれない」
「子供が言うことをきかない」

お母さんの数だけ悩みはある。そして、一つの悩みが解決したらまた別の悩みが出てくる。

「この人と結婚できたらそれだけでいい」
「就職できたらそれでいい」
「無事生まれてくれたら、どんな子供でもいい」

そう思っていたはずなのに、手に入れた時から次の期待をしてしまう。その結果、文句や愚痴になる。

「どうして、勉強しないの」
「どうして、もっと、私をねぎらってくれないの」
「なんで、こんなことまでしなきゃならないの」

かつての私もそうだった。それだけじゃない。今でも、ついそう思ってしまうこともいっぱいある。そんな時、自分に問いかける。「私は、どう生きたかったのだろうか?」。

毎日、笑顔でいたかったはず。毎日、キラキラしていたかったはず。だったら何をイライラしているんだろう。こうしてコーヒーでも飲みながら自分と向かい合っていると「小さなことにこだわるのやめようっと」。そう思えてくる。

言われてうれしい言葉とは

私が大切にしているのは「言われてうれしい言葉」。「自分が言われてうれしい言葉」は「自分を元気にしてくれる言葉」。「どんな言葉を言われたらうれしいのか」「どんな時に誰が言ってくれるか」「もっともっと、その言葉をもらうにはどうすればいいか」を考えて行動してみると、いくらでも楽しい時間ができてくる。

仕事に追われて、家庭に気を使って、自分が疲れ果てていた時、「大谷さん頑張ってるね」「大谷さん偉いね」と言われても何もうれしくなかった。そんな時、私は「私はどんな言葉が欲しいのだろう?」と自分と向かい合った。

出てきた言葉は、「大谷さんと出会ってよかった」だった。

私は、おカネが欲しいわけでも、地位や名誉が欲しいわけでもなかった。私は存在が欲しかったんだ。生まれてきた意味が欲しかった。そんなことに気づいた。

そして立ち上げたのが、ビジネスマン、主婦、経営者、いろんな人が集まってチームビルディングを学ぶ場所「リーダーズカレッジ」。来年で20年目になる。人を笑顔にできるリーダーを作りたかった。心から笑える場所にしたかった。心の豊かな人を作りたかった。

もっとも、今まで思いどおりになんてならないことなんて山ほどあった。メンバーがもめることもあったし、「思っていたものと違う」と言われたこともあった。でも、ただひたすら向かい合っていると、ご褒美のように「大谷さんに会えてよかった」と言ってもらえることがある。その言葉がうれしくて続けてきた。

だから、相談に来るお母さんに尋ねる。

「誰にどんな言葉をかけてもらいたい?」

すると、涙ぐむお母さんもいっぱいいる。「家事を手伝ってくれないとかそんなことどうでもいいの。『愛してる』って、やさしく言って欲しいだけかも」そんな言葉が出てきたりする。「だったら、私がイライラしている場合じゃないですね」と、笑顔になる人もいる。

子どもに「お母さんの子どもでよかった……と、言って欲しいのかも」という人は「だったら怒ってばかりじゃダメですよね」という話になる。

自分に素直になるって、簡単なようで難しい。何よりも心と時間に余裕がないと、自分に素直になれまい。だから私はお母さんに、たとえ1日10分でいいから、ほっこりして、自分と向かい合う時間を作ることが大切だよと伝えている。

大谷 由里子
1963年奈良県生まれ。大学卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネジャーを務め、宮川大助・花子など若手を次々に売り出した伝説のマネジャーとして知られる。88年に結婚退社。91年、企画会社を設立。2003年(有)志縁塾の代表取締役に就任。「笑い」を用いたユニークな人材育成法がメディアで取り上げられ話題に。著書に『吉本興業女マネージャー奮戦記「そんなアホな!」』(立東舎)、『ごきげんで生きる48の方法』(朝日新聞出版)など多数。

キービジュアル(Photo by MARIA)

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』