知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.01.11

日本の歳時記を知る『鏡開きはいつ?どんど焼きってなんのため?』

Pocket

初詣、年賀状、おせち料理、鏡餅、門松などのお正月飾り。
日本の伝統文化としてのお正月の過ごし方は、その年に福を呼び込むための一種の儀式として、古くから日本で受け継がれてきた伝統文化ですね。元々は中国の文化が伝わって日本ならではの進化を遂げたもの、地方によってやり方が違うものなどそれぞれありますが、どうしても年に一回のルーティン行事で、「それはどういう意味?」「なぜそれをするの?」などの細かい背景を忘れてしまったり、そもそも知らないで行っていることさえありますよね。

ミッション!子どもにおせちを食べさせる!

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
年末から実家に帰省して、お母さんのレシピで一緒におせち料理を作るのが恒例行事の我が家。ただ、せっかく沢山作っても、どうしても味付けが子どもに馴染まないものが多いせいか、「それは食べたくない」と言われてしまうので、何か良いアイディアは無いかな?と思って取り出したのは、学研ゼミのデジタル事典「学研デジタル百科事典プラス」。

「正月」「おせち」の項目を調べてみると、子どもにも分かりやすい噛み砕いた表現で、詳しい説明を見ることができます。おせち料理は元々年5回作られていたものが今はお正月だけが残っていること、お正月には火を使ってはいけないという平安時代の文化から、おせち料理の内容は日持ちがする濃い味のモノであることなどを子どもに伝えたところ、俄然興味が湧いてきた様子。しめしめと思って、黒豆は「まめまめしく、元気でよく働くことができる」、くりきんとんは「黄金色に似ていることから、これからずっと豊かなくらしができますように」と事典で仕入れた内容を食卓で伝えてみたところ、「せっかくだから、ちゃんと食べないといけないね」と、お箸を運んでくれていました!ミッションコンプリートです!

デジタル事典で子どもに日本のお正月を伝承する

おせち料理ですっかりお世話になったので、味を占めた私。鏡餅を飾りつけしながら、子どもに「鏡開きはいつだったかなぁ?ちょっと調べてみてくれない?」と声をかけてみました。
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93
すると出てきたのがこの画面。「割る」は「忌み言葉」で使えなかったんですね!ママも賢くなりました。
「鏡開き」から派生して意味が分からないお正月行事を色々と調べ始めた我が子は、「どんど焼き」は「正月十五日におこなう火祭り。松かざりやしめなわなどを家々から集めて焼き、その火で焼いたもちを食べてその年の幸福を祈る(新レインボー小学国語・漢字辞典より引用)」や、「門松」を始めとしたお正月飾りにどうして穀物や松が使われるのか?も調べて教えてくれました。ママが伝えるよりもずっと詳しくて分かりやすいそうです…!
c9904bcd76903bcdf0c6d3b6447e32dd_m-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
学研デジタル百科事典プラス」の良いところは、「学研ニューワイド学習百科事典」を使うと、国語辞典や英和辞典などの複数の辞書を横断検索でき、今回のお正月のような行事では「なぜ?」という疑問検索もできるので、子どもにとってより深い理解につながること。
親の私も「なんとなくそうだろう」で済ませていたことがとてもクリアになり、もっと日本の伝統文化を大切に引き継いで、そして次の世代に伝えていきたいと、気持ちを新たにしたお正月でした。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』