知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

キッチン 2017.03.21

普段の食事風景をちょっと特別なひとときに-『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス

Pocket

お祝いの席やおもてなしの席に登場する、ワイングラスやシャンパングラス。そんな見た目にも素敵グラスは、食卓の風景をぐっとシックな雰囲気にしてくれますね。でも、「普段の生活で活躍する機会はあまりなくて、戸棚の奥にしまいっぱなし…」という方、多いのではないでしょうか?
「普段使いもできて、おめかしした食卓にも似合う、そんなグラスがあればいいのに…」というわがままを叶えてくれるのが、『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス。このグラス、実は普段使いにもうってつけなのです。『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラスが食卓にあると、代わり映えのない日常の一コマが、ちょっと特別な空間に。いつもの飲み物もさらに美味しくなるような、素敵なグラスをご紹介します。

villeroy6

ちょっと特別。でも日常に寄り添う『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス

華奢な脚がついた、ワイングラスやシャンパングラス。そんなグラスを手にとって、ちょっとかしこまった気分の食事もなんだか楽しい時間ですよね。でも、特別な時しか使わなくって、いつもは戸棚の中で待機。そんなワイングラスをお持ちの方、多いのではないでしょうか?私も、シャンパンやスパークリングワイン用のグラスは、何かお祝いの時にしか食卓に登場しません…。「もっと上手く器たちを使っていきたいなあ…」と思っているところに見つけたのが、『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス。
きらきらとしたダイアモンドカットが目を惹くこのグラスは、実は普段使いにももってこい。アンティークのゴブレットのような佇まいで、暖かみを感じるグラス。普段の食卓にも自然と馴染みますよ。様々なシーンで活躍するワイングラスは、あまりモノを増やしたくない、という方にもおすすめしたいグラスです。

ヨーロッパの老舗『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』-260年以上の伝統が息づく器

『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』は、ヨーロッパの中でも老舗メーカーのひとつで、260年以上もの伝統を持ちます。陶磁器メーカーとして創業し、現在ではグラスやカトラリーなど食卓の道具はもちろん、インテリアアイテムなど幅広い分野のプロダクト製作を行なっています。
ドイツの伝統技術とフランスのデザインセンスが融合し、作り上げられる『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のプロダクト。 “食器は毎日使って楽しむもの”という作り手の想いのもと、普段使いしやすい丈夫さと、おもてなしにもぴったりなデザインを併せ持つ器を作り上げています。世界中の人々を魅了し続ける、独特のデザインが魅力的な器たちです。

villeroy3

『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』お気に入りの器—「BOSTON ボストン」のワイングラス

歴史ある『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』の器には、数多くの個性的なシリーズがあります。今回は、ガラスウェアの中から「BOSTON ボストン」シリーズをご紹介です。
ヨーロッパの郊外の暮らしをイメージした、暖かみのある“カントリーコレクション”を代表する「BOSTON ボストン」シリーズ。『Villeroy&Bochビレロイ&ボッホ』の、ベストセラーだそうですよ。このシリーズの中でも愛用中のワイングラスを、今回ご紹介です。今までは、「華やかなデザインだから特別な時の食事にしか似合わないかも」と思い、食卓への登場回数はあまり多くありませんでした。ある時ふと、あのグラスに注いでみよう、と思い普段の暮らしの中で使ってみたところ、あら不思議。違和感なく食卓に馴染み、普段使いの器とも相性よく収まりました。そんな「BOSTON ボストン」のワイングラスの魅力をお伝えいたします。

乙女心をくすぐる、きらきらと輝くカット—「BOSTON ボストン」のワイングラス

まず、目を惹かれる表面にほどこされた、美しいダイアモンドカット。きらきらと輝く様は、乙女心がくすぐられる可愛さです。デコラティブなデザインながら、派手な印象を受けないのはクラシカルなカットだから。アンティークのような、暖かみのある佇まいが魅力的です。注ぐ飲み物によって、雰囲気が様変わりする楽しいグラス。ワインはもちろん、いつも飲んでいるジュースやお茶もちょっと特別な気分で楽しめますよ。

villeroy5

こじんまりとした安定感のあるフォルム—「BOSTON ボストン」のワイングラス

この「BOSTON ボストン」のワイングラスに親しみを感じるのは、ステム(グラスの脚)が短いことにもあります。背の低いこじんまりとしたフォルムは、普段の食事風景に自然と馴染んでくれます。
細いステムをそっと指でつまんで口に運ぶワイングラス。そんな少し緊張感のある食事も素敵ですが、普段の生活にはちょっと馴染まないかな?と思ったり。「BOSTON ボストン」のワイングラスは、朝食のジュースを注いだり、食事に合わせるお水やお茶を注いだり。普段の飲み物を飲む“グラス”として、活躍します。ジンジャーエールなんてよく似合うんですよ。ぜひ、お試しください。

villeroy1

飲み物だけじゃなく、デザートにも—「BOSTON ボストン」のワイングラス

親しみのあるこじんまりとしたフォルムの「BOSTON ボストン」のワイングラス。飲み物だけでなく、デザートにもおすすめなのです。フルーツと生クリーム、カステラで、ミニパフェやトライフルを。ヨーグルトをよそって、ジャムを添えるだけでも素敵なスイーツになりますよ。お手軽デザートも様になる、美しいダイアモンドカットの「BOSTON ボストン」のワイングラス。お子さまのおやつのゼリーやアイスも、この器によそえばさらに喜んでくれそう。安定感のあるフォルムで、お子さまにも安心してお使いいただけると思います。

どんな飲み物も、ちょっと特別な気分になる『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のグラス

毎日使う、普段使いの器を変えてみる。そうすると、暮らしにリズムが生まれて、新鮮な気持ちで毎日を過ごせそう。今回ご紹介の『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』の「BOSTON ボストン」ワイングラスは、“毎日一番使うグラス”にはならないかもしれないけど、「今日は朝から気分を上げたいな。」「陽の光が気持ちいいからこのグラスを使おうかな。」そんな気分転換にぴったり。
ガラスの食器は、艶やかで凛とした雰囲気が魅力のひとつです。ですが、この「BOSTON ボストン」のワイングラスは、独特の優しく柔らかい佇まいが魅力的。ヨーロッパの田舎町にある、のどかな風景…そんな心地よい雰囲気をまとうグラスです。なんでもない日を素敵な一日に変えてくれるような、「BOSTON ボストン」のワイングラス。特別な時だけでなく、普段使いの道具として、そっと暮らしに寄り添ってくれるはず。きらきらとした『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』「BOSTON ボストン」のワイングラスと一緒に、輝く毎日を過ごしましょう。

villeroy4

『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』について詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Taika タイカのカップ&ソーサー」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Taika タイカのカップ&ソーサー」

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』