作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

目次

Pocket

一年を通じて食されている長ねぎですが、寒さで甘みが増した長ねぎはとても美味しいですよね。お鍋の具材としてそのまま食べたり、生姜などと並んで薬味として食べたり、風邪の民間療法として首に巻いたりして活用することが知られています。
そんな長ねぎをつかった基本のレシピ、アレンジレシピをご紹介します。
甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』が並んでいる様子

長ねぎの栄養と保管方法―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』生の長ねぎ
長ねぎの90%は水分で栄養価としてはさほど高くないものの、長ねぎに含まれている「アリシン」という成分が、健康効果を高めてくれる働きをしています。例えば、豚肉などに含まれるビタミンB1の吸収を高め疲労回復効果が期待できたり、胃腸の働きを高めて消化機能を促進してくれる働きがあるんですよ。
長ねぎは乾燥すると鮮度と栄養価が落ちやすいので、購入したら湿らせた新聞紙にくるみ、ビニール袋などに入れて涼しい場所でなるべく立てて保存してあげましょう。使いかけのものはラップでぴったり巻いて保存しましょうね。

【基本】長ねぎの照り焼き―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎの照り焼き
長ねぎの甘さと旨味を味わうには、シンプルに長ねぎオンリーで焼いていただきます。甘辛いちょっと濃いめの照り焼き味にすることで、お弁当にしても立派なおかずの一皿になりますよ。

【材料】長ねぎの照り焼き(2人前・2日分)―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎの照り焼き材料
・ 長ねぎ 1束(3本くらい)
・ ごま油 大さじ1

[調味料]
・ 醤油 大さじ1
・ みりん 大さじ1
・ 砂糖 小さじ1

【作り方】長ねぎの照り焼き―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎの照り焼きを焼いている
【1】 長ねぎの白い部分を5cmくらいの輪切りにする
【2】 フライパンにごま油を入れて熱し、【1】を焼く
【3】 あまり動かさないようにし、菜箸で転がすように焼き色をつける
【4】 合わせておいた調味料を全て入れ、煮汁を飛ばすように全体に絡めながら炒め飛ばす

【ポイント】長ねぎの照り焼き―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』焼き目をつける
・焼くときはあまり動かさず、じっくり焼きましょう。

長ねぎの照り焼きをつかってアレンジレシピ〔1〕
ごはんとの組み合わせは最強! 〜ねぎ味噌〜『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』ねぎ味噌
ちょっと作りすぎてしまったら、ごはんのお供にぴったりな甘めの味噌味に変化させてしまいましょう。お肉と味噌を加えたら旨味が増して、もっとごはんを美味しく食べられます。おむすびの具材としてもおすすめですよ。

【材料】ねぎ味噌(2人前・2日分)―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』ねぎ味噌材料
【基本】長ねぎの照り焼き 1人前
・ 鶏ひき肉 100g
・ 長ねぎの青い部分 1束分(3本分くらい)
・ 生姜 1片
・ にんにく 1片
・ いりごま 適量
・ ごま油 大さじ1

[調味料]
・ 味噌 大さじ2
・ 砂糖 大さじ1
・ みりん 大さじ1

【作り方】ねぎ味噌―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』ねぎ味噌を作っているところ
【1】 長ねぎの青い部分は小口切りにしておき、生姜・にんにくはみじんぎりにしておく
【2】 【基本】長ねぎの照り焼きは細かく刻んでおく
【3】 フライパンに油を入れ熱し、【1】を炒める
【4】 鶏ひき肉を入れ、ほぐしながら色が変わるまで炒めたら、あわせておいた[調味料]と【2】を入れ全体に絡むよう炒める

【ポイント】ねぎ味噌―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

・ 鶏ひき肉でなくても豚ひき肉でもOKです。豚肉の方がビタミンB1の含有率が高いため、疲労回復効果を期待できます。その場合は、炒めると豚ひき肉から脂が出るため、材料の炒め油の量を減らすと良いでしょう。

長ねぎの照り焼きををつかってアレンジレシピ〔2〕
さっぱりと副菜の一皿に 〜長ねぎと鶏肉のゴマ酢和え〜『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎと鶏肉のゴマ和え
あらかじめ照り焼きに味が付いているので、ゆで鶏と調味料をあわせるだけでできるお手軽レシピ。酢を加えることでさっぱりと、たっぷりのごまで味わい深くアレンジし、また違ったお料理としていただける一皿です。

【材料】長ねぎと鶏肉のゴマ酢和え(2人前)―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎと鶏肉のゴマ和え材料
【基本】長ねぎの照り焼き 1人前
・ 鶏ムネ肉 100g
・ 塩(ゆでる用) 小さじ1
・ 砂糖(ゆでる用) 小さじ1
・ 水(ゆでる用) 500ml 

[調味料]
・ すりごま 大さじ2
・ 酢 大さじ1

【作り方】長ねぎと鶏肉のゴマ酢和え―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』長ねぎと鶏肉のゴマ和えを作っているところ
【1】 小鍋にゆでる用の水・塩・砂糖を入れ湯をわかし、鶏ムネ肉をゆでてゆで鶏をつくる
【2】 【1】を弱火で7〜8分ゆで、湯の中でそのまま冷ましておく
【3】 冷めたらキッチンペーパーで水気を取り、手で割いておく
【4】 ボウルに[調味料]を合わせ、【3】をいれ全体をなじませたら、縦半分に切った【基本】長ねぎの照り焼きを入れ、全体を和える

【ポイント】長ねぎと鶏肉のゴマ酢和え―『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』鶏肉を茹でているところ
・ 茹で汁の中に砂糖をいれると砂糖の保水性で鶏肉をしっとりさせてくれます
・ 鶏肉を湯の中で冷ますことにより、鶏肉をしっとりさせます。
・ まとめてゆで鶏をつくっておき保存しておくといろんなお料理に使えて便利です。

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

その他のおすすめ記事

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

冬こそ美味しい『ほうれん草』をつかった作り置きおかず

冬こそ美味しい『ほうれん草』をつかった作り置きおかず

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜』をつかった作り置きおかず

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜』をつかった作り置きおかず

Pocket

コメント

  1. ねこみみ より:

    わたしの住んでいる千葉県白子町は長ネギと玉ねぎの産地です。町民はネギに愛着をもってます!
    秋から冬にかけては、美味しい長ネギが採れ
    春先は玉ねぎが採れます。
    Ozmallで
    長ネギの照焼きレシピを見て作ってみました。長ネギとごま油の相性って、とってもいいですね。ごま油の味で、長ネギの臭みや辛味がなくなってました。
    炒め汁に豆板醤を入れ牛肉と炒めました。ご飯の上に、長ネギの照焼きと牛肉炒めをのせてお弁当の出来上がり。
    お弁当時間が待ち通しいです。

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

2017.06.02

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

編集部おすすめ記事

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

2017.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』