知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.01.28

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

Pocket

自然な安らぎカラー「緑色」。
緑色が周りにあるだけで穏やかで中庸な気持ちに。わたしたちに安らぎや安心感を与えてくれますね。
ふと、「緑が気になる」時、日々が忙しすぎたり、ストレス過多な状態かもしれませんよ。さぁ、暮らしに「緑色」を添えてみませんか?
a3afaafc13bbafc8186233138694e6fc_m

「緑色」のもつ効果

穏やかで中庸、私たちに安らぎや安心感を与えてくれるのが緑です。ふと、「緑が気になる」時、日々が忙しすぎたり、ストレス過多な状態かもしれません。そんな時はインテリアに緑を増やしたり、食事も緑を意識して摂ってみましょう。副交感神経に作用し、興奮した神経を鎮め、疲労回復も期待できるでしょう。
「青葉は目の薬」や「アイレストグリーン」という言葉があるように緑には目の疲れを回復させる働きや頭痛緩和の効果もあると言われていますよ。
804406dd1dc0609b4d5819e3b78f0f3d_m

食卓にも欠かせない「グリーン」

グリーンサラダにプチトマトを飾った途端、食卓がパッと華やかになります。料理の盛り付けにぜひ知っておきたい緑の使い方があります。色は補色と呼ばれる正反対の色同士の組み合わせによってお互いの色を引き立てる効果があります。緑と赤はまさに補色関係。
レタスとトマト、お刺身と大葉、肉の上に置かれたクレソンなどはそんな一工夫によってよりお互いの色を引き立て美味しそうに見せる演出なのです。盛り付けのお皿、ランチョンマットなどでも応用できますね。

緑色を青色と呼ぶのはなぜ?

日本語には「青葉」「青虫」「青信号」など緑色をしているのに「青」という言葉で表現されるものが数多くあります。古代の日本語には色を形容する言葉として「赤し」「青し」「白し」「黒し」の4つしかなかったと言われています。ですから、緑色は青の範疇だったようです。のちに繊細な色の違いを楽しむ文化が発展したこと、社会的に細かな色の区分が必要になっていったことから日本語の分化が進みました。黄緑から青緑まで色の範囲がとても広い緑色はたくさんの色名がある一方で、そんな昔の名残を感じることができる色でもあるのです。
a6c74b5a37b33c5b37268c1599c8ec57_m

今年のトレンド、グリーナリー

流行色は2年前に決まっていることを知っていますか?
実は、実際のシーズンの2年前にインターカラー(国際流行色委員会:2016年現在加盟16カ国)によって各国が持ち寄った色の中から流行色の選定が行われるのです。
ファッションだけでなく、インテリア、プロダクトなどあらゆる分野で商品開発やプロモーションにこの流行色が仕掛けられているのです。
そして、今年2017年“カラー・オブ・イヤー”(今年の色)として発表されているのが「グリーナリー」(新緑のような黄緑)です。
不安定な政治、社会情勢の中で人々に安心をもたらし、希望、再生、エネルギーの象徴である緑がまさに今年の色なのです。2017年春夏のコレクションでは緑のドレスでランウェイを歩くモデルたちの姿が多く見られましたよ。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_m
自然のカラーを象徴する色でもある「緑色」。
緑色がそばにあるだけで、心までをも癒してしまう効果があるのはグリーンならではなのかもしれませんね。

記事/大原智子
14463750_1178843135527054_1430710356_n
株式会社brilliant-style 代表
カラーコンサルタント
個人クライアントに向けた色彩を活用したパーソナルブランディング、イメージコンサルティングの他、法人向け色彩教育、研修事業、色彩マーケティング、色彩設計提案などを行う。
また、大学、専門学校など教育機関にて色彩教育に従事する傍ら、講座・研修企画から教材開発などを手掛ける。
近年は、色彩事業のほか地方地域活性などにも目を向け、農家の生産品支援も行う。
ホームページ

Pocket

コメント

  1. Elyza より:

    Uncovered your write-up quite faaiinstcng certainly. I definitely enjoyed studying it and you simply make very some very good details. I will bookmark this website for your long term! Relly fantastic article.

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』