作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.13

保存食のある暮らし~身がぷりっぷりで栄養満点!!『牡蠣の有馬煮』

Pocket

産卵前の春は牡蠣の身がぷりっぷり。一年の中でも一番大きく育っているので食べ応えも抜群。この時期だからこそ作りたい手作りの保存食をご紹介します。美味しい常備菜にして、牡蠣の美味しさを長く楽しみましょう。アレンジレシピもお届けします。

『牡蠣の有馬煮』の材料

・牡蠣          400g
・実山椒         50g
・醤油          60ml
・みりん         60ml
・酒           30ml
・きび砂糖        30g

・片栗粉(下処理用)    大さじ4

『牡蠣の有馬煮』の作り方

1.牡蠣の下処理をする。
牡蠣と片栗粉ををボウルに入れ、身を傷つけないように優しくかき混ぜる。
17273915_1301762366578226_1205503460_o

17310476_1301762643244865_1151114652_o

2.片栗粉が灰色になって牡蠣の汚れを吸いとったら、水を入れて流す。水の濁りが無くなるまで2~3回繰り返す。

17237269_1301762646578198_1323078421_o
17269960_1301762683244861_493440888_o

3.キッチンペーパーで挟んでしっかり水気を切る。
17311440_1302682946486168_1390084597_o

4.鍋に3.の牡蠣と残りの材料を全て入れて中強火にかける。
17269918_1301762719911524_1929559421_o
17236917_1301762739911522_2107611008_o
5.沸騰したら火を弱め、弱火で調味液が半分くらいになるまで30分程度煮たら、火を止めてそのまま冷ます。
17273669_1301762783244851_1244784768_o

保存期間

冷蔵庫で2週間

ポイント

煮汁は牡蠣の旨味と山椒の風味が効いた調味料として使用できます。
オイスターソースの代わりに炒め物に使用したり、焼きそばに使っても美味しいです。

『牡蠣の有馬煮』のアレンジレシピ

『牡蠣おにぎり』

17269891_1301760599911736_514568422_o のコピー

『牡蠣おにぎり』の材料

・ご飯          120g
・牡蠣有馬煮       2個
・煮汁(実山椒入り)    大さじ4

『牡蠣おにぎり』の作り方

炊いたご飯に煮汁を混ぜ込み、半分に分けて上に牡蠣一粒を乗せておにぎりに握る。

『牡蠣とクレソンのサラダ』

17268918_1301763069911489_1667201283_o

『牡蠣とクレソンのサラダ』の材料

・牡蠣有馬煮               10個
・クレソン                1束
・◎オリーブオイル            大さじ1
・◎白ワインビネガー           大さじ1
・◎塩                  ひとつまみ
・◎こしょう               少々
・パルシャミーノチーズなどハードチーズ  適量

『牡蠣とクレソンのサラダ』の作り方

1.クレソンを長さ5cmに切り、材料全てボウルに入れて混ぜ、器に盛り付ける。
17273752_1301762976578165_1005274469_o
17269168_1301763053244824_1501185162_o
2.ハードチーズをグレーターで削り、1.の上にかける。
17269503_1301762979911498_468323868_o

加熱用と生食用、どっちが新鮮?

売っている牡蠣は加熱用と生食用があります。生食用の方が新鮮なイメージがありますが、加熱用、非加熱用は鮮度ではなく牡蠣に含まれている細菌数で決まります。
生食用は水揚げ後に紫外線殺菌水を使用して牡蠣に含まれた菌をしっかりと殺菌します。
加熱用は加熱調理によって菌を死滅させることが出来るため、収穫後にきれいに水洗いされた状態ですぐに出荷されるため、実は鮮度は加熱用の方が良い、ということになります。
牡蠣を安全に食べるためには中心温度85℃で1分以上の加熱が必要とされています。

牡蠣の栄養

「海のミルク」と呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣。
牡蠣は低脂肪高タンパクの食品で、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、グリコーゲン、タウリンなど栄養素をバランス良く多量に含みます。
中でも、特筆すべき栄養素は亜鉛、グリコーゲン、鉄、タウリンです。
牡蠣はあらゆる食品の中でも最高の亜鉛含有量を誇ります。他の二枚貝と比べても10倍以上の含有量があります。
亜鉛の働きは、細胞の新陳代謝を促進、免疫力アップなどがあり、体を活き活きと保つ効果があります。
グリコーゲンは肝臓や機能を高め、筋肉や脳の働きを活発にします。即効性の疲労回復に役立ちます。
牡蠣のクリーミーで複雑な味わいはこの豊富に含まれるグリコーゲンと、貝類の旨味成分コハク酸、甘味のあるアミノ酸のグリシンによるものです。
また、牡蠣は吸収の良いヘム鉄を大変多く含むため、貧血予防に効果的です。
タウリンはスタミナ増強に働きます。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』