知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.01.11

日本の歳時記を知る『鏡開きはいつ?どんど焼きってなんのため?』

Pocket

初詣、年賀状、おせち料理、鏡餅、門松などのお正月飾り。
日本の伝統文化としてのお正月の過ごし方は、その年に福を呼び込むための一種の儀式として、古くから日本で受け継がれてきた伝統文化ですね。元々は中国の文化が伝わって日本ならではの進化を遂げたもの、地方によってやり方が違うものなどそれぞれありますが、どうしても年に一回のルーティン行事で、「それはどういう意味?」「なぜそれをするの?」などの細かい背景を忘れてしまったり、そもそも知らないで行っていることさえありますよね。

ミッション!子どもにおせちを食べさせる!

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
年末から実家に帰省して、お母さんのレシピで一緒におせち料理を作るのが恒例行事の我が家。ただ、せっかく沢山作っても、どうしても味付けが子どもに馴染まないものが多いせいか、「それは食べたくない」と言われてしまうので、何か良いアイディアは無いかな?と思って取り出したのは、学研ゼミのデジタル事典「学研デジタル百科事典プラス」。

「正月」「おせち」の項目を調べてみると、子どもにも分かりやすい噛み砕いた表現で、詳しい説明を見ることができます。おせち料理は元々年5回作られていたものが今はお正月だけが残っていること、お正月には火を使ってはいけないという平安時代の文化から、おせち料理の内容は日持ちがする濃い味のモノであることなどを子どもに伝えたところ、俄然興味が湧いてきた様子。しめしめと思って、黒豆は「まめまめしく、元気でよく働くことができる」、くりきんとんは「黄金色に似ていることから、これからずっと豊かなくらしができますように」と事典で仕入れた内容を食卓で伝えてみたところ、「せっかくだから、ちゃんと食べないといけないね」と、お箸を運んでくれていました!ミッションコンプリートです!

デジタル事典で子どもに日本のお正月を伝承する

おせち料理ですっかりお世話になったので、味を占めた私。鏡餅を飾りつけしながら、子どもに「鏡開きはいつだったかなぁ?ちょっと調べてみてくれない?」と声をかけてみました。
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93
すると出てきたのがこの画面。「割る」は「忌み言葉」で使えなかったんですね!ママも賢くなりました。
「鏡開き」から派生して意味が分からないお正月行事を色々と調べ始めた我が子は、「どんど焼き」は「正月十五日におこなう火祭り。松かざりやしめなわなどを家々から集めて焼き、その火で焼いたもちを食べてその年の幸福を祈る(新レインボー小学国語・漢字辞典より引用)」や、「門松」を始めとしたお正月飾りにどうして穀物や松が使われるのか?も調べて教えてくれました。ママが伝えるよりもずっと詳しくて分かりやすいそうです…!
c9904bcd76903bcdf0c6d3b6447e32dd_m-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
学研デジタル百科事典プラス」の良いところは、「学研ニューワイド学習百科事典」を使うと、国語辞典や英和辞典などの複数の辞書を横断検索でき、今回のお正月のような行事では「なぜ?」という疑問検索もできるので、子どもにとってより深い理解につながること。
親の私も「なんとなくそうだろう」で済ませていたことがとてもクリアになり、もっと日本の伝統文化を大切に引き継いで、そして次の世代に伝えていきたいと、気持ちを新たにしたお正月でした。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』