知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.03.12

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

Pocket

京金網の老舗『金網つじ』で作られる、金網細工の道具。職人により手編みで作り上げられる細やかな網目は、つい見とれてしまう美しさです。『金網つじ』では様々な金網の道具が作られていますが、今回は中でもお気に入りの道具「焼き網」をご紹介します。最近では、美味しくパンを焼き上げてくれるトースターが人気ですね。トースターにおまかせも良いですが、焼き網で1枚ずつ焼き上げるトーストは格別の美味しさですよ。じっと、パンの焼き上がりを待って、裏返して。『金網つじ』の焼き網でパンを焼き上げているひと時は、忙しない毎日の中で、ちょっとだけゆったりとした時間が流れるような、そんな心地よさを感じます。

「脇役の品格」-『金網つじ』の想い

京料理を支える道具として、京都の料理人に長らく愛用されてきた『金網つじ』の金網細工。『金網つじ』の調理道具は、それ自体を見ても大変美しく、主役になりうる存在感を放ちます。しかし、『金網つじ』の代表 辻 賢一さんは、あくまで「脇役としての品格」というモノづくりにこだわります。料理や器、使う人を引き立てる、“脇役”として。手編みの金網細工にしか出せない味わいや柔らかさ、そして使いやすさのある調理器具が、職人の熟練した技術により生み出されます。プロダクトとしての美しさだけでなく、“道具“として使うときの心地よさを追求したモノづくり。『金網つじ』の金網細工は、京料理と共に発展してきた、美しい脇役の道具です。

京料理

金網つじ7

道具にも美しさを。『金網つじ』の職人が魅せる、手仕事の妙

全て手仕事で製作される、『金網つじ』の金網の道具。『金網つじ』の金網仕事は、最初から最後まで手編みで仕上げるもの、機械で作られた金網を手で曲げて加工するもの、うらごし器や蒸篭(せいろ)など京料理にかかせない曲げ輪の3種類です。

手編みの金網細工に必要な道具は、釘を打ち付けた木の台のみ。釘に合わせて、手で金網を編み上げていきます。左右の手の力加減や均等な大きさの網目に仕上げるなど、金網職人が一人前として認められるには、40年かかると言われているそう。熟練した職人の、確かな技術で作られる『金網つじ』の金網細工。手編みならではの美しさが際立つ、「菊出し」という中心から外側に向かって花が咲くように編まれた金網。職人技の光る均一な大きさに編み込まれた、細やかな「亀甲」模様の金網。『金網つじ』の金網細工は、金属が持つ自然な光沢と相まって、つい見入ってしまうような、美しい佇まいが魅力です。

金網つじ1

様々なライフスタイルに寄り添う『金網つじ』の道具

『金網つじ』の金網細工は、京料理を支える脇役の道具として、長らく愛されてきました。古くからの伝統と様々な経験を生かし、「現代の生活に溶け込む商品づくり」をコンセプトに、新しい観点で新商品が生み出されています。今回は『金網つじ』の中でも、私お気に入りの金網道具をご紹介します。

お気に入り道具−『金網つじ』セラミック付焼き網

焼き上げたパンをひと口かじると、つい「美味しい〜」と声がもれてしまうくらい。これでパンを焼いたら美味しさ格段増し!と個人的に思う、『金網つじ』の焼き網。『金網つじ』のセラミック付焼き網で焼き上げたパンは、表面はカリっ、中はふんわりとした美味しい食感です。焼きあがると、亀甲模様の網目がそのままパンの焼き目になり、見た目にもそそられます。

金網つじ6

パンのテレビCMで、この焼き網を使ってトーストが作られていたのを、美味しそうだな〜と見惚れた方もいるのではないでしょうか。かくいう私もそのひとり。

ただただ、じっとパンの焼き上がりを待って、裏返して。焼き網でパンを焼く時間は、忙しない日常の中での、ゆるやかな隙間のような時間です。たった1、2分、ぼーっと、パンを焼くことだけをやる、というのもなかなかリラックスできますよ。

『金網つじ』セラミック付焼き網は、ステンレスを手編みで亀甲模様に仕上げた、丈夫で長く愛用できる調理器具です。職人の手仕事によるため、1日に10枚ほどしか作ることができないそう。シンプルで無駄のない佇まいや、ステンレスながら無骨すぎない雰囲気が、キッチンに自然と馴染みます。まさに、普段の生活に馴染む、日用品として活躍する伝統工芸品ですね。

大切に育てていきたい、『金網つじ』の金網道具

銅やステンレスなどの金属で作られながら、どこか優しく丸みのある佇まいの『金網つじ』の道具。職人がひと編みひと編み作り出す、手編みの金網細工は、凛と美しい佇まいでありながらも、使う人の心地よさを考えられた日常の道具です。

あくまで「脇役」として、料理や暮らしをより良くするために、寄り添い続ける『金網つじ』の金網細工。『金網つじ』は、伝統的な手編みの製法を守りつつ、気鋭のデザイナーとのコラボレーションや、海外でのワークショップを催すなど、新しいことに臆せず挑み続けています。日本中にある、後継者不足や需要の減少で、惜しくも廃れていってしまう様々な伝統工芸。そんな中『金網つじ』のような気概溢れる職人たちの熱意を、道具を実際に使ってみることで、感じることができます。私たちにできることは、ただひとつ。たくさん使うこと、ですね。たくさん使って、日本にある伝統工芸品の良さを知るコト。少しでも、応援の気持ちが伝われば、と今日も今日とて、パンを焼く。

金網つじ5

『金網つじ』について詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

ふだん使うものだから上手に選びませんか?台所の大切な道具

ふだん使うものだから上手に選びませんか?台所の大切な道具

〜季節の道具〜 『錫器』でいただく冬ならではの、心温まる美味しい一杯

〜季節の道具〜 『錫器』でいただく冬ならではの、心温まる美味しい一杯

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

2017.06.02

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

編集部おすすめ記事

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

2017.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』