得するコト得するコト
まめ知識 2017.02.09

大人こそ要注意!? ある日突然起こるかも『食物アレルギーのコト』


最近、食物アレルギーをもつ子どもが増えているそうです。
アレルギーをもっているのは子どもだけではありません。割合としては少ないものの、大人の食物アレルギーもありますね。
そんな食物アレルギーについて、少し知識を深めてみましょう。

大人が発症すると完治しない可能性が高い、食物アレルギー

食物アレルギーは、食べ物に含まれるタンパク質を、身体がなんらかの理由で異物だと認識し、かゆみ、蕁麻疹、咳、嘔吐、下痢、呼吸困難などが引き起こされることを指す。発症は6歳以下が80%を占め、多くは消化機能が発達するとともに治っていくが、大人でも突然発症するケースがある。発症の確率は、乳児は10人に1人、3歳児は20人に1人、成人では100人に1人の割合といわれている(※1)。子どもの場合、3大アレルゲンと呼ばれる鶏卵、乳、小麦で起こることが多いが、大人は野菜や果物、小麦や蕎麦、甲殻類などで起こる傾向がある。発症する年齢が遅いほど治りにくく、大人の食品アレルギーは一度かかると完治しない可能性が高い。

アレルギーのタイプは4つ

食物アレルギーはおもに、乳児や子どもが発症するケースが多く、そのタイプはさまざまで、それぞれ特徴が異なる。例えば、

新生児・乳児消化管アレルギー

牛乳が原因で新生児によく見られる。症状は嘔吐、下痢、血便など。

乳児アトピー性皮膚炎

乳児のアトピー性皮膚炎は食物アレルギーが関係することが多い。治療しても完治しない湿疹が出るが、成長すると治まる傾向にある。

即時型

食べた直後に皮膚のかゆみ、蕁麻疹、咳、下痢、嘔吐などが起こる。呼吸困難や血圧低下に陥るアナフィラキシーショックでは、最悪の場合、死に至るケースもある。食べてから数時間、数日後に症状が出る遅延型もアレルギーにはあるが、食物アレルギーの分野では因果関係がはっきりしないケースが多い。

特殊型

ひとつは「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」で、原因の食べ物を食べたあと、運動するとアレルギーが出る。もうひとつは「口腔アレルギー症候群」で、花粉症の大人に多い。果物や野菜を食べたあとに口のなかがかゆくなったり、腫れたりする。原因である野菜、果物と関係する花粉に反応して起こる。
a16d3f893aa2202a51892f89bcdc6062_m

治療法と予防法は?

血液検査、皮膚テスト、問診などを行う。最近では、原因の食べ物を1~2週間除去し、症状が治まるのを確認したのち、またその原因である食べ物を食べることを一定期間繰り返す経口負荷試験がなされることもある。この試験結果をもとに、アレルギーを起こす食べ物の摂取量を徐々に増やし、耐性を作る経口免疫療法へと進む。患者のストレスや生死にかかわる治療となるため、専門医師の適正な判断が必要だ。
日常では、原因になる食べ物の排除が原則であり、突然の症状に対応する目的で、自己注射薬が処方される場合もある。食品表示には、「マヨネーズ」とだけ書かれていても、その材料である卵や乳製品などにも気をつけなくてはならない。食品表示法で表示が義務づけられている食品は、卵、乳、小麦、エビ、カニ、そば、落花生の7品目。表示が奨励されているのはアワビ、イカ、イクラ、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、クルミ、ゴマ、サケ、サバ、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、マツタケ、桃、山芋、りんご、ゼラチン の20品目だ。
食後のかゆみや下痢など、ちょっとした症状を見過ごさず、早めに専門医を訪ねること。また、花粉症の人は食品アレルギーも起こしやすい傾向がわかってきているので、花粉だけでなく、食べ物への注意も必要だ。
※1 『食物アレルギーを知っておいしく食べよう』日本アレルギー協会

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ


コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.02.26

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツ』をつかった作りおきおかず

2017.02.25

色を暮らしに活用しよう『幸福と平和の象徴カラー”青色”がもつ秘密ゴト』

2017.02.24

楽しく食べていますか?『食べ物への不安とうまく付き合うには』

2017.02.19

手づくり粕床で粕漬けを『鰆』をつかった作りおきおかず

2017.02.13

大豆でつくる『麹フムス』

2017.02.12

女性に嬉しい効果も『小豆』をつかった作りおきおかず

2017.02.12

見逃さないで! 食べ歩きは『ママへのメッセージ』

2017.02.11

100人100色―育児と両立しながら、お客様の人生に寄り添っていく仕事を。ー成川由理さんのお話し

2017.02.09

食欲がない時は梅干しパワーを『梅干しと生姜の炊き込みご飯』

2017.02.08

100人100色ー高松移住後にはじめた料理教室が大人気に! 食への関心を深めたきっかけは、大病を患ったことー笠原奈津美さんのお話し

編集部おすすめ記事

2017.02.22

【Instagram企画】ファッションをもっと楽しく『#エアクロやってみたい』で投稿しよう

2017.02.21

『梶ヶ谷』の魅力を知る旅 〜店と人が繋がり集う場所づくり『シラハト商店』〜

2017.02.20

【Instagram企画】#学研の小さな春 で見つけた春を投稿しよう

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.02.10

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

2017.02.09

【発表】Instagram企画『#学研のお正月 で投稿しよう』

2017.02.02

【Instagram企画】大好きおうちの暮らし『#わたしの部屋のここが好き』で投稿しよう

2017.01.31

暮らしの歳時記を知るコト『新年のはじまり、立春』

2017.01.30

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩』の原材料とは

2017.01.27

名古屋で自然のいきものを満喫!『子どももママも楽しい東山動植物園&名古屋港水族館ドライブ』