知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.03.14

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「アアルトのベース」

Pocket

家具や食器を始め、根強い人気の北欧デザイン。カラフルながら、すっきりと洗練されたデザインが多く、生活にほど良い彩りを添えてくれますね。中でも『iittala イッタラ』は、北欧デザインを語る上で、なくてはならない存在のメーカーです。著名なデザイナーと共に作り上げてきた名品の数々は、今もなおそれらを手にした私たちに、新鮮な驚きや感動を与えてくれます。今回は、私のお気に入り「アアルトのベース」をご紹介します。ふにゃふにゃと波打つ形が愛らしい、ユニークな花瓶です。普段の生活にちょっとだけ、北欧デザインを取り入れてみる。そうすると見えてくる、日本でも北欧でもない日常の風景をお楽しみください。
iittala8

フィンランドの小さな村で生まれた『iitala イッタラ』

『iittala イッタラ』が生まれたところは、フィンランドの南部にある小さな村「イッタラ村」。1881年に、その村へガラス工房が作られたことで始まりました。当初の『iittala イッタラ』は、他のガラス工房と同様に、型押しグラスやカットガラスなどを手掛けていました。その後時代に先駆け、デザイナーであるアルヴァ・アアルトやカイ・フランクらと共に、美しく機能的なスカンジナビアンデザインを確立していきました。「デザインはすなわち思想であり、かつ誰にでも手に入るようなものにすべき」という、彼らの想いがつまった『iittala イッタラ』のプロダクト。それらは機能的で使いやすい日用品であり、またひとつの作品として、生活に彩りを添えてくれます。飽きの来ない長く愛用したくなるデザインも、『iittala イッタラ』製品の魅力ですね。常に新しいデザインコレクションを生み出すだけでなく、古くから愛されてきたプロダクトも作り続けられています。中には、なんと80年以上も前にデザインされたものもあるとか。『iittala イッタラ』のガラス職人が高い技術で生み出す、質の高いガラスの作品。生涯を通して付き合いたい、そんな親しみを感じさせてくれます。

『iittala イッタラ』の名品「アアルトのベース」

iittala2

不思議な形「アアルトのベース」ってなんだろう

ふにゃふにゃとした、不思議な形が目を引く『iittala イッタラ』のガラスの花瓶「アアルトのベース(以下、アアルトベース)」。なんだろう、とつい手に取りたくなるフォルムですね。北欧の豊かな自然と、おおらかな雰囲気を感じるような、美しいフラワーベースです。愛らしさを感じる丸みのあるフォルムながら、すっと立ち上がった形のスタイリッシュさを併せ持つところに、北欧のデザインセンスを感じます。機能性と美しさが共存したデザインは、家で過ごす時間を大切にする、北欧の人々の暮らしに添った日用品です。
「アアルトベース」の“アアルト”は、フィンランド語で“波”を意味するそう。1936年に発表された当初、花瓶にはきらびやかな装飾がされることが多く、この美しくシンプルな「アアルトベース」は、新しいデザインとして注目を浴びました。フィンランドの雄大な自然の中にある湖に、インスピレーションを得て作られた「アアルトベース」。北欧デザインの代表的なガラス作品のひとつです。

「アアルトベース」を生み出したデザイナー アルヴァ・アアルト

シンプルながら、暖かみを感じるガラスで作られた花瓶「アアルトベース」。デザイナーであるアルヴァ・アアルトは、建築から家具、日用品など、様々な分野を代表するデザイン界の巨匠です。彼のユニークで洗練された美的センスにより、フィンランドデザインは確立され、世界に広まりました。アルヴァ・アアルトのデザインには、豊かな自然との共生を考え、機能性を兼ね備えた美しさがこめられています。代表作である、この「アアルトベース」は、『iittala イッタラ』のアイコンのようなプロダクトです。
iittala11

ガラス職人が一つ一つ丁寧に作り上げる「アアルトベース」

「アアルトベース」は『iittala イッタラ』のガラス職人の手で、一つずつ吹きガラスの技法を用いて作られます。「アアルトベース」ひとつに、7人の熟練したガラス職人が、12に分かれた作業工程に、1,100℃の暑さの中30時間以上も費やして出来上がるそう。『iittala イッタラ』のデザイナーたちが生み出す、ユニークで洗練されたデザインをガラスに表現するため、職人たちは様々な経験や訓練を積んでいます。ガラスに息吹を吹き込んで、ひとつの作品にする。私たちが『iittala イッタラ』のプロダクトを手にするまでに、多くの人の関わりを通して出来上がるのですね。

このお花はどう活けようかな?考える楽しさのある「アアルトベース」

ユニークな形で、お花を活けづらいかな?と思いますが、少し短めにカットするとバランスよく飾っていただけますよ。茎や枝をカットする長さに合わせて、斜めに立てかけるように活けたり。短くカットして、ぎゅぎゅっとつめるように活けても、ボリュームがでて素敵です。お花だけでなく、葉ものや枝ものも良く似合いますよ。梅や桔梗など、日本の花々も映える花瓶です。私は、お花を活けていない時も、ガラスの置物として楽しんでいます。日の光が「アアルトベース」のカーブに当たってきらきらとする様子も、なかなかきれい。窓辺に置いて、一日の日の光の変化を感じています。
iittala6

日常の風景に、北欧の空気を。『iittala イッタラ』と作る新しい暮らしの景色

デザイナー アルヴァ・アアルトは、作品についてこう話します。-「それを使う人が、その商品が何かを決める」-。「アアルトベース」だからと言って、花瓶だけ。という限られた使い道ではなく、自由な発想で使ってほしい。という想いが感じられますね。今回ご紹介の「アアルトベース」に限らず、『iittala イッタラ』のプロダクトは、使い方を限定せず、様々な使い方やシーンを受け入れるおおらかさを感じます。北欧の大自然と、自宅で過ごす時間を大切にする文化、気候が育んだ、『iittala イッタラ』のスカンジナビアンデザイン。キンとはりつめる寒さが厳しい国ながら、ゆるやかな曲線美が美しいデザインが多いのもユニークですね。
おうちに北欧デザインのプロダクトを招けば、北欧の空気と日本の暮らしが溶け合うような空間に。まったく違う暮らしの文化が混ざって、なんだか楽しい雰囲気になります。北欧デザインの人気が高まるこの頃ですが、すべてを取り入れるのではなく、ちょこっと普段の暮らしに足してみてはどうでしょうか?日本と北欧の暮らしが混ざり合うのを楽しんでみる。“心地よい違和感”が、毎日の生活に少しだけ刺激を与えてくれますよ。
iittala44

『iittala イッタラ」についてくわしくはこちら

その他のおすすめ記事

『住まいで旅するWORLD TRIP!』~スウェーデン編~

『住まいで旅するWORLD TRIP!』~スウェーデン編~

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』