知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

育児法 2017.02.25

体験レポート『まなぶゲーム?ワンダードリルに夢中になる訳』

Pocket

ここ近年、ニュースやテレビ番組などでタブレットを活用した学習の話題をよく見聞きします。4年生の息子にはいままでもっぱらベーシックな学習教材を与えてきましたが、せっかく家にタブレットもあることだし、習いごとの移動時間にもやれたらいいなと考えて、学研ゼミの「ワンダードリル」をやってみることにしました。紹介文には「ゲーミフィケーションを利用した演出」とあります。一体どんなものなのかしら?と親子で興味津々。

リッチなアニメーションでRPGっぽい演出

ワンダードリルをスタートさせると、まさにロールプレイングゲーム開始!の様相です。そのストーリーにいきなり入りこんでいく流れで、「お勉強」の雰囲気を全く感じさせません。開始だけでなく、中に入ってからも、各学習単元がうまくRPG風に構成されていて、子どもはワクワク。「さあ勉強しなきゃ」と開始するときって、いつでも腰が重いものですよね。でもこれは、「ゲームしよう!」に近い気軽な感覚。そして、この気軽さは、習いごとなどの時間に追われる忙しい日々の中で、細切れ時間にサクサクと勉強してほしい!という親の願いもかなえてくれそうです。
国語・算数・理科・社会・英語がそれぞれ「王国」として分かれていて、マップから選んで王国の中に入っていきます。その街並み風景のあちこちに、単元ごとの石があり、そこからさらに細分化されたステージへと入ります。そこで問題を解くことで、ステージをクリアし、ゲームを進めることができるという流れになっています。簡単な問題が解けなければ、難しい問題にチャレンジできない仕組みになっていて、これが「早く難しいステージへ行きたい!」という気持ちにさせます。
pic1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

やる気と継続性が生まれる仕掛け

自分の家でやる勉強は、ただ一人黙々とやるものなので、ペースを作るのも、常にやる気を出し続けるのもむずかしいものです。でもそこに、競争の要素があったり、続けてやることでご褒美があったりするのであれば、自然とやる気も継続性も生まれてきますよね。
ワンダードリルでは、自分のアバターが存在します。ゲームを進める(問題を解く)とポイントが獲得でき、それをためるとアバターに使えるアイテムと交換できます。種類豊富なアイテムを使って自分オリジナルのアバターを作ることができますよ。また、他のユーザーと組む「チーム」も存在します。チームメンバーもアバターで表示され、解いた問題数に応じたスコアによるランキングがあります。チーム戦もあり、勝敗によって獲得できるポイント数が変わります。個人でもチームでも競争があり、継続することでポイントがたまる、というのは、大人も夢中になるゲームとおなじ仕掛けですよね。ゲームと違うのは、夢中になっている間に、問題の難易度がだんだん上がり、新しい知識が増えていくところかと思います。
pic2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

タブレット学習ならではのメリット

子どもに自学自習をさせるときに起こりがちなのは、「やりっぱなし状態」。問題を解いたことだけで満足してしまい、丸付けや間違い直しをしない、ということがよく起こります。親がいつも目を光らせているのはむずかしいので、それを言わなくてもきちんとやれるのが一番ですよね。タブレット学習では、問題を解いたらすぐ答えあわせ。解説も音声つきで見られる解説動画もあるので、「解説文を読むのが面倒くさい」という子どもには嬉しいはず。後から間違えた問題だけ解きなおす、ということも可能になっています。
英語の問題は音声が活用されていて、音声を聞いて答える問題などはタブレットならでは。紙のテキスト教材ではできないメリットがたくさんあります。

このワンダードリル、1ステージの問題量は、まさに隙間時間にやれる量でちょうど良い上に、全ステージをクリアするのには結構なボリュームがあります。小学1年生~中学生レベルまでの問題を擁していて、ゲーム開始時に学年を選択できます。我が家の細切れ時間の学習ツールは、当分これに頼ることになりそうです!

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
ご登録初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』