知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.04.07

家庭訪問に向けての心構え『事前にしておきたいおうちのこと、親子の会話』

Pocket

新しい学年になり、一番はじめに迎える行事といえば『家庭訪問』ですよね。わが子を担任してくださる先生と個別で話せる絶好の機会。最近では、幼稚園や保育園でも家庭訪問を行っているところがあります。でも、お茶菓子は必要?どんなことを話したらいいの?などと、少し身構えてしまう人もいるのではないでしょうか。

家庭訪問の意味

そもそも、家庭訪問はどうして行われるのでしょう?家の中をチェックされるかもしれないから、しっかり掃除して家中を綺麗にしておかなくちゃ!と焦ってしまうかもしれませんが、家庭訪問の目的はそこではないようです。
photo2 のコピー
実は私の弟や友人数名が小学校の教員をしているので、詳しく本音を聞ける機会がありました。先生の立場として家庭訪問で親御さんに聞きたいことは、大きくわけて次の3つのようです。

①「家での生活習慣や様子」

起床時間や就寝時間、家庭学習の様子、普段仲良く遊んでいるのは誰か、学校以外ではどんな遊びをしているかなどを知ることが、家庭訪問の目的のひとつです。食べ物に関してアレルギーがないかを改めて確認することもあるようです。また、勉強やゲームなどに関して家庭でのルールがあれば、あらかじめ話しておくといいでしょう。

②「学校に対しての子どもの様子」

楽しく学校に通えているか、学校での様子を家で話しているか。もしも何か困っていることなどあれば、遠慮せず先生に伝えておくといいですね。

③「家の場所の確認のため」

震災など緊急事態が起こったときのためにも、どのあたりに住んでいて、周囲にお友達がいるかどうか、学校までの距離などを実際に訪問して把握しておくということが狙いです。新入生の場合は、学校まで迷わず通えているか、集団登校があるエリアではその様子なども確認しておくようですよ。

まずは先生との信頼関係を築こう

親としては、家での様子を伝えるだけでなく学校でのわが子の様子も詳しく聞きたい!と思ってしまいますが、家庭訪問の時間はおおよそ10分から15分程度。あまり長引いてしまうと、次のご家庭への訪問時間が遅くなってしまいます。先生に聞きたいことや確認しておきたいことがあれば、事前にメモしておくと、整理して話が聞けるのでおすすめです。

とはいえ、新しい学年になって実質1カ月なので、特に目立ったことがない限りは、親が期待するほどは子どもの様子が聞けないかもしれません。半年後あたりに行われる個人面談などで詳細は聞くとして、まずはこれから3月まで子どもがより楽しく学校で過ごせるように、そして今後何か困ったことが起こったときすぐに相談できるように、家庭訪問が担任の先生との信頼関係を築く第一歩になるように心がけるとよいのではないでしょうか。

ちなみに、気になるお茶菓子は特に必要ないようですよ!いつでも飲めるようにとペットボトルのお茶をお土産に渡す人もいるようですが、先生が歩きの場合は荷物になってしまうことも。あまり過剰なおもてなしは不要なので、安心してくださいね。

家での親子の会話が大切

家庭訪問は、主に家庭での子どもの様子を先生に伝える機会。そのためには、普段から親子でコミュニケーションをとって、子どもとたくさん会話をしておくことが大切です。進級したばかりの時期は特に、学校で困ったことや嫌なことがあったとしても、それを自分で先生に伝えられる子どもは少ないもの。仕事をしていて忙しい人も多いかと思いますが、食事のときやお風呂、寝る前のひと時に、子どもから学校での話を聞いておけるといいですね。
photo3 のコピー

今回は、私の経験と、教員の知人へのヒアリングから春の家庭訪問の心構えについてお伝えしました。ママ友や先生などからの情報などもそうですが、子育てに関する情報は、つねにアンテナをはって、収集しておきたいですよね。、親として「こんなことが知りたい」ということがあれば、学研ゼミの保護者ニュース&コラムにいろいろな情報が載っているのでおすすめです。私もよく覗いて参考にしています。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。
記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2017.07.02

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2017.07.01

おもてなしにもどうぞ。シンプルで簡単!オーブン料理『豚バラ・トマト・チーズ・アボカドのミルフィーユ焼き』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』