知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食材 2017.09.01

種類・特徴・用途…知っておきたい『みりんの原材料と豆知識』

目次

Pocket

煮物や照り焼きなどみりんを料理に使う場面は広くあります。
みりんを“甘味のある液状の調味料”とだけ思っていたら、みりんよりも甘味のある砂糖とどう使い分けていいのかわからなくなってしまいますよね。
今回はみりんがどうやって作られていて、どのように料理に使ったら良いのかをお伝えしていきます。
これを知ったらついついみりんを使った料理を作って、語りたくなってしまうかもしれませんよ。

『みりん』は“甘味のある液状の調味料”ではなく“甘味を含んだお酒”

漢字で書くと「味醂」。
酒偏がついている通り、お酒の仲間ですが調味料として使われていますね。今は調味料として使われていますが、戦国時代には、「密林酒」「蜜醂酎」などと呼ばれる甘いお酒としてお酒が苦手な人や女性に好まれていました。調味料として使われ始めたのは江戸時代から。同時期に広まった醤油、砂糖、鰹節、昆布などとともに、当時の食文化に大きな革命をもたらし、現在まで続く和食の基礎を築きました。
名前に酒がついているだけではありません。みりんの原材料にもお酒が使われています。
みりんの原材料のお話をする前に、みりんは2種類あることをご存知ですか?

『みりん』には「本みりん」と「本直しみりん」の2種類

<本みりん>

蒸したもち米と米麹に焼酎を加えて熟成させたもの。
エキス分は16%以上、アルコール濃度は14%です。

<本直しみりん>

本みりんに、さらに焼酎またはアルコールを加えてアルコール濃度を高めたもの。
エキス分を16%未満にしたものであり、主に飲用とされています。
エキス分は本みりんよりも低めですが、焼酎またはアルコールが加えられている分、アルコー濃度は22.4%と高いです。

みりんは「本みりん」と「本直しみりん」この2種類に分類されます。
しかし、スーパーのみりんが置かれている売り場にいくと、「みりん風味調味料」というみりんもありますね。みりんと書いてあるし、本みりんより安いため、こちらを購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
違いは、価格だけではありません。原材料や製造方法にも違いがあるのです。

098-re

『本みりん』の原材料は4つ

<本みりん>

原材料
「もち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類」

酒税法で定められた原料しか使うことはできません。
40%程度のアルコールに蒸したもち米と米麹を加えて40~60日ほど熟成(糖化)させます。 このあいだに米麹中の酵素が働いて、もち米のデンプンやたんぱく質が分解されて、各種の糖類、アミノ酸、有機酸、香気成などが生成され、本みりん特有の風味が形成されます。
みりんの甘味は、麹が作りだす糖分です。
強いアルコールを原料にしましたが、完成するときにはアルコール濃度は14%になります。また、 塩分は0%です。
酒税法上の酒類はアルコール分が1%以上にものを指すため、みりんは酒類に分類されるわけです。
スーパーでよく見かける本みりんの原料には焼酎ではなく、醸造アルコールが使われていることが多いです。では、醸造アルコールとは何でしょう。

【醸造アルコール】
醸造アルコールとは、食用に用いられる無色透明のアルコール(エタノール)のこと。原料には主にサトウキビや甜菜などが用いられ、サトウキビの糖蜜に酵母を加えて発酵さて蒸溜したもののことです。

『みりん風味調味料』の原材料は4つ

<みりん風味調味料>

原材料
「水あめ、米・米こうじの醸造調味料、醸造酢、酸味料」

本みりんのように熟成させることなく、これらをブレンドさせてつくったみりんに似せた調味料です。
アルコールは含まれないのでアルコール分は1%未満となります。本みりんの塩分は0%でしたが、こちらは1%未満含まれています。

さらに、「発酵調味料」として販売されているみりんもあります。
これもみりんに似せた調味料です。雑穀を糖化し、一部アルコール発酵もさせた調味液に、醸造用アルコールと塩を加えてつくります。
こちらも酒販免許のないお店でも売れるようにと開発されました。
アルコール分を含みますが酒類にはならず、飲用には向きません。
また、こちらは塩を加えているため、味付けのときには塩分が強くなりすぎないように気を付けなければいけませんね。

