作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.03

レンジで簡単!!雑穀を使って『古代米の桜餅』

Pocket

今年は雑穀を使って穀物の自然な甘みを生かした桜餅はいかがでしょう。
ピンク色の色鮮やかな桜餅も良いですが、今回は古代米の黒米の色を使ってヘルシーに。
黄色がかわいいもちきびも使ってこくのある雑穀の美味しさを味わいましょう。
電子レンジを利用して簡単に柔らかいもちもちの美味しい桜餅が出来上がります。
もち米から作るとお米の香りがしっかりとして穀物の自然の甘みと香りを感じることが出来ますよ。

材料10個分

<古代米の桜餅>
・もち米            1カップ
・黒米             小さじ1と1/2
・もちきび           小さじ1と1/2
・水              200ml
・きび砂糖           大さじ3
・こしあん           150g
・桜葉の塩漬け         10枚

作り方

1.もち米と黒米をあわせて洗って、たっぷりの水で2時間ほど浸水しておく。
IMG_7053_1
2.1.の水気を切り、手で握って半分ほど米粒を砕く。
IMG_7055_1
3.もちきびは茶こしに入れて洗っておく。
IMG_7054_1
4.耐熱ガラスのボウルに2.と3.と分量の半分の水(100ml)を入れてラップをして600Wの電子レンジで10分加熱する。
IMG_7058_1
5.ボウルを取り出しゴムベラで混ぜ合わせ、残りの水(100ml)を入れてラップをして600Wで5分加熱し、ゴムベラで混ぜ合わせてからラップをして10分蒸らす。
IMG_7069_
6.5.にきび砂糖を加えて混ぜ合わせ、10等分にする。
IMG_7073_1
7.こしあんを10等分して丸めておく。
IMG_7075_1
8.手のひらに6.の生地を乗せて平たくつぶし、真ん中に6.のあんを乗せて包む。
IMG_7077_1
9.桜の葉の塩漬けを手のひらに乗せ、上に8.を乗せてくるむ。
IMG_7228_1

≪保存期間≫ 当日中

ポイント

・電子レンジの加熱はむらができやすいので、途中で混ぜ合わせて様子を見ながら行って下さい。
・もち米はしっかり浸水すると手で握ると簡単に崩れます。お好みの具合に潰して下さい。
・道明寺生地を触る時には「ねき水(水と砂糖を1:1の同割で沸かし冷ましたもの)」を手に付けると、生地がくっつきにくく、日保ちが良くなります。
・生地の甘味はお好みのもので。メープルシロップ、ココナッツシュガーを使ってもおいしくできます。

雑穀の効能

・黒米(古代米)・・・5分づきにすると米が紫色になるため「紫米(紫黒米)」ともいわれ、ほとんどがもち種です。古来中国では宮廷献上米として用いられており、楊貴妃も美容食として愛用していたとされます。また、薬膳料理にも使われることから、「薬米」とも呼ばれます。香りが強く、自然の甘味があります。
栄養成分は白米と比較すると食物繊維約7倍、カルシウム約4倍、マグネシウム約5倍、カリウム約7倍、ビタミンB1約4倍。
黒米の色素であるアントシアニン(ポリフェノールの1種)は、血管を保護して動脈硬化を予防し、抗酸化作用があるといわれています。
・もちきび・・・粒はアワよりやや大きく種類により外観は黄色、白色、褐色があり、卵のようなコクのある味で、きびだんごに使われています。
栄養成分は白米と比較して、食物繊維約3倍、カルシウム約2倍、マグネシウム約4倍、鉄分約3倍、カリウム約2倍。
きびたんぱくには善玉コレステロールである血中の高密度リポタンパク質(HDL-コレステロール)の値を高める効果があると言われています。
雑穀を食べることで白米に足りないビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することが出来ます。
粒が小さい雑穀は加熱時間も短く、浸水しなくても食べられますので、気軽に毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』