作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.22

子どもも一緒にお手伝い『簡単!お花見弁当』

Pocket

お花見の季節は、レジャーシートとお弁当を持って家族でゆっくり桜を見に行きたいものです。子どもと一緒に手作りお弁当を持っていけば、たとえ近所でも、なんてことのない週末が家族の春の思い出のひとコマになりますね。
お弁当作りはついパターンが決まってきてしまうという声も聞きますが、お花見弁当は、できたらお花見ならではのものがいいですよね。それでいて、手軽に作れて負担のないメニューで子どもも一緒にお手伝いできれば、お弁当づくりから楽しい春イベントになりますよ!
pic1 のコピー

お花見といえば、団子

団子はお花見の定番です。串にささった団子は、上を見上げて花を眺めながら食べるというシーンには、なんとも理にかなった形ですよね。それならば、お弁当にもその形をふんだんに活用したいと思います。お箸いらずのてづかみで食べられるものは、子どもも喜ぶことでしょう。そんな簡単メニューのアイデアをご紹介します。

<ハンバーグの串焼き>

ハンバーグを手づかみで食べられるスタイルにします。ハンバーグは重いため、竹串に刺すと扱いにくいので、半分に折った割り箸2本を持ち手になるように作ります。その割り箸の先に1つ分のハンバーグの種をつけたら、フライパンを熱し中火で両面、火が通るまで焼きます。

ソースは別の容器に入れて、食べるときにソースをつけながら食べるスタイルがおすすめです。時間がないときやもっと簡単に作るには、お弁当向けの小さい冷凍ハンバーグを温めた後、2,3個竹串に刺すというのもよいでしょう。

<枝豆ピック>

枝豆を茹でて(または冷凍枝豆を解凍し)、一粒一粒さやから出します。それをかわいいピック(なければ爪楊枝)に刺せるだけ刺します。向きは刺しやすい向きでかまいません。チーズと交互にさしても彩りよくていいですね。

<シューマイ団子>

小さめのシューマイ(冷凍も可)を用意します。シューマイは横から竹串を刺します。1本に4,5個刺すと、見た目が団子のように可愛く仕上がります。いつものシューマイが一味違うものに感じますね。

pic2 のコピー

<ちくわキュウリ>

ちくわの穴に、スティック状にカットしたキュウリを入れます。それを2センチ幅にカットし、ピックに2個横から刺します。これはお弁当の中のサラダの位置づけになるので、キュウリ以外にも、入れられる野菜を選んで同様に作れば、より彩りが良くなります。ちくわではなく、ハムにするのも子どもに人気です。スティック野菜をハムでくるりと巻いてカットしたものもピックに刺すことができますよ。

pic3 のコピー

<餃子の皮の包み揚げ>

餃子の皮に包んで揚げたものは、手づかみで食べられるスナック感覚のおかずになります。中に包むものも、お好みで色々作れます。

おすすめの具はチーズ+ウィンナーや、明太子+ジャガイモなど。ささみ、ツナ、ひき肉などを使えばしっかりおかずにもなり、大葉はアクセントに使うとおいしくておすすめです。

おやつも手でパクパク食べられるものを

簡単だけどひと手間かけたおやつとして、キャラメルポップコーンはいかがですか?
pic5 のコピー

<手作りキャラメルポップコーン>

ポップコーン60g程度を用意します。手作りでもいいですし、市販の塩味ポップコーンでも大丈夫です。

フライパンに砂糖50gと水を大さじ1杯入れて火にかけます。色がついてきたら弱火にして、カラメル色になるまでフライパンをゆすりながら待ちます。好みの色になったら火を止めて水少々を加えます。熱いうちにポップコーンを加えてからめます。からめたら、アルミホイルなどにだして冷まします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもも手伝ってお花見気分を盛り上げよう

お花見弁当を子どもと一緒に作ると、お花見がより楽しみになり、季節を実感する気持ちも高まるようです。串に刺す作業も、子どもにとっては楽しい作業。子どもたちならではのアイディアが飛び出すことも!

お料理のお手伝いは、理科など学校の勉強に関連している要素がたくさんあります。せっかくですから、一緒に作るときに、枝豆の旬の時期の話をしたり、ちくわの原材料は何なのかクイズで出したり、会話の中に盛り込むと、学校で学んでいる知識の大切さが実感できるかもしれません。

キャラメルポップコーンづくりでは、フライパンで砂糖を溶かす前に、「学研デジタル百科事典プラス」の理科の「水の温度と食塩の溶ける量」を調べる実験動画を見てから取り掛かりました。塩と砂糖の違いや、砂糖の溶けていく様子に関心を持って見ていました。

今回ご紹介した簡単メニューは思い立ったらすぐできるものばかりです。朝起きて、お天気のいい週末だったら、ささっと親子でお弁当を作り、桜のもとへ出かけてみませんか?

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』