知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2017.02.12

見逃さないで! 食べ歩きは『ママへのメッセージ』

Pocket

やっと歩けるようになった我が子の困ったと思う行動No. 1は、【食べ歩き】というコトをご存知でしょうか。
一口食べては遊びに行き、一口食べては遊びに行き、そして戻ってくる…。お行儀が悪い気もするし、そんな食べ方はいけない気もする…。だけど食べてくれないと、大きくならない、どうしたらいいの…と悩んでるママもいらっしゃるのでは。
そんな食べ歩きには、いったいどのように対処したらよいのでしょうか?
15722758_1349129098508915_1906231678_n

子どもの脳について

そもそも、子どもの脳は人間の脳になりきっていないため、実は動物的本能が強いのです。
そのため、食べたければ食べる。お腹がいっぱいだったら食べない。というシンプルな本能で生きています。ですから、『12:00だからお昼ご飯を食べよう!』とお腹も空いていないのに食べる事が出来るのは、私たち大人だけなのです。
子どもにとっては、ごはんの時間ということよりも、お腹が空いているか?ということが、ごはんを食べるうえで最も大事な事なのです。

食べられる量ってどれくらいだろう

子どもの胃は、わたしたち大人の3分の1程度しかなく、その大きさもそれぞれ違います。
大人のわたしたちが、個人個人で食べる量が違うように、子ども食べられる量が違います。

これらのコトをふまえて、子どもにごはんをあげることの鉄則は、
「子どもの適量・適時間をみつけて、ごはんをあげること!」
ではないでしょうか。
消化スピードもそれぞれですから、2時間でお腹がすく子もいれば、4時間もつ子もいるのです。
606b6f7f9585f2e885132d8fdabd032a_m

子どもはサインを出していた

食べ歩きをした時は、もうお腹いっぱいのサイン!ということなのです。
戻ってきて食べてるいるのは、実はママとの遊びになっているだけなので、食べ歩きしそうになったら、例えたったの一口しか食べなかったとしても、ごちそうさまをして、ごはんをさげてしまいましょう。
このような事をルール化していくと、食べ歩く→ごはんがなくなってしまう!と脳が学びますので、食べたい時は、ちゃんと座っていられるようになるそうです。
遊びに行った後にまた、食べたい!と言って来たら、もう一度座って『いただきます』をして、また歩くようなら、『ごちそうさま』をする。
とても面倒くさい事のように思えますが、繰り返し行いルールをつくってあげると、いつまでも食べ歩くということは無くなるかもしれません。

本能でお腹が空いている時に食べる時間がぴったり合うと、ものすごい勢いでごはんを食べてくれるので我が子の適量、適時間をみつけて楽しい食事タイムを過ごしましょうね。

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』