知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.01.25

大人だけでなく子どもにも『時事問題を知って身近なコトに興味を広げる』

Pocket

テレビで流れるニュースや時事問題。
一緒にテレビを見ている子どもたちの耳にも、いろいろな専門用語がインプットされていることでしょう。そして、こんな質問をされることはありませんか?
「辺野古ってどこのこと?」「韓国の大統領って何をしたの?」「TPPって、PPAPの仲間?」

なんとなく知っているつもりでも、いざ質問されると返答に窮すること、ありますよね。
「うーん、子どもにはちょっと難しいかな」なんて言葉を濁してはいませんか?

時事問題は、子どもとの大切な話題のひとつ

内容は難しいことでも、言葉を選んで、噛み砕いて説明すれば、小さな子どもだって理解できます。それに、時事問題は将来を担う子どもたちにとって、知っておくべき問題ばかり。でも、難しいことを簡単な言葉で言い換えて説明するのって、とっても難しいですよね。説明する側が、そのニュースの内容や出来事が起こった背景まで理解しておく必要があります。

となると、わかりやすく子どもに教えるための一番の近道は、子ども向けのニュースを見ること! 私がいつも頼りにしているのが、学研ゼミの学研ジュニア新聞です。朝日小学生新聞、朝日中高生新聞から厳選された記事を、月額500円で自由に読むことができます。毎週末、子どもと一緒に読みながら私自身の知識が曖昧なものをチェックし、気になるものはその後さらに調べておくと、よりニュースに詳しくなれるんです。

選挙に行って、一票を投じるということ

photo1

わが家では、いつも選挙に子どもを連れて行っています。選挙権が18歳に引き下げられた今、子どもたちにも選挙がどういうものかを知っておいてもらいたいから。そして投票した日の夜は、選挙結果をテレビで見ます。昼間に投票会場で見たポスターの名前がニュースで報じられるか、ちょっとドキドキしながら開票結果を見守っているようです。

すると先日、こんなことを質問されました。「一票の格差ってなに?」
早速、学研ジュニア新聞で調べてみると、Q&A形式のとてもわかりやすい記事が載っていました。
photo2

選挙区ごとに人口が違うため、人口が多い都市部では一票の価値が軽く、人口が少ない地方では一票の価値が重くなること。それは不公平ではないか?と問題になっていること。一票の格差を小さくするため、さまざまな対策が講じられていること。
私たちが住んでいる地域は、一票の価値が重いとされるエリアです。だからこそ、一人ひとりの声が届きやすいので、選挙に行く重要性が息子にもわかってきた様子。

ここで、さらなる疑問が生じました。
「じぃじが住んでいるところは、一票の価値が軽いって言われてるよね。じゃあ、選挙に行く意味があんまりないんじゃない?」

どうしたらいいのか、親子で考えるきっかけに

価値が重い・軽いと表現してしまうと、「軽いなら、行かなくても変わらないのでは?」という疑問を持つのは当然のことかもしれません。

「じゃあ、価値が軽いからって選挙に行かない人が増えたら、権利は0になっちゃうよね」と問いかけると、「やっぱり、まずは選挙に参加することが大切だ!」と息子。「でも選挙の日に用事がある人はどうしよう」「そういう人のために、期日前投票っていう制度があるよ」「あー、期日前投票ってニュースで聞いたことある!」とさらに会話は続きます。

時事問題を知ることで、自分たちならどうするか、こんな場合はどうしようか?と親子で考えるきっかけになりました。まずは、子どもが興味を持ったことに対して、親が的確な説明をしてあげること。そのサポートとして、学研ジュニア新聞は心強い味方となってくれると思いますよ。親子のコミュニケーションがさらに広がって、楽しい時間が増えること間違いなしです。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』