作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.03.18

新じゃが・新玉ねぎを使って『ツナじゃがとスパイスツナじゃが』

Pocket

春になると、「新」がついたお野菜が顔を連ねますね。新じゃがいも、新玉ねぎもその代表。
この季節ならではの食材、新じゃがいもと新玉ねぎを使って、ツナじゃがを作ってみませんか?
だし汁なし、お肉なし、炒め油なしでもおいしく仕上がるコツがあるんです。

材料(約2人分)

材料
・新じゃがいも 300g(小サイズ5~6個程度)
・新たまねぎ  1/2個
・にんじん   1/2本
・ツナ缶    1/2~1缶(缶の油ごと利用)

・砂糖   小さじ1~1.5強
(写真は未精製の砂糖を使用)
・みりん  大さじ1~1.5強
・日本酒  大さじ2
・しょうゆ 大さじ1~1.5

・お湯または水(煮詰まり防止用) 200~300ml

作り方

1.新じゃがいもはよく洗い、1/2~1/3にカットして水(材料外)につけてさらしておく。
(皮が厚くて固ければ皮むきして使用してください。)
じゃがいもが大きめであればあらかじめ蒸すかレンジ加熱しておく。蒸す場合は蒸してからカットしても◎
じゃがいも
蒸しじゃが

2.新たまねぎは洗って皮をむいて半分に切り、上の固い部分と根っこの部分を切り取ってから、1/2個を串切りにし、こちらも水(材料外)につけてさらしておく。
新たまねぎ

3.にんじんは皮をむいてヘタを取り1/2個を乱切りにする。太い箇所はさらに縦半分にカットし、なるべく同じくらいの大きさになるように切っていく。
にんじん

4.鍋にツナ缶を入れ(缶に入った油を利用して炒めるので油切りせず加えます)、たまねぎを加えてさっと炒める。
ツナ炒め
ツナ玉ねぎ炒め

5.たまねぎに火が通ってきたら、にんじんとじゃがいもを入れてさらに炒め、全体に馴染んだら、砂糖、みりん、しょうゆの順に調味料を加えて、お湯または水(煮詰まり防止用)を加えてキッチンペーパーなどで落し蓋をして10分から15分程度煮込んでいく。
全材料炒め
落とし蓋

6.煮汁が少なくなって野菜が柔らかくなって味が馴染んだら完成。
(野菜がまだ固ければ5の工程を繰り返してください。(調味料やお湯(水)は少量ずつ様子をみながら加えてください。水だけで味が物足りない場合は、水の代わりにだし汁を加えても◎))
お好みで、あらかじめ別茹でしておいた、さやえんどうやいんげんなどを刻んで彩りにのせても◎
仕上げ1
仕上げ2

アレンジ

素揚げした新じゃがを使って揚げツナじゃがにしたり、お好みのスパイスやカレー粉を加えてスパイスツナじゃがにしても。

<揚げツナじゃが>

揚げじゃが1
揚げじゃが2
揚げツナじゃが

<スパイスツナじゃが>

スパイスツナじゃが味付け1

スパイスツナじゃが味付け2

スパイスツナじゃが2-2

『ツナじゃが・アレンジツナじゃが』のポイント・コツ

・調味料は目安です。砂糖の甘味がお好みの方は砂糖を多め・みりんを少なめに、すっきりした甘さがお好みの方はみりんを多め・砂糖を少なめになど加減してください。野菜から水分も出ますが、煮汁が減ってくると味も濃くなってきますので、水の量も様子を見て加減しながら味付けしていくと味付けが決まりやすいです。
・調味料は必ず甘味があるものから順に加えてください。
(先にしょうゆから加えてしまうと、甘味が野菜に入らなくなってしまいます。)
・時間がある場合は、砂糖とみりんを先に入れて野菜に火が通るまで煮込み、最後の仕上げに醤油を加えると、より甘味が浸透しやすいです。
・野菜は種類別で同じくらいの大きさに切り揃えると火の通りが均一になります。
早く火を通したいときは小さめに、食べごたえ優先・じっくり火を通したい時は大きめに、大きめに切る時はレンジ加熱や蒸す・茹でる・揚げるなどを併用すると生煮えすることなく仕上がります。

『スパイス入りツナじゃが』のポイント・コツ

・クミンやスパイスはあらかじめ乾煎りしてから使うと香りが立っておいしくいただけます。
(焦がすと苦くなるので弱火で乾煎りしてください。)

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

Pocket

コメント

  1. Lucka より:

    Aw Steve, you missed the best line:If people at Harvard are moving beyond general intelligence, you know something big is hahaening.Yepp, sort of like what happened to Larry Summers.

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』