知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2017.02.12

見逃さないで! 食べ歩きは『ママへのメッセージ』

Pocket

やっと歩けるようになった我が子の困ったと思う行動No. 1は、【食べ歩き】というコトをご存知でしょうか。
一口食べては遊びに行き、一口食べては遊びに行き、そして戻ってくる…。お行儀が悪い気もするし、そんな食べ方はいけない気もする…。だけど食べてくれないと、大きくならない、どうしたらいいの…と悩んでるママもいらっしゃるのでは。
そんな食べ歩きには、いったいどのように対処したらよいのでしょうか?
15722758_1349129098508915_1906231678_n

子どもの脳について

そもそも、子どもの脳は人間の脳になりきっていないため、実は動物的本能が強いのです。
そのため、食べたければ食べる。お腹がいっぱいだったら食べない。というシンプルな本能で生きています。ですから、『12:00だからお昼ご飯を食べよう!』とお腹も空いていないのに食べる事が出来るのは、私たち大人だけなのです。
子どもにとっては、ごはんの時間ということよりも、お腹が空いているか?ということが、ごはんを食べるうえで最も大事な事なのです。

食べられる量ってどれくらいだろう

子どもの胃は、わたしたち大人の3分の1程度しかなく、その大きさもそれぞれ違います。
大人のわたしたちが、個人個人で食べる量が違うように、子ども食べられる量が違います。

これらのコトをふまえて、子どもにごはんをあげることの鉄則は、
「子どもの適量・適時間をみつけて、ごはんをあげること!」
ではないでしょうか。
消化スピードもそれぞれですから、2時間でお腹がすく子もいれば、4時間もつ子もいるのです。
606b6f7f9585f2e885132d8fdabd032a_m

子どもはサインを出していた

食べ歩きをした時は、もうお腹いっぱいのサイン!ということなのです。
戻ってきて食べてるいるのは、実はママとの遊びになっているだけなので、食べ歩きしそうになったら、例えたったの一口しか食べなかったとしても、ごちそうさまをして、ごはんをさげてしまいましょう。
このような事をルール化していくと、食べ歩く→ごはんがなくなってしまう!と脳が学びますので、食べたい時は、ちゃんと座っていられるようになるそうです。
遊びに行った後にまた、食べたい!と言って来たら、もう一度座って『いただきます』をして、また歩くようなら、『ごちそうさま』をする。
とても面倒くさい事のように思えますが、繰り返し行いルールをつくってあげると、いつまでも食べ歩くということは無くなるかもしれません。

本能でお腹が空いている時に食べる時間がぴったり合うと、ものすごい勢いでごはんを食べてくれるので我が子の適量、適時間をみつけて楽しい食事タイムを過ごしましょうね。

記事/ギフト教育ラボ
乳幼児教育アドバイザー 元吉祐里
ギフト教育ラボロゴ
ギフト教育ラボでは、発達段階に合わせた幼児教育を行うことで、お子様が個々に持っている可能性や才能を引き出す取り組みを行っています。人間の脳は3歳までに約8割が完成すると考えられているため、
乳幼児期にギフトの科学的根拠を持ったトレーニング法を行うことで、個々の能力を大きく高めることができるのです。

ファミリー教室ギフト
ギフト教育ラボHP

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』