作るコト作るコト
料理 2017.02.05

取り終わった「だし」からつくる『昆布とひじきの梅かつお煮』


和食の基本、出汁をとるのに欠かせない昆布と鰹節。出汁を取り終わった後は、捨てずに常備菜にしてしまいましょう。昆布の他にひじきも加えて、ダブルの海藻パワーが腸内環境を整えてくれます。梅の酸味がきいた味付けは、ホカホカごはんにのせたり、おにぎりやチャーハンの具にしたり、和風パスタの味付けとしても活用できます。
15966796_1309069405818937_1460605132_o

材料(つくりやすい量)

昆布(出汁を取り終わったものを3㎜幅の細切り) 25g
ひじき(水で戻す) 10g
鰹節(出汁を取り終わったものをほぐす) 25g
生姜(細切り) 1枚
梅干し(種をとって潰す) 20g

<A>
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
甘酒 大さじ1/2

作り方

1.鍋に昆布、ひじき、鰹節、生姜、梅干しを入れ、ひたひたの水(分量外)をそそぎ5分煮る。
2.Aを加え、水気がなくなるまで煮る。
15991665_1309069402485604_403815207_o
レシピ/笠原奈津美
IMG_3086
発酵食料理教室「ふんわり糀家」
ブログ
facebook
インスタグラム

〈ライタープロフィール〉

埼玉県出身。立教大学卒。白血病を患ったことをきっかけに「食」の大切さに気づく。大学職員として働く傍ら、〔社〕日本インナービューティーダイエット協会にて、体の内側から美しくなるための料理を学び、東京にて料理教室を主宰する。
2015年に香川県へ移住。高松市内にて発酵食料理教室「ふんわり糀家(こうじや)」を主宰。1レッスン2名だけのプライベートな発酵食レッスンは募集開始当日に満席に。西日本放送の番組「シアワセ気分」にて特集され、話題を集める。


コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.02.26

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツ』をつかった作りおきおかず

2017.02.25

色を暮らしに活用しよう『幸福と平和の象徴カラー”青色”がもつ秘密ゴト』

2017.02.24

楽しく食べていますか?『食べ物への不安とうまく付き合うには』

2017.02.19

手づくり粕床で粕漬けを『鰆』をつかった作りおきおかず

2017.02.13

大豆でつくる『麹フムス』

2017.02.12

女性に嬉しい効果も『小豆』をつかった作りおきおかず

2017.02.12

見逃さないで! 食べ歩きは『ママへのメッセージ』

2017.02.11

100人100色―育児と両立しながら、お客様の人生に寄り添っていく仕事を。ー成川由理さんのお話し

2017.02.09

食欲がない時は梅干しパワーを『梅干しと生姜の炊き込みご飯』

2017.02.08

100人100色ー高松移住後にはじめた料理教室が大人気に! 食への関心を深めたきっかけは、大病を患ったことー笠原奈津美さんのお話し

編集部おすすめ記事

2017.02.22

【Instagram企画】ファッションをもっと楽しく『#エアクロやってみたい』で投稿しよう

2017.02.21

『梶ヶ谷』の魅力を知る旅 〜店と人が繋がり集う場所づくり『シラハト商店』〜

2017.02.20

【Instagram企画】#学研の小さな春 で見つけた春を投稿しよう

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.02.10

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

2017.02.09

【発表】Instagram企画『#学研のお正月 で投稿しよう』

2017.02.02

【Instagram企画】大好きおうちの暮らし『#わたしの部屋のここが好き』で投稿しよう

2017.01.31

暮らしの歳時記を知るコト『新年のはじまり、立春』

2017.01.30

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩』の原材料とは

2017.01.27

名古屋で自然のいきものを満喫!『子どももママも楽しい東山動植物園&名古屋港水族館ドライブ』