作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.03

レンジで簡単!!雑穀を使って『古代米の桜餅』

Pocket

今年は雑穀を使って穀物の自然な甘みを生かした桜餅はいかがでしょう。
ピンク色の色鮮やかな桜餅も良いですが、今回は古代米の黒米の色を使ってヘルシーに。
黄色がかわいいもちきびも使ってこくのある雑穀の美味しさを味わいましょう。
電子レンジを利用して簡単に柔らかいもちもちの美味しい桜餅が出来上がります。
もち米から作るとお米の香りがしっかりとして穀物の自然の甘みと香りを感じることが出来ますよ。

材料10個分

<古代米の桜餅>
・もち米            1カップ
・黒米             小さじ1と1/2
・もちきび           小さじ1と1/2
・水              200ml
・きび砂糖           大さじ3
・こしあん           150g
・桜葉の塩漬け         10枚

作り方

1.もち米と黒米をあわせて洗って、たっぷりの水で2時間ほど浸水しておく。
IMG_7053_1
2.1.の水気を切り、手で握って半分ほど米粒を砕く。
IMG_7055_1
3.もちきびは茶こしに入れて洗っておく。
IMG_7054_1
4.耐熱ガラスのボウルに2.と3.と分量の半分の水(100ml)を入れてラップをして600Wの電子レンジで10分加熱する。
IMG_7058_1
5.ボウルを取り出しゴムベラで混ぜ合わせ、残りの水(100ml)を入れてラップをして600Wで5分加熱し、ゴムベラで混ぜ合わせてからラップをして10分蒸らす。
IMG_7069_
6.5.にきび砂糖を加えて混ぜ合わせ、10等分にする。
IMG_7073_1
7.こしあんを10等分して丸めておく。
IMG_7075_1
8.手のひらに6.の生地を乗せて平たくつぶし、真ん中に6.のあんを乗せて包む。
IMG_7077_1
9.桜の葉の塩漬けを手のひらに乗せ、上に8.を乗せてくるむ。
IMG_7228_1

≪保存期間≫ 当日中

ポイント

・電子レンジの加熱はむらができやすいので、途中で混ぜ合わせて様子を見ながら行って下さい。
・もち米はしっかり浸水すると手で握ると簡単に崩れます。お好みの具合に潰して下さい。
・道明寺生地を触る時には「ねき水(水と砂糖を1:1の同割で沸かし冷ましたもの)」を手に付けると、生地がくっつきにくく、日保ちが良くなります。
・生地の甘味はお好みのもので。メープルシロップ、ココナッツシュガーを使ってもおいしくできます。

雑穀の効能

・黒米(古代米)・・・5分づきにすると米が紫色になるため「紫米(紫黒米)」ともいわれ、ほとんどがもち種です。古来中国では宮廷献上米として用いられており、楊貴妃も美容食として愛用していたとされます。また、薬膳料理にも使われることから、「薬米」とも呼ばれます。香りが強く、自然の甘味があります。
栄養成分は白米と比較すると食物繊維約7倍、カルシウム約4倍、マグネシウム約5倍、カリウム約7倍、ビタミンB1約4倍。
黒米の色素であるアントシアニン(ポリフェノールの1種)は、血管を保護して動脈硬化を予防し、抗酸化作用があるといわれています。
・もちきび・・・粒はアワよりやや大きく種類により外観は黄色、白色、褐色があり、卵のようなコクのある味で、きびだんごに使われています。
栄養成分は白米と比較して、食物繊維約3倍、カルシウム約2倍、マグネシウム約4倍、鉄分約3倍、カリウム約2倍。
きびたんぱくには善玉コレステロールである血中の高密度リポタンパク質(HDL-コレステロール)の値を高める効果があると言われています。
雑穀を食べることで白米に足りないビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することが出来ます。
粒が小さい雑穀は加熱時間も短く、浸水しなくても食べられますので、気軽に毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

2017.04.27

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2017.04.26

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2017.04.24

体をいたわる毎日に『肩をやわらかくする簡単マッサージ』

2017.04.18

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

2017.04.17

ノンフライでここまでおいしい!時間が経ってもサクサク食感『サーモンフライ豆腐タルタル添え』

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.04.15

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

2017.04.14

相手を労わる思いやる『優しい気持ちになれる魔法のコトバ選び』

2017.04.13

シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』

編集部おすすめ記事

2017.04.28

【Instagram企画】子どもの写真大募集!『学研ゼミイメージキッズフォト』投稿キャンペーン

2017.04.21

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームのかけてゆく春の今聞きたい一曲『僕は幸せを知っている』~

2017.04.10

【Instagram企画】PTA1年生・ママ1年生・公園デビュー1年生もみんな集まれ!『#学研のカッコイイ1年生』で投稿しよう

2017.04.07

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの春が始まる今聞きたい一曲『旅路』~

2017.04.07

家庭訪問に向けての心構え『事前にしておきたいおうちのこと、親子の会話』

2017.04.07

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2017.04.06

ショーツは何タイプ派? 『Tバック』を意識的に履いてみるコト

2017.04.05

日本の暦『全部言えるかな?四月は○月』

2017.04.04

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

2017.04.03

布製の靴や帽子がお水をはじく!『100円ローソクで、防水コーティングDIY』

月間人気ランキング

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

2017.04.02

たった3つの材料で『ふっくらもっちりヘルシー手作りパン』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.04.01

100人100色―「子どもが好き」という気持ちを仕事に。新しい保育の形をめざす保育士―春原裕香さんのお話し

2017.04.09

ハイヒール初心者必見!! 『ヒール靴はこう履くのが疲れない』

2017.04.10

子どもが喜ぶゲーム『エッグハントでイースターを楽しもう!』