このように、「本みりん」と「みりん風味調味料」は全くの別物ということになります。
使われている素材が違うということは、味にも影響してきます。

102

『みりん』が料理にもたらす7つの効果

みりんは熟成期間に酵素の働きにより、もち米と米こうじが分解され、4つの成分が生成されます。この成分が複雑にからみあって、深いコクと旨みが生まれるのです。
<生成される4つの成分>
・糖分(グルコース、イソマルトース、ブドウ糖、オリゴ糖など)
・アミノ酸(グルタミン酸、ロイシン、アスパラギン酸など)
・有機酸(乳酸、クエン酸、ピログルタミン酸など)
・香気成分(フェルラ酸エチル、フェニル酢酸エチルなど)

では、これらの成分が料理においてどのような効果を発揮するのでしょうか。

≪臭みを消す≫

みりんに含まれるアルコール分が肉や魚のにおいを消す効果があります。
生臭みを消し、素材にコクを与え、保存性を増す効果を持っています。

≪味がしみ込みやすい≫

アルコール分は臭みを消すだけでなく、素早く食材にしみ込み、うま味成分のアミノ酸や有機酸、糖類などの味もしみ込みやすくなる効果もあります。しみ込みやすいのはアルコールの分子が小さいためです。また味がしみ込みやすいだけでなく、味が均一に仕上がるのも特徴の一つです。

注意していただきたいのは、みりん風調味料にはアルコールがほとんど含まれていないため、アルコールによる調理効果は期待できません。

13010837_910351112409239_7824906927036920494_n

≪風味をつける≫

アミノ酸が旨み・風味の幅を広げる効果があります。

≪照りをつける≫

照りやツヤが美しい照り焼き、これはみりんによるものです。
ポイントとして、照りを出したければ最後にみりんを入れます。

≪焦げ色をつける≫

焦げ色は糖類のアミノ・カルボニル反応によるものであり、同時に良い香りも生じます。
さらに高い温度での加熱では、糖質のカラメル化が起こり、香ばしい香りと色を生じさせてくれます。

8de6c09435dee0acd5070f85fb2c1713_m

≪煮崩れを防ぐ≫

料理の素材を引き締める働きがあり、煮崩れを防ぐ役割があります。同時に、味が外に溶け出してしまうのも防ぎます。
照りと同様に入れるタイミングも大切です。
柔らかくしたいもののときには最初からみりんは入れず、逆に煮崩れさせたくない煮魚には最初から入れます。

≪甘味をつける≫

みりんの糖類は料理に上品な甘みを与えてくれます。

甘味をつけてくれるみりんですが、甘味ならお砂糖でもいいのでは?と思ってしまいますよね。
同じ甘味をつける役割のあるみりんと砂糖、何が違うのでしょうか

315-re

『みりん』はまろやかな甘味、砂糖は強い甘味

砂糖は成分がショ糖のみで強い甘みを持ちます。
しかし、みりんの甘みはブドウ糖やオリゴ糖などの多種類の糖で構成されているため、砂糖に比べてやわらかいです。そして、上品に仕上がります。

砂糖との違いは甘味だけではありません。照りやツヤにも違いがあります。
照り焼きの調味料として、【みりん+しょうゆ】と【酒+砂糖+しょうゆ】の組み合わせがあります。
どちらが照りやツヤがつくかというと、【みりん+しょうゆ】の方がつきます。
甘味は、酒と砂糖を使うと、さっぱりと軽い甘さになります。
みりんを使うと、もったりねっとりするような甘さになります。もったりねっとりと表現すると、水あめみたいに思われるかもしれませんが、少し違います。照り焼きのタレを最後煮詰めるとき、タレのブクブクが大きくもったり膨れるので、よかったら観察してみてくださいね。

c6cce7ff2194790f11d6275ae857a6a0_m

もしも甘味が強すぎるときには、加熱してアルコール分を蒸発させ、煮切りみりんとして使用することをオススメします。
みりんを煮切ることで、雑味となるアルコール分を飛ばし、旨みと甘味だけを料理に利用できます。
みりんや酒を大量に使ったり、和え物や酢の物など、加えてから加熱しない料理を作るときは、できれば煮きってから使いましょう。ひと手間かかりますが、できあがりの味に差がつきますよ。
ただし、煮ものなどで、少量を使うのならば、調理中にアルコール分がとぶので、煮きる必要はありません。鍋に入れて火にかけ、沸騰させるだけで手軽に煮切ることができますよ。

