知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.03.12

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

Pocket

京金網の老舗『金網つじ』で作られる、金網細工の道具。職人により手編みで作り上げられる細やかな網目は、つい見とれてしまう美しさです。『金網つじ』では様々な金網の道具が作られていますが、今回は中でもお気に入りの道具「焼き網」をご紹介します。最近では、美味しくパンを焼き上げてくれるトースターが人気ですね。トースターにおまかせも良いですが、焼き網で1枚ずつ焼き上げるトーストは格別の美味しさですよ。じっと、パンの焼き上がりを待って、裏返して。『金網つじ』の焼き網でパンを焼き上げているひと時は、忙しない毎日の中で、ちょっとだけゆったりとした時間が流れるような、そんな心地よさを感じます。

「脇役の品格」-『金網つじ』の想い

京料理を支える道具として、京都の料理人に長らく愛用されてきた『金網つじ』の金網細工。『金網つじ』の調理道具は、それ自体を見ても大変美しく、主役になりうる存在感を放ちます。しかし、『金網つじ』の代表 辻 賢一さんは、あくまで「脇役としての品格」というモノづくりにこだわります。料理や器、使う人を引き立てる、“脇役”として。手編みの金網細工にしか出せない味わいや柔らかさ、そして使いやすさのある調理器具が、職人の熟練した技術により生み出されます。プロダクトとしての美しさだけでなく、“道具“として使うときの心地よさを追求したモノづくり。『金網つじ』の金網細工は、京料理と共に発展してきた、美しい脇役の道具です。

京料理

金網つじ7

道具にも美しさを。『金網つじ』の職人が魅せる、手仕事の妙

全て手仕事で製作される、『金網つじ』の金網の道具。『金網つじ』の金網仕事は、最初から最後まで手編みで仕上げるもの、機械で作られた金網を手で曲げて加工するもの、うらごし器や蒸篭(せいろ)など京料理にかかせない曲げ輪の3種類です。

手編みの金網細工に必要な道具は、釘を打ち付けた木の台のみ。釘に合わせて、手で金網を編み上げていきます。左右の手の力加減や均等な大きさの網目に仕上げるなど、金網職人が一人前として認められるには、40年かかると言われているそう。熟練した職人の、確かな技術で作られる『金網つじ』の金網細工。手編みならではの美しさが際立つ、「菊出し」という中心から外側に向かって花が咲くように編まれた金網。職人技の光る均一な大きさに編み込まれた、細やかな「亀甲」模様の金網。『金網つじ』の金網細工は、金属が持つ自然な光沢と相まって、つい見入ってしまうような、美しい佇まいが魅力です。

金網つじ1

様々なライフスタイルに寄り添う『金網つじ』の道具

『金網つじ』の金網細工は、京料理を支える脇役の道具として、長らく愛されてきました。古くからの伝統と様々な経験を生かし、「現代の生活に溶け込む商品づくり」をコンセプトに、新しい観点で新商品が生み出されています。今回は『金網つじ』の中でも、私お気に入りの金網道具をご紹介します。

お気に入り道具−『金網つじ』セラミック付焼き網

焼き上げたパンをひと口かじると、つい「美味しい〜」と声がもれてしまうくらい。これでパンを焼いたら美味しさ格段増し!と個人的に思う、『金網つじ』の焼き網。『金網つじ』のセラミック付焼き網で焼き上げたパンは、表面はカリっ、中はふんわりとした美味しい食感です。焼きあがると、亀甲模様の網目がそのままパンの焼き目になり、見た目にもそそられます。

金網つじ6

パンのテレビCMで、この焼き網を使ってトーストが作られていたのを、美味しそうだな〜と見惚れた方もいるのではないでしょうか。かくいう私もそのひとり。

ただただ、じっとパンの焼き上がりを待って、裏返して。焼き網でパンを焼く時間は、忙しない日常の中での、ゆるやかな隙間のような時間です。たった1、2分、ぼーっと、パンを焼くことだけをやる、というのもなかなかリラックスできますよ。

