得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.01.06

もらったら、すぐやろう『年賀状の整理術』

Pocket

年賀状を毎年作って送るのは、忙しい年末時期と重なってけっこう大変だけれど、届いた年賀状を見て友達の近況を知るのはやはり楽しみですね。もらったその年の年賀状は、届いた日に家族みんなで楽しく読んで眺めて、お年玉付き年賀はがきの当選番号を照らし合わせた後、次にその年賀状を見るのはその年の年末、翌年の年賀状を作る時期、という人も多いと思います。
年賀状は毎年のことなので、何もしなければどんどんたまっていきますよね。それも、けっこうな数で。お子さんのいるご家庭だと、小学生になったあたりから子どもが受け取る年賀状もかなりの数に。そのままためていても数が多いために、わざわざ見返す気もおきません。かといって、あっさり捨ててしまうのも気が引けてしまいます。年賀状の保存と整理、みなさんはどうしていますか?

私たち夫婦も、人からいただいた物は、不要なものでもなかなか捨てられないタイプです。しかし、そんな私たちでも、子どものおかげで数年前から年賀状整理術の「我が家ルール」を決めることができました。

年賀状だって写真のように何度も見返したい

子どもが年賀状に興味を持ち始めた頃、子どもにとって知らないひとから届いたパパやママ宛ての年賀状であっても、家族写真やその年の干支のイラストなどが子どもの目をひきました。そしてお正月からしばらく毎日のように「年賀状見せて見せて」とせがんでくるので、そのまま渡して見せていました。
ところが、年賀状が届かない時期になっても時々、あの年賀状見せて、と言われることが。そうなってくると、その頃は適当な箱に年賀状を入れていたので、その箱ごとどさっと子どもに渡し、子どもはその中から見たいものをあさります。そしてお気に入りのものをその箱から持ち出して、どこかへ置いてしまって紛失してしまうこともありました。そこでまずは箱をひっくり返さなくても年賀状を見ることができるように、ファイリングすることにしました。

いつでも気軽に見返せるように

100円ショップなどで売っているハガキを収納するファイルはいろいろな種類がありますが、私たちが選んだのは、1ページ1ハガキのシンプルなもの。1ページめくって1枚見る、というシンプルなものの方が、子どもにとっては見たいものをすぐ探せるようです。これを家族で1人1冊用意。まだ自分宛てに年賀状が届かない下の子でも、これはパパの、これはお兄ちゃんの、とそれぞれ眺めて楽しんでいます。
こういう状態であれば自然に本棚などに置いておけるので、子どもが見たいときに自由に見ることができます。それまでは、箱に入れてクローゼットの奥にしまっていたため、子どもにせがまれたらわざわざ出していたのですが、その手間もなくなりました。
自由に見ることができると、見る頻度があがります。子どもは家族写真を見るように、年賀状を見ます。そのうちお気に入りのものも決まってくるようで、最近では自分で年賀状のレイアウトや図柄を考えたいというようになってきましたが、もらった年賀状からたくさんヒントを得て、自分なりにデザインを考えたりしているようです。
pic1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

思い切って捨てる

そうして一年間たっぷり楽しんだ年賀状、役目を終えたらそろそろ破棄することを考えます。住所確認の必要がある場合などあるので、見直すためにも2年分くらいは置いておいてもいいと思いますが、3年以上となるとスペースもとり、子どももさすがに飽きてくるのでお気に入りのもの以外は破棄します。もらってすぐに捨てるのはなんだか気が引けてしまいますが、何度も見て楽しんで、さらにお気に入りをきちんと保管するようにルール化すれば、捨てる作業はむしろさっぱりとできますよ。我が家は最初はそれでも捨てにくかったので、複数枚まとめて読み取れるスキャナーを使い、データ化してから捨てていました。しかし今では、データ化したものはよっぽどのことがなければ見返すことはありませんので、そこまでする必要もないように感じます。

pic2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

もらった年賀状や手紙は、人それぞれの価値観のもと扱いもそれぞれですが、大事なことは送ってくださったその内容を心の中に残すこと。家族で気軽に見返せるようにすると、なかなか楽しくて心にも残りますよ。是非、家族で一緒にファイリングしてみてくださいね。Instagramでも年賀状の整理術など投稿して、情報を共有してみるのもいいかもしれませんね。

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!
学研ゼミInstagram #学研ゼミ をつけて投稿してみよう

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』