知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.03.23

きらきら、ぽこぽこ。食卓に彩り添える『Dansk ダンスク』の器

Pocket

あなたは、毎朝フルーツを食べていますか?昔から“朝の果物は金”と言われ、朝食にいただく方も多いのではないでしょうか。旬のフルーツを口にすると、なんだか自然のパワーをそのままいただいているような気分になりますよね。
そんな、美味しくて美容や健康にも良いフルーツ。合わせる器にもこだわりませんか?

おすすめは、『Dansk ダンスク』の器。立体的なドットが愛らしく、また上品さも併せ持つフルーツボウルです。私が愛用する中で感じる、素敵なところをご紹介します。この『Dansk ダンスク』の器に盛ったフルーツは、なんだかさらに美味しそうに見えてしまうから不思議。朝食のお供にぜひどうぞ。

carissa-gan-66379

毎日の暮らしを彩る『Dansk ダンスク』の器

1954年に創立した『Dansk ダンスク』。“デンマーク風”という意味の名前の通り、スカンジナビアデザインが表現された、食器やキッチン道具のメーカーです。北欧を始め、世界各国のデザイナーたちが生み出した、個性的なデザインが彩るモダンアートの器たちが作られています。そんな『Dansk ダンスク』のプロダクトは、世界中で愛され続けていますよ。
北欧デザインの特徴でもある、機能性とデザイン性を併せ持つ、『Dansk ダンスク』が作り上げる日用品の数々。普段の暮らしの中で、重宝するプロダクトが目白押しです。
また、機能的で使いやすいだけでなく、食卓やキッチンを飾る美しい色合いやデザインも、忘れてはならない素敵ポイント。何気ない日々の暮らしに、彩りを添えてくれます。

世界中で愛され、認められている『Dansk ダンスク』の器

流行にとらわれない、長く愛せる製品を生み出している『Dansk ダンスク』。「全ての製品は、機能的かつ洗練されたものであるべき」という想いのもと、日常に寄り添いながらも、独創的なデザインのプロダクトを作り続けています。『Dansk ダンスク』は、デンマーク王室ご用達でもあるのだとか。また、『Dansk ダンスク』のプロダクトは、ルーブル美術館など、名だたる美術館のコレクションにもなっています。
dansk1

きらきら、ぽこぽこ。チャーミングな器『Dansk ダンスク』の「バブルコンフェティ」

愛らしいカラフルなドットの器。「バブルコンフェティ」シリーズは、数ある『Dansk ダンスク』のプロダクトの中でも、特に可愛らしい器たちなのではないでしょうか。器にほどこされた、職人の手仕事で彩られるドットが、食卓を楽しい雰囲気に誘います。
今回は、愛用中している「バブルコンフェティ」フルーツボウルの魅力をご紹介します。フルーツボウルと言えど、使い方は多様。何かとちょうど良いサイズで、日々の食卓で重宝する器なのです。チャーミングなドットの器が、食卓の雰囲気を明るくしてくれますよ。
dansk2

きらきら、つぶつぶ。食卓を賑やかに彩る器―『Dansk ダンスク』の「バブルコンフェティ」フルーツボウル

赤、青、黄のカラフルなドットがあしらわれた、「バブルコンフェティ」の器。つぶつぶとした表面の優しい風合いと相まって、柔らかい雰囲気をまといます。透明で艶やかなガラスの食器とはまた別の、すりガラスのような独特の暖かみを感じる佇まいが魅力的。ランダムに彩られたドットが、ポップな印象にならず上品さを漂わせます。「バブルコンフェティ」の器に旬のフルーツを盛るだけで、なんだかより一層美味しそうに。ついつい食べ過ぎてしまうこともあるんですよ。
この「バブルコンフェティ」フルーツボウルを使うと、食卓がぱっと明るい雰囲気になるような。朝の光を受けて優しく輝く様が好きで、よく朝食に使っています。季節問わず、旬のフルーツが似合うボウルです。
dansk5

ぽこぽこ、つるつる。楽しい質感―『Dansk ダンスク』の「バブルコンフェティ」フルーツボウル

「バブルコンフェティ」の器にあしらわれた、立体的なドット。器に触れた時の、ぽこぽことした質感がユニークです。独特の触れ心地が楽しい「バブルコンフェティ」の器は、手によく馴染んで持ちやすいんですよ。内側はつるつるとした質感なので、スプーンなどですくいやすく、洗いやすさも◎。
デザイン性だけでなく、機能性も重視して作られる、北欧の食器らしさを感じます。しっかりとした重心で、安定感のある佇まいも普段使いしやすいポイント。食卓に並んでいる様子も魅力的ですが、食器棚に収まっているところもまた素敵です。

朝食からデザートまで、なんでも包み込む器―『Dansk ダンスク』の「バブルコンフェティ」フルーツボウル

私が愛用するフルーツボウルは、何かとちょうど良いサイズなところも魅力です。朝食のシリアルや、フルーツをたっぷりいれたヨーグルトを食べたい時。食後のアイスをちょっと特別な気分で食べたい時にも、「バブルコンフェティ」の器に盛るとぴったりなのです。ちょっとナッツをトッピングしてみたり、手軽なスイーツを楽しんでいます。
1人前のサラダボウルにもちょうど良いのですよ。涼しげで軽やかな雰囲気が、新鮮な野菜にもよく似合います。暑い夏場に食べたい、冷製スープにもぴったり。鮮やかな色合いのスープやポタージュが、カラフルなドットと相性抜群です。
北欧デザインの特長でもある、丈夫な作りのボウル。ガラスの器だからと言って繊細すぎず、毎日の食卓で活躍してくれますよ。
dansk4

優しく光を受け止める『Dansk ダンスク』の器

毎朝食べるフルーツ。一日の始まりにみずみずしいフルーツを口にすると、なんだか元気が出るような気がしませんか?フレッシュなフルーツの自然の甘みは、ケーキやチョコレートといったお菓子とはまた別の魅力で、私たちを癒してくれますね。
季節のフルーツを、『Dansk ダンスク』の「バブルコンフェティ」フルーツボウルに盛る。さらに美味しそうに見えるようで不思議です。職人の手で描かれる、愛らしいドットが食卓を明るく彩ってくれますよ。
「今日はどんな楽しいことがあるかしら?」なんて思いながら、旬のフルーツをほおばり出かける。少し足取りが軽くなるような、そんな一日を『Dansk ダンスク』の器と始めましょう。
dansk6

その他のおすすめ記事

普段の食事風景をちょっと特別なひとときに-『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス

普段の食事風景をちょっと特別なひとときに-『Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ』のワイングラス

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Taika タイカのカップ&ソーサー」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Taika タイカのカップ&ソーサー」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Teema ティーマのマグ」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Teema ティーマのマグ」

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』