知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

日帰り 2017.03.24

都心から約1時間半のドライブ!『きのこをもぎ取りに青梅へ行こう』

Pocket

突然ですが、「きのこ狩り」に行かれたことはありますか?
え、きのこのって狩ることができるの?登山をしながらきのこを見つけるの?と思われる方もいるかもしれません。いちご狩りやみかん狩り、ブルーベリー摘みなど、くだものの狩りに行かれたことがある方は多いかもしれませんが、実は、日本国内では気軽にきのこの狩りができる施設もあるのです。
今日は、東京都青梅市にある「内沼きのこ園」での、しいたけ狩りをご紹介します。

都心から約1時間半!東京都の北東部に位置する青梅へドライブ

pic2

新宿から車で東に約1時間半。埼玉県に近い方面に青梅(おうめ)市は位置しています。都心に比べて緑が多く、澄んだ空気が心地よい青梅。内沼きのこ園のある成木と向かいます。
pic3

山道を走り、しばらくいくと成木に到着。こちらが内沼きのこ園の入り口です。
入園料を支払ってからスタッフの方にしいたけ狩りの説明を受け、園内に入ります。
pic4

こちらでは、しいたけの種菌を植え付けた原木を層に重ね、しいたけを増やしています。地域にもよりますが、一般的にしいたけの植菌(菌を原木に植えつけること)は2~3月ごろにするそう。
入園料は大人200円、子どもが100円となっており、まず人数分の金額を支払います。収穫したきのこは100gあたり300円なのですが、こちらは収穫後に計り、その分を精算するルールとなっています。
pic5

園内に入ると、森の中に登場する原木の層。ここからニョキニョキと様々な大きさのしいたけが生えています。層になっている原木は、地上から約50cmのものから重なっているので、小さなお子さんも手が伸ばせる部分にたくさんのしいたけがあります。
pic6

原木から生えているしいたけの根っこを指でつまみ、少し力を入れてひねるとポロッととれます。このポロッととれる感覚がなんとも楽しく、テンポよくしいたけ狩りが進みます。
pic7

手のひらにおさまらない、こんなに大きなしいたけもあります。
実際は、傘があまり開いていないしいたけのほうが、味が閉じ込められて美味しいのだとか。

収穫したしいたけは七輪でジュワーっと焼いて召し上がれ

さあ、収穫したしいたけですが、清算後はなんと園内の七輪で焼いてそのまま食べることができます。もちろん、持ち帰っても良いのですが、せっかくなので今回はもぎたてのしいたけを七輪で焼くことにしました。
pic8

時折、焼き加減をスタッフの方に相談しながらしいたけを焼いていきます。傘の裏、ヒダになっている部分から水分がジュワジュワ…と出てきたら、食べごろのサイン。
そのままかぶりつくも良し、醤油につけていただくのも良しです。

子どもも大人も楽しい、きのこ狩り!

pic9

緑豊かでしっとりとした空気の中にある、内沼きのこ園。しいたけをつみながらキャッキャとはしゃぐ子どもの声や、黙々としいたけをもぎ取り続ける女子大生など、しいたけ狩りに来る人は各々の時間を楽しんでいるようでした。
pic10

いちご狩りやみかん狩りなどのくだもの狩りもポップで楽しいですが、香り高く、旨味のあるきのこをもぎ取りに出掛けてみるのもいかがでしょうか。
また違った狩りの楽しみ方ができるかもしれませんね。

記事/ Makali’i(マカリィ)

makaliiロゴ_fix
Makali’i(マカリィ)はSUBARU WEB COMMUNITY 『#スバコミ』アクティブな女性に向けてお送りするカー・キュレーション・メディアです。

Makaliiホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2017.07.02

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2017.07.01

おもてなしにもどうぞ。シンプルで簡単!オーブン料理『豚バラ・トマト・チーズ・アボカドのミルフィーユ焼き』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』