『金網つじ』セラミック付焼き網は、ステンレスを手編みで亀甲模様に仕上げた、丈夫で長く愛用できる調理器具です。職人の手仕事によるため、1日に10枚ほどしか作ることができないそう。シンプルで無駄のない佇まいや、ステンレスながら無骨すぎない雰囲気が、キッチンに自然と馴染みます。まさに、普段の生活に馴染む、日用品として活躍する伝統工芸品ですね。

大切に育てていきたい、『金網つじ』の金網道具

銅やステンレスなどの金属で作られながら、どこか優しく丸みのある佇まいの『金網つじ』の道具。職人がひと編みひと編み作り出す、手編みの金網細工は、凛と美しい佇まいでありながらも、使う人の心地よさを考えられた日常の道具です。

あくまで「脇役」として、料理や暮らしをより良くするために、寄り添い続ける『金網つじ』の金網細工。『金網つじ』は、伝統的な手編みの製法を守りつつ、気鋭のデザイナーとのコラボレーションや、海外でのワークショップを催すなど、新しいことに臆せず挑み続けています。日本中にある、後継者不足や需要の減少で、惜しくも廃れていってしまう様々な伝統工芸。そんな中『金網つじ』のような気概溢れる職人たちの熱意を、道具を実際に使ってみることで、感じることができます。私たちにできることは、ただひとつ。たくさん使うこと、ですね。たくさん使って、日本にある伝統工芸品の良さを知るコト。少しでも、応援の気持ちが伝われば、と今日も今日とて、パンを焼く。

金網つじ5

『金網つじ』について詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

ふだん使うものだから上手に選びませんか?台所の大切な道具

ふだん使うものだから上手に選びませんか?台所の大切な道具

〜季節の道具〜 『錫器』でいただく冬ならではの、心温まる美味しい一杯

〜季節の道具〜 『錫器』でいただく冬ならではの、心温まる美味しい一杯

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

2017.04.27

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2017.04.26

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2017.04.24

体をいたわる毎日に『肩をやわらかくする簡単マッサージ』

2017.04.18

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

2017.04.17

ノンフライでここまでおいしい!時間が経ってもサクサク食感『サーモンフライ豆腐タルタル添え』

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.04.15

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

2017.04.14

相手を労わる思いやる『優しい気持ちになれる魔法のコトバ選び』

2017.04.13

シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』

編集部おすすめ記事

2017.04.28

【Instagram企画】子どもの写真大募集!『学研ゼミイメージキッズフォト』投稿キャンペーン

2017.04.21

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームのかけてゆく春の今聞きたい一曲『僕は幸せを知っている』~

2017.04.10

【Instagram企画】PTA1年生・ママ1年生・公園デビュー1年生もみんな集まれ!『#学研のカッコイイ1年生』で投稿しよう

2017.04.07

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの春が始まる今聞きたい一曲『旅路』~

2017.04.07

家庭訪問に向けての心構え『事前にしておきたいおうちのこと、親子の会話』

2017.04.07

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2017.04.06

ショーツは何タイプ派? 『Tバック』を意識的に履いてみるコト

2017.04.05

日本の暦『全部言えるかな?四月は○月』

2017.04.04

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

2017.04.03

布製の靴や帽子がお水をはじく!『100円ローソクで、防水コーティングDIY』

月間人気ランキング

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.02

たった3つの材料で『ふっくらもっちりヘルシー手作りパン』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.04.01

100人100色―「子どもが好き」という気持ちを仕事に。新しい保育の形をめざす保育士―春原裕香さんのお話し

2017.04.09

ハイヒール初心者必見!! 『ヒール靴はこう履くのが疲れない』

2017.04.10

子どもが喜ぶゲーム『エッグハントでイースターを楽しもう!』