上手な選び方のコツ・賢い買い方コツ-『みりんの原材料と正しい使い方』

ここまでで、本みりんの方が料理に良い影響をあたえてくれる、という事はおわかりいただけたでしょうか。しかし、本みりんでも原材料のアルコールに違いがあります。
スーパーで多く見かけるのは「醸造アルコール」です。醸造アルコールでつくられたみりんは標準的製法と言われており、戦後の米不足の頃に開発された製法です。香味を調整して短期間でつくることができます。同じ量のもち米から、伝統的製法の3倍ほどの量をつくることができます。

伝統的製法のときに使うアルコールは「焼酎」です。江戸時代に確立された製法によって造られる伝統的な本みりんになっています。焼酎に蒸したもち米と米麹を加えて仕込み、じっくり熟成させてつくられます。

本みりんでも、焼酎に蒸したもち米と米麹を加えて仕込み、 じっくりと熟成させて伝統製法の良質のものを使うと、料理の味がグンと良くなりますよ。標準的製法のみりんは甘さが強く、飲んでもあまり美味しく感じられないと言われています。

eed03b31c8d16128047b6f46e36b9cd0_m

他の調味料と一緒に作る『みりん』を使ったレシピ

残り野菜と挽肉で簡単スタミナ丼ぶり『ピリ辛肉味噌あんかけ丼』

冷蔵庫にちょっとだけ余ってる野菜とひき肉があれば、ボリューム満点の中華風スタミナ丼の出来上がり。日本らしいけど、ちょっとエスニックの香りがするご飯によく合う味わいです。
残り野菜と挽肉で簡単スタミナ丼ぶり『ピリ辛肉味噌あんかけ丼』

濃いめの甘辛が人気!『ほうれん草の甘みそ和え』

副菜や料理の彩りにと、食卓で大活躍のほうれん草。胡麻和えも美味しいですが、たまにはしっかり味のみそ和えはいかがでしょうか?お酒のあてにもおすすめですよ。
濃いめの甘辛が人気!『ほうれん草の甘みそ和え』

しゃきしゃき食感と甘辛味があとひくおいしさ『ねぎの豚肉巻き』

どこか脇役的な存在の長ねぎ。今回は長ねぎがドーンと主役のお料理です。
豚バラ肉を長ねぎに巻いて甘辛いタレで煮絡めれば、ねぎの食感がたのしめるおつまみのできあがり。豚肉の脂とさっぱりしたねぎが、合いますよ。
IMG_0787-のコピー

朝ごはんにもおすすめ『子どもも大好き!もっちりじゃがいも餅』

欲がなくても、醤油ベースの餡をとろーりかけてみると、ぱくぱく食べられますよ。子どもも大好きな味なのでおやつ感覚でも、家族みんなで熱々をたのしんでみてくださいね。
IMG_06721

捨てないで活用エコ料理『ゆず大根葉めし』

大根の葉っぱ、いつもどうしていますか?ビタミンCなど栄養がたっぷりの葉っぱを捨ててしまってはもったいない!ゆず塩麹と一緒に炊いたら、見た目も香りも抜群の冬の炊き込みごはんが完成です。
15995444_1309794395746438_1895361591_n-2

お祝いゴトにも ご飯が自然なピンク色『しょうが香る たこ飯』

お刺身で食べるタコもおいしいけれど、たまにはご飯と一緒に炊き込んでたこ飯はいかがですか?
おめでたい席に、お赤飯でなくピンク色のたこ飯もまた違った演出ができるかも。調味料を入れてあとは炊飯器におまかせ。炊いてる時の香りが食欲をそそります!
1567

