得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.02.08

バレンタインデーが命日!?『そもそもバレンタインとはなんだろう』

Pocket

そろそろ街中が甘い香りに包まれる『バレンタインデー』が近づいてきました。かつては”女性が男性へ愛を告白する大切な日”という大人のためのイベントでしたが、最近では小さな子どもたちの間にもバレンタインは根付いてきています。女の子同士でチョコレートやお菓子を交換する『友チョコ』も、すっかり定着してきましたよね。女の子のママたちは、お菓子作りやラッピング作業で大忙しなのではないでしょうか?

『バレンタインデー』の由来

わが家の子どもたちにとっても、2月14日は「大好きなお菓子を交換してたくさん食べられる日!」なんて認識しかないようですが、そもそもバレンタインはどうしてできたのでしょう?「菓子メーカーの陰謀だよ!」などと冗談めかして話していた記憶はありますが……よく考えてみると本当の由来を知りません。

やはり、季節を通じて様々な行事を大切にしたい、そしてその由来もしっかりと子どもたちに伝えていきたいもの。そこで、私自身も勉強するために、学研ゼミの「学研デジタル百科事典+(プラス)」で『バレンタイン』について調べてみました。すると、驚くべき事実が発覚!
スクリーンショット 2017-01-31 10.47.16

時は今から2000年ほど前、地中海周辺に広い領土を持っていたローマ帝国の頃のこと。皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残していると戦争に力が注げない、兵士たちの士気が下がってしまうとの理由で、戦争に出向く兵士たちの結婚を禁じていました。このやり方に反対し、内緒で兵士たちの結婚式を行っていたのが、キリスト教の司祭バレンタイン。その様子を知った皇帝は怒り狂い、バレンタインは処刑されてしまいました。
その処刑された日が2月14日。キリスト教徒は、バレンタインを聖人として敬い、死刑になった日を記念日としました。つまり、バレンタインという人物の命日がバレンタインデーの由来だったというわけです。

当初は親子でカードを贈り合っていた

photo2 のコピー
では、はじめから女性がチョコレートを贈るイベントだったかというと、そうではありません。当初は、親子が愛と感謝の気持ちをカードに書き記し、贈り物と一緒に交換しあっていたようです。それが次第に、男女問わず、想いを寄せる人に花やカード、チョコレートなどを贈るようになったのだとか。
スクリーンショット 2017-02-06 11.59.19
そして日本にもバレンタインの習慣が伝わってきました。きっかけは、あるチョコレートメーカーが出した広告とキャンペーンだったといわれています。1970年代には、「女性から男性へチョコレートを渡し、愛を伝えましょう」という現在のバレンタインが定着したようですよ。

初心にかえって、今年はカードを渡そう!

手作りにしようか、ちょっと高級なチョコレートを買おうか……毎年のことなので、どうしても「何をあげるか」ということばかり考えてしまいますが、せっかくバレンタインデーの由来について知ることができたので、今年は初心にかえってみましょう。
チョコレートはあくまでも付属品。メインは、想いをのせたカードです。今年のバレンタインは、愛する子どもたちへ、そしてパートナーへ、普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちをカードや手紙にしたためてみませんか?きっと、贈る側にとっても受け取った側にとっても、いつも以上に心に残る一日になるでしょうね。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』