知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.03.06

『物を手放すこと』=『心と向き合うこと』

Pocket

数年前から「断捨離」や「ミニマリスト」「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」という言葉がメディアでよく取り上げられるようになりました。そんな影響もあり、片付けることや物を減らすこと、手放すことに興味が湧いた人も多いのではないでしょうか。

さらには表面的な情報を鵜呑みにして、「よし! 私も断捨離だ、ミニマリストだ!」と何でも捨ててしまって失敗し、“リバウンド”したという人も多いのではないかと思いますが、みなさんはいかが?

ヨガに集中できない

私はもともと「持ち物はなるべく少なくしたい」と思っていたのだが、実際に物を減らそうと思ったきっかけはヨガだった。ヨガインストラクターである私は、数年前、スタジオだけでなく家の中でもヨガマットを敷いてヨガの練習をしたいと思ったことが始まりだった。

当時は結婚しておらず、一人暮らし。すっきりとしたスタジオの中では集中して練習できるのに、いろんなものがごちゃごちゃとおいてある自分の部屋では集中して練習できなかった。

目につくたびに「あそこを掃除しなきゃ」とか「あれはそういえば……」と物をきっかけに意識がさまざまなところに飛んでしまい、ヨガどころではなくなることもしばしば。だからとりあえずは目につくところから、大きな机やカーペットなどを手放したのだった。

IMG_0962-540x540(心を整えてヨガをできる環境は大切)

今は夫との二人暮らし。私にとってはヨガに集中して練習できるスペースも大切だけれど、家族と心地よく暮らすことも大切である。家族のものを勝手に捨てたりはしてはいけないが、持ち物の管理や掃除が格段に楽になることもあり、なるべく物を減らして暮らしたいと思っている。

1年間寝かせてみる

私が手放したものでいちばん数が多かったものは、洋服やアクセサリー、バッグや靴など服飾関係のもの。昔アパレルショップではたらいていたこともあったから気づけば多くなっていた。買い物も好きで「かわいい!」と思えばすぐに欲しくなり買ってしまう。お店ではかわいいと思って買ったけれど家に帰ってみるとなんだかイマイチ。持ち合わせの服とも合わない。そうした物たちはタンスの肥やしになってしまっていた。

私はどちらかというと、「もったいない」と思うとなかなか捨てられない性格だ。そんな私が手放すために自分に使った質問がいくつかある。

「それは私にとって本当に必要なもの?」「今必要?」「なぜ必要?」
その質問を使いながら、一つひとつ物と向き合うと捨てられる物が出てくる。一方で「今は必要ないけどいつか使うかも」「必要じゃないけど高かったから捨てられない」という思いが湧いてくることもある。
IMG_5042-540x540

(「本当に必要?」と自分の心に問うてみる)

「いつか使うかも」と思ったものは無理に捨てず、いったん期間を決めて寝かせてみるのもお勧めだ。私は期間を1年と決め、1年間、一度も使いたいと思うことがなかったら手放そうと決めた。

すると「いつか使うかも」と思った物でも「使いたい」と思うことは案外なかった。期間を決めておいたから潔く手放すことができた。

高かった物は、せめてもの気持ちを慰めるためにオークションや古着買い取りを利用した。わずかなおカネにしかならなかったが、また誰かが使ってくれるほうが服もうれしいだろうと、気持ちよく手放すことができた。思い入れのあるものは別だが、高かったからというだけでタンスの肥やしにするほうがもったいない、と今は思う。

ミニマリストの買い物ルール

物を減らすこと、捨てることは本当につらくもあり面倒な作業でもあった。だからこそ残した物たちは、今まで以上に大切にしたいと思うようになった。
一度に物を捨てる作業をしたくないから、買い物をするのにも慎重になった。何か買うときは、「自分が何を持っているのか把握でき、使いこなせて、管理できる分だけ」「一つ買ったら一つ手放す」をルールにしている。
IMG_2704-540x540

(バランスのいい暮らしは、ヨガの教えにも通じる)

たくさん持っている物を厳選していく作業は、より大切なものを選んでいくという作業。なぜそれを選び、何が好きで、どういう暮らしをしたいのかを考えるきっかけにもなる。何を手放すのかは人それぞれ違うはず。大切なのは、物を通して自分の気持ちと向き合うこと、何が大切なのか知ることだ。

ヨガには「執着しない」という教えがある。物を持ちすぎること、逆に減らしすぎること。どちらにも「執着」がある。さじ加減を見極めながら心地いいバランスをとって暮らすことも、ヨガの練習だと思っている。

文/みう
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』