組み合わせで作るおかずシリーズ【かぶ×こんにゃく】蕪と蒟蒻の煮物

コツさえつかめば組み合わせ次第でレパートリーは無限大!「2つの食材」×「風味」×「ひとてま」を組み合わせて、ちゃちゃっとおかずづくり始めてみましょう。
e5de70466f977aa924c2754108a74b32_efeb06bfce225bee4b1f7567d829ca3f-2

『1:2:1』 これさえ覚えて煮物も照り焼きも得意料理に

「肉じゃが」「ぶり大根」「照り焼き」家庭料理の代表格ともいえるお料理たち。これらは料理は違えど使う調味料は一緒。次の割合を覚えておけば大抵のお料理は美味しく仕上がります。
IMG_0699

やっぱり甘×辛は黄金のあじ!『豚バラと新じゃがの煮っころがし』

今日のご飯は何にしよう・・・と悩んだら、間違いないのが醤油とみりんの甘辛味。
ご飯も進んで立派なおかずになること間違いなし。
豚バラ肉から出る脂の旨味が、甘辛ダレと一緒にほっくり食感の新ジャガに絡んだら、も〜うたまらない。
149-re1

家で作りたい和風レシピ『高野豆腐の肉巻きロール』

煮物などのイメージが多い高野豆腐を肉巻きにしてみました。チーズも挟んでいるので、大人から子供まで美味しく召し上がれる一品になっています。
IMG_6360-2

栄養満点!骨までまるごと食べられる『イワシの甘露煮』

「魚」に「弱い」と書いて「鰯(イワシ)」と読みます。
その名の通り、身が崩れやすいので包丁で調理することはご法度なんですよ。
手を洗ったら、優しく優しく身を開いてあげましょう。
114-re

2種類の調味料でできるごはんのお供『自家製のりの佃煮』

ご自宅に湿気ってしまったのりはありませんか。
そんなのりを使って、ごはんのお供の定番「のりの佃煮」をご紹介します。
作ったことが無いという方でも大丈夫。めんつゆとみりんがあれば作れるんですよ。
nori_re

いかがでしたか?
“甘味のある液状の調味料”という曖昧な認識だった『みりん』についてたくさん知るコトができたのではないでしょうか。
「今日の料理に使われているみりんって、実はね…」と食卓での会話のタネ、仕事場での会話のタネにしてみてください。
正しく知って、賢く使ってみると、毎日の料理も暮らしもより楽しいものになりますよね。身近な食材の豆知識から、もっと食を楽しむ人が増えていきますように。

その他の『調味料』にまつわる記事はこちら

日常の中に役立つことがたくさん!家庭の常備調味料『酢』の原材料は知ってますか?

日常の中に役立つことがたくさん!家庭の常備調味料『酢』の原材料は知ってますか?

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖』の豆知識

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖』の豆知識

料理に入れるとどんな効果があるんだろう?『酒』の原材料、知っていますか?

料理に入れるとどんな効果があるんだろう?『酒』の原材料、知っていますか?

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩』の原材料とは

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩』の原材料とは

日本独自の発酵調味料『味噌』。全国各地にある味噌の種類、あなたは言えますか?

日本独自の発酵調味料『味噌』。全国各地にある味噌の種類、あなたは言えますか?

調味料の王様『醤油の原材料』言えますか?

調味料の王様『醤油の原材料』言えますか?

あなたは違いがわかりますか?揚げ物や鉄板料理にかける「ソース」の違いと新しい使い方

あなたは違いがわかりますか?揚げ物や鉄板料理にかける「ソース」の違いと新しい使い方

記事/ケノコト編集部
(ライター 影山奈々恵)

%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%88

管理栄養士×フォトグラファー×ライターとして幅広く活動。
保育園で活きた食育や給食・おやつを通して「なんでも食べる子ども」を育んでいるだけでなく、食に関する記事をサイトへ寄稿。ポートレートや料理をはじめ、イベント、ウェディング、演奏会など様々なジャンルの撮影では、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』