得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.01.12

冬においしい『牡蠣にあたらない食べ方とは』

Pocket

秋から冬にかけて、旬の食材のひとつである牡蠣。
フライや鍋、グラタン、シチューの具材、そしてやはり牡蠣は生で食べるのもおいしいですね。でも心配なのがウイルス性の食中毒。安心して牡蠣をおいしく食べるためにはどうしたらいいのでしょうか。

栄養価が高くおいしい反面、食中毒の危険性も高い牡蠣

牡蠣はおいしく栄養価が高い反面、ウイルス性食中毒を起こす可能性も高い。そのため、ほかの食材に比べてあたったことがあるという人が多く、危険と背中合わせにある食べ物といえる。激しい下痢や嘔吐を引き起こすため、あたったことがある人は、もう二度とあたりたくないと思っているはずだが、実際、牡蠣にあたらないようにするにはどうすればよいのか。
8a7c4792f7aa26b7a2ee553cf021f1c5_m

牡蠣にあたらないようにする方法はあるのか?

牡蠣の食中毒の大半は、ノロウイルスによる。人間が排出し下水処理場で処理しきれずわずかに残ったノロウイルスが、川を下って海に流れ込む。牡蠣は、大量の海水を飲み込み、中にいるプランクトンを食べて生きているため、海水中のノロウイルスが少しずつ牡蠣の内臓に蓄積される。火を通さずに食べると、ヒトの細胞内でのみ増殖するノロウイルスが小腸内で暴れ出し、これが食中毒の症状として出るのだ。
しかし、ノロウイルスは85℃以上で1分間加熱すると、感染性がなくなる。沸騰したお湯で1~2分程度ゆでる、または、フライの場合は180℃前後の油で4分以上揚げると、食中毒の発生率を減らすことができる。どうしでも生で食べたいが、食中毒になるのも避けたいという場合は、ウイルスが混入している内臓を取り除いで食べるようにするしかない。それでも絶対にあたらないというわけではなく、可能性をゼロにするのは難しい。

ノロウイルスとそれ以外の食中毒の違い

ノロウイルス以外の食中毒は、大きくわけると「細菌性」と「ウイルス性」がある。
細菌性は、食品中の細菌を食べてしまうことで発生し、おもに経口感染だ。ウイルス性の場合は、ウイルスが付着しているものを食べたり、手についたウイルスが体内に入ってしまったりすることで感染する。細菌性との違いは、嘔吐物や便に触れたり、飛沫ウイルスを吸い込んだりしても感染するため、経口感染だけではなく、飛沫感染や接触感染もある点だ。症状は、細菌性、ウイルス性ともに嘔吐や吐き気、下痢や腹痛、発熱で、変わりはない。

絶対にあたらない保証はない牡蠣。対策としては、生で食べることを避けるほかないようです。翌日の仕事や予定次第では、牡蠣を食べないほうがよさそうですね。しかし、栄養価も高くおいしいので、食べる日を選んだり、火を通したりすることで、旬の味覚を楽しく味わっていきましょう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』