知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

取材 2017.02.17

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの冬の最後の厳しさを感じる今聞きたい一曲『Inner Space』~

Pocket

何の変哲もない日常の風景。
誰かに話すまでもないけれど、湧いては消えていくふと思い浮かぶ気持ち。

「ケミカルボリューム」の音楽は、そんな何気ない毎日の瞬間を切り取って、すこし特別なものに変えてくれる不思議な力を持っています。

とある地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝日で曲作りをしている、ユニークなライフスタイルの宅録ユニット、通称≪ケミボ≫。
日々を大切にしながら、その日々の中の気づきを形にし続ける彼ら。そんな彼らの手から生まれる楽曲のバックグラウンドを知ると、ケミボの本質が見えてくるかもしれません。
今回ご紹介する一曲『Inner Space』。どんな想いからできた曲なのでしょうか。

 

自分を許し、受け入れ、自分と繋がる。世界で一番の味方の自分自身と繋がる。

自問自答。

何度繰り返したでしょう。答えなんてないって知ってるのに、それでも答えが欲しくて自問自答。ひどく焦ってた気がします。

深く自分に入り込んだつもりでいても、結局浅いところにいたり。
欲しかったのは答えじゃなくて安心だったんだと気付きました。

何が不安だったんだろう?きっと何が不安かすら分からないことが不安だったんでしょう。

p_p4ngz5cb4-aga-putra

そんな時に一冊の本と出合いました。
タイトルは大人の事情がありそうだから記載しませんが、その中で人間は相手の正体が見えない状態が不安を膨らませると書いてありました。仮に敵がいたとして、相手のことをはっきり認識できれば対策を考えることが出来ます。勝ち目がないなら逃げることも考えられます。相手が誰で、どこにいて、どんな力を持っていて、自分にとってどういう存在なのか。それを明確にすることで不安は薄れていくということを教わりました。
自分の内側の声を聴いてあげましょう。

どんな自分もやっぱり自分だから、認めて受け入れて許してあげながら。きっといつでも一番の味方は自分自身。信じてあげたいですね。

「君」という「僕」へ。大きく深呼吸して、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んだら、また会いに行くよ。

 

Inner Space

 

この場所から 測れないほど 遠く 近く

外側でも 内側でもない この小宇宙

そこに隠れてる理由はどんなだい?

震えて動けないなら

まだ知らない「君」という「僕」の場所は 遥か深いよ 会いにいくよ

光の届かない 闇のその先へ 手を伸ばすよ

 

君の声を聞かせてくれないか? 大抵のことは

聞いてあげるよ 君の好きなもの 知っているから

そろそろここまで浮上しないか?

迎えに行くからさ

まだ知らない「君」という「僕」の場所は 遥か深いよ 会いにいくよ

息が続くのか 分からないけど そこで手を伸ばして

 

自我の目覚めた その瞬間から いつも僕のそばにいるの?

いつも感じていた 「君」と今UNISONを 重ね歌うよ 会いにいくよ

ocwmwinawgs-jake-givens

いっぱいいっぱいもがいてきた。
本当に戦うべき相手は別にいたのに、いつもそれと向き合うことを無意識の中で恐れ、表面上に敵を作り上げ、たくさん戦ってきた。
でも、それじゃ行きたい場所にはいけないとある時腹をくくった。
そうして、一つ一つ扉を開け、殻を剥がしていくと、そこにいたのは戦うべき相手ではなく、許し、愛すべき自分自身がいた。
私たちはいつだって怖がりだ。でも、その恐怖と向き合うことでしか出会えない自分自身があなたの中にもいる。必ず。
そして、向き合うことで手をつないだ自分自身としか行けない場所がある。
この曲はそんなことを思わせてくれました。

—————————————————
Chemical Volume / Inner space Short Ver/ライフスタイルミュージック


—————————————————

記事・歌詞 / Chemical Volume(ケミカルボリューム)
映像 / 渡邉高章
書 / 愉咲

CMVO_logo_Main のコピー
モットーは「自分たちの力量、環境、機材でできることしかやらない」。
地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝で音楽を作っている宅録ユニット。

公式ホームページ
Faceook
Twitter
ケミボチャンネル(YouTube)

 

header_logo
Unknown

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』