知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.03.16

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Teema ティーマのマグ」

Pocket

あなたは、毎朝決まって飲むものはありますか?コーヒー、緑茶、牛乳、野菜ジュース…。私は、「Teema ティーマ」のマグに注いだコーヒーを飲むことで一日が始まります。北欧の老舗メーカー『iittala イッタラ』の中でも、ベーシックなデザインの「Teema ティーマ」シリーズ。丈夫で普段使いにちょうど良い器たちです。実用性とデザイン性を兼ね備えた、北欧の日用品としての器「Teema ティーマ」。絶妙な色合い、計算されたフォルムが食卓を彩ります。今回は、ほぼ365日愛用している「Teema ティーマ」のマグについてお話します。愛すべき北欧の“普通”の道具について、魅力をちょこっとおすそ分け。
teema4

毎日使っても飽きない『iittala イッタラ』の食器

北欧らしい食器ってどんなだろう。カラフル?シンプル?柄もの?雑貨屋さんを見ると、多くの北欧デザインのアイテムを目にしますね。お手頃価格のショップも増え、日常で触れる機会が増えてきました。それら北欧デザインの食器には、賑やかな柄や色使いが多いのも特徴ですね。そんな中『iitala イッタラ』の食器は、食卓にほど良い彩りを添えてくれます。カラフルだけど、食卓の上で浮くこともなく、馴染む『iittala イッタラ』の器たち。「君たちは色んな食卓に馴染むねえ。」と、ついつい食卓に『iittala イッタラ』の登場回数が増えています。今回は『iittala イッタラ』の中でも、普段使いにぴったりの「Teema ティーマ」シリーズをご紹介いたします。シリーズの中で、毎日愛用している「Teema ティーマ」のマグについて、魅力を少しおすそ分け。スタンダードで実用的、シンプルなのに飽きないマグカップです。どうぞお楽しみください。
teema2

“普通”が一番難しくって美しい-『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」

普通、スタンダード、ベーシック…そんな言葉が似合うような、『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」シリーズ。 なんの変哲もなく見える、この器。その醍醐味は、毎日の暮らしの中での“使いやすさ”にあります。「どこにでもある器と同じ形じゃん。」と思うなかれ。『iittala イッタラ』の歴史が紡いだ、日用品としての美しさを堪能できるシリーズです。

「Teema ティーマ」の生みの親 デザイナー カイ・フランク

「Teema ティーマ」シリーズは、デザイナー カイ・フランクによってデザインされました。以前(アアルトのベース)ご紹介のデザイナー アルヴァ・アアルトと同様に、iittalaの代表的なデザイナーであり、フィンランドデザイン界の巨匠です。ベーシックなフォルムを探究し続けた、カイ・フランク。ヘルシンキ芸術デザイン大学の教授でもありました。「Teema ティーマ」シリーズを始め、彼のデザインした『iittala イッタラ』のプロダクトは、永遠のベーシックとして今もなお世界中で愛されています。美しいフォルムで、使いやすい。デザイン性と機能性を併せ持つ、北欧で生まれた日用品です。

毎朝の相棒「Teema ティーマ」のマグ

毎朝のコーヒーに、なくてはならない「Teema ティーマ」のマグカップ。私が愛用している300mlのマグは、通常のマグカップよりも小ぶりなサイズ。なので、忙しい朝にさくっと飲みたい1杯のコーヒーにはぴったりです。また、ほっとできるお茶時間に、ティーポットに紅茶をいっぱい作って、何杯も飲みたいときにもおすすめ。マグカップが大き過ぎちゃうと、一杯飲み終わるまでにお茶が冷めてしまうのが気になっていた私。そんな時出会った「Teema ティーマ」のマグは、ちょうど良い大きさで、お気に入り道具のひとつになりました。しっかりとした取っ手も持ちやすいのです。「Teema ティーマ」のマグの、“ちん”と座っているような佇まいに、可愛いなあと日々愛着がわいています。安定感のあるフォルムで、仕事のデスクなどでも使いやすいですよ。
teema1

「Teema ティーマ」ありそうでない、独特の色合い

潔く一つの色で彩られた「Teema ティーマ」シリーズ。単色ながら絶妙な色合いが、他にはない洗練された雰囲気です。宵の頃のような深いブルー、夜の森のような黒、どことなくアンニュイな雰囲気のくすんだグリーン、つきぬけるような青さのライトブルー…。身近にあるようでない「Teema ティーマ」が魅せる独特の色彩。北欧の暮らしや風景、気候が生み出した色合いは、私たち日本の暮らしにもそっと寄り添います。同じ料理や飲み物でも、器が変わるとまったく別の雰囲気を見せてくれますね。料理が映える真っ白な器も美しいですが、『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」シリーズで食卓の雰囲気を変えてみても。お手持ちの器に馴染みながらもほど良い存在感が、マンネリしがちな食事風景に彩りを添えてくれます。意外と和食や日本の家庭料理にもよく似合いますよ。

「丈夫だなあ」と感心しちゃう「Teema ティーマ」の器

「Teema ティーマ」の器で忘れてはならない素敵なポイントが、“丈夫”なところ。手が滑って器をぶつけたら、端っこがかけちゃった…とやってしまうことありますよね。そんなことをやりがちな私でも、「Teema ティーマ」のマグは毎日使い続けていても無事!ちょっとやそっとのことでは、割れない丈夫な「Teema ティーマ」の器。丈夫さは、普段使いする上で外せないポイントですね。また、オーブンや電子レンジにも対応できますよ。特別な日のオーブン料理、チンして食べてねのお夜食など。普段の生活で気兼ねなく使えてこそ、“暮らしに寄り添う器”と言えそうですね。
teema3

いつもそこにあって、なんでも受け入れてくれる『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」

いろんな寄り道をしても、“普通”であることが一番長く愛せる秘訣なのかもしれませんね。実用的で、美しい。『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」が持つ魅力は、実用的なデザインを追求したからこその、美しさなのかもしれませんね。無駄をはぶいた潔い佇まいの「Teema ティーマのマグ」。機能性に重きを置いた真っすぐなデザインが、“普通”であることの美しさを物語ります。コーヒーだけでなく、ほっとしたい時のお茶やホットミルク。私の最近のお気に入りは、甘酒でぬくぬくしたい時のお供として。両手ですっぽり収まるサイズもちょうど良い。すきなものを、すきな時に。なんでも受け入れてくれるような、おおらかさのある器は、使う私たちを飽きさせませんね。親しみを込めて、「今日も、ティーマのマグでいいか。」とつい選んでしまう日々が続いています。
teema5
『iittala イッタラ』について詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「アアルトのベース」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「アアルトのベース」

『住まいで旅するWORLD TRIP!』 ~スウェーデン編~

『住まいで旅するWORLD TRIP!』 ~スウェーデン編~

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』