得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.02.10

自分だけの『チャームポイントを生かしたナチュラルメイク』

Pocket

時代が変化するとともに、同じように変化するのが女性のメイク。
ファッションのようにトレンドなどがありますが、今の時代はどんなメイクがしっくりくるのでしょう。自分のチャームポイントを生かすメイクとは、どんなメイクなのでしょう。

自分だけのメイク

その人が持つ美しい部分を生かしたい。私はつねにそう思いながらメイクの仕事をしている。

いわゆるナチュラルメイクがはやり出してからもうずいぶん経つ。女性誌の撮影でもつけまつ毛が必須で、目元をかなり強調するアイメイクをしていた頃が懐かしい。

気がつけば長いナチュラルメイク期だけれど、つねに変化していくのがメイクの世界でもある。ただ単に雑誌に載っているメイクをまねるのではなく、自分の個性をうまく生かした、自分だけのナチュラルメイク。これが今のナチュラルメイクの“正解”だ。そんなメイクは、他人から見てもしっくりしてこなれ感があるから好感度が高い。

やればやるだけ身に付く

メイクでいうところの「個性」は、その人をより自分らしくすてきに見せてくれる「チャームポイント」のこと。

ところが、チャームポイントを生かしたナチュラルメイクを手に入れるのはそう簡単ではない。自分の特徴をよく把握して、生かすところと頑張らないところを見極めることが必要だから、たった1回のメイクではとても答えは見つからない。毎日毎日、コツコツと繰り返していく中で見つけ出していくものなのだ。メイクはある意味でスポーツみたいなもの。やればやるだけ身に付くのだと思う。
8bed473836ed0a6a69668b5151c3621b-540x540(Photo by MARIA)

チャームポイントはできれば自分自身で発見してほしいけれど、一つポイントを伝えられるとしたら「メイクに時間をかけなくても済むパーツ」のこと。

「アイラインはいらないかも」と思う人は、きっとくっきりとした目がチャームポイント。「まゆをほとんど描いていない」という人なら、自然でフサフサした太まゆ。「ファンデーションは薄く塗るだけでいい」という人は、肌トラブルのない美しい肌。誰にだってチャームポイントは必ずある。

主役を引き立てる

チャームポイントが見つかったらそこが主役になるよう、ほかの部分のメイクを加減していく。チャームポイントは素材自体が美しい部分なので、そこまで手を掛けなくても大丈夫。と言っても何もしないという意味ではなく、過剰に盛らずに引き立たせることが大事。

肌がチャームポイントなら、ファンデーションは薄くナチュラルにツヤを意識して仕上げる。発色のいいオレンジのチークを広めに入れれば、フレッシュな印象に。長さの出るマスカラを使えば、目元にインパクトも出る。

まゆがチャームポイントなら、まゆマスカラでラフに仕上げてほしい。アイラインはきちんと入れて目元の印象をアップさせる。リップはトレンドの赤系を指でラフになじませると、抜け感があっておしゃれな雰囲気に仕上がる。

その人の内面が見えなくなってしまうようなメイクは、今の時代、失敗だろう。チャームポイントメイクは、本人の内面の美しさが感じられ、自然体でリラックス感があり、見ている人を幸せにする。

(ライター/長井 かおり)
(キービジュアルPhoto by MARIA)

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』