作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.02.24

子どもと一緒に作りたい『桃の節句』にうれしい巻き寿司レシピ

Pocket

弥生3月ひな祭り。今、ママになって女のお子さんの子育てをしている方々には、「今年のひな祭り」どうしてあげようかな?と考えている時期ではないでしょうか?キャラ弁作りはちょっと苦手なママでもできる『桃の節句』向けレシピ、試してみませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャラ弁に挑戦すると「無理しないで」と言われる不器用ママ

毎日のご飯作り。味はそこそこだと思っているのですが、どうも見た目が悪い。不器用なんです、私。たまの遠足時に張り切って早起きして挑戦したキャラ弁(もどき)を見て、帰宅した娘はこう言いました「ママ、無理しないでいいよ。いつものでいいからね。」と。そんな訳なので、毎度の「桃の節句」も少しでも可愛らしいようにと、牛乳パックを切って作った菱形の型にチラシ寿司を詰めて「菱餅」のようにお皿に乗せて出してみたりして、なんとか体裁を保っておりました。が、昨年一念発起!「ママ、すごい!」と名誉挽回できた「飾り巻き寿司」レシピをご紹介します。

桃の花の飾り巻き寿司

写真2 のコピー

材料

すし飯(白):120g
すし飯(ピンク):125g(すし飯100gにおぼろ25g混ぜておく)
海苔:全形 1枚、1/3形を6枚
チーズかまぼこ:1本
野沢菜:長さ10cmを5本
白ごま:お好みで

手にすし飯がくっつかないようにするため、手洗い用に水を入れたボール
巻きす2つ
濡れ布巾:すし飯が乾かないように被せる分と、包丁を濡らす用を準備
包丁

作り方

1. ピンクのすし飯を25gずつ、5つに分ける。
2. 1/3に切った海苔の上にピンクのすし飯を均等な厚さになるように敷きつめていく。すし飯を乗せる時は、海苔の中心にボールのようにしたすし飯を乗せ、そこから少しずつ広げていくと上手に敷き詰めることができます。5つとも同じ細さで巻けるように、海苔の上にすし飯を乗せる幅が同じになるように注意しながら、5本の細巻きを作る。しっかりきつめに巻いたら、コロコロ転がして綺麗な筒状に整える。
3. 巻きすの上で、チーズかまぼこを中心に、②で作った5本の細巻きが花びらになるように重ねて行く。花びらの外側の隙間には野沢菜が挟まるように転がしながら成型する。
4. もう1つの巻きすの上で、海苔全形と1/3形をつなぎ、縦長にした状態で、手前は隙間を開けず、奥側は5cmほど開けて、すし飯(白)120gを厚さが均等になるように敷き詰めていく。お好みですし飯の上に胡麻をふりかける。
5. ②で作った花を④の中央に乗せて、花の両側から巻きすで巻いていく。巻ききれない場合は、④にさらに海苔とすし飯を足して延長して巻ききれるようにする。
6. お好みの厚さに包丁で切る。この時、よく切れる包丁で、刃先を十分に湿らせ手前に引くように一気に切ります。巻き寿司の中央から切り始めた方が切りやすいです。一回包丁を入れるごとに、必ず包丁についたすし飯を濡れ布巾でぬぐいとり、再度十分に湿らせておくことが綺麗に切るコツです。

分量さえ準備してあげれば、お子さんでも作ることができますので、一緒に楽しみながら作ってみてくださいね!不器用ママ家では、お花見や運動会でも活躍するレシピとなっています!

飾り巻き寿司をInstagramでチェック

この写真、不器用ママが挑戦した際の実物写真なのですが、実はちゃんと「飾り巻き寿司インストラクター」という資格を持った先生に教わって作ったものなのです。おひなさまの飾り巻き寿司の方は。。。ちょっと難しくて、その後挫折してしまいました。Instagramで「#飾り巻き寿司」と検索してみると、色々とかわいらしいお寿司が探せます。見ているだけでも楽しめますね。

スクリーンショット 2017-01-31 12.54.18(引用:Instagram
学研ゼミのInstagramでは毎月違ったテーマでキャンペーンを実施しています。ハッシュタグをつけて投稿してキャンペーンに参加してみると、日々の子どもとの暮らしがもっと楽しくなるかもしれませんよ。ハッシュタグ「 #学研ゼミ」で投稿して、子どもとのまなびある暮らしを共有してみませんか?

<学研ゼミInstagramキャンペーン>
・2/20〜3/6 「#学研の小さな春 キャンペーン」
・3/13〜3/20 「#学研のひなまつり キャンペーン」
学研ゼミInstagram

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』