知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.04.26

継続はチカラなり『なぜ?どうして?で考える習慣を育もう』

Pocket

子どもが小さな頃、「なに?」「なぜ?」「どうして?」と質問攻めにされた経験はありませんか?
時には延々と続く同じ質問の繰り返しに少しイライラしながらも、わかりやすく噛み砕いて説明したり、一緒に答えを調べたりして、子どもが納得するような答えを返してきたのではないでしょうか。それが、子どもの年齢が上がってくると、次第に親が一方的に答えを教えるのではなく、子ども自身に考える習慣をつけさせることが大切になってきます。子どもの考える力を育むため、私たち親はどのように接していけばいいのでしょうか?

子どもの『地頭力』を育てる

『地頭力(じあたまりょく)』という言葉をご存知でしょうか。ビジネスの世界などで注目されるようになった言葉で、単なる知識ではなく、物事を認識したり考えたり創造したりして、問題解決のための答えを導き出す能力のことを指します。この地頭力があると、たとえば算数の文章問題や応用問題を解くことも簡単に感じたり、お友達とのコミュニケーションも円滑に進めることができるでしょう。地頭力を育てていくためには、まずは情報をインプットし、そこから自分の頭で考えて、アウトプットしていくことが大切なのだと思います。普段から親が答えを用意するのではなく、子どもの考える力を育んであげたいですよね。

まずは身近なニュースを『知る』ことから

とはいえ、情報をインプットしてアウトプットさせる…なんて、どうやって子どもに促していけばいいのか悩みますよね。そんなときは、学研ゼミの『学研ジュニア新聞』をツールとして利用してみるのがおすすめです。『学研ジュニア新聞』は、学研と朝日学生新聞社のコラボレーションコンテンツで、最新のニュースをわかりやすく、子どもでも興味が持てるように伝えてくれます。1週間分のニュースをまとめたpdfをダウンロードもできるので、プリントアウトして保存していけば、後で紙の新聞を見るように振り返ることもできます。

たとえば、昨年から大きな話題となっている「企業の残業時間」について。
photo2 のコピー(学研ジュニア新聞より)

安倍首相と日本経済団体連合会、日本労働組合総連合会との「過労死を防ぐためのルール作り」に関するページを読むことで、まずは世間の動き、ニュースの内容を知ることができます。

『なぜ?』『どうして?』を大切に

基本的な情報をインプットしたら、次のステップは「考える」。『学研ジュニア新聞』の記事下には、「話してみよう!」や「ことばの意味」など、問いかけが載っています。この記事には「なぜ労働時間について、ルールをつくる必要があるのでしょうか」との問いが。「ニュースではこう報じられているけれど、そもそもどうしてこの問題が起きているのだろう?」と、自分の頭で考えるよう促してくれます。

ちなみに、出てくる用語がわからないときは、用語説明のページがリンクされているので、すぐに調べることができます。せっかくの考えるタイミングを妨げないような工夫もうれしいですね。
スクリーンショット 2017-03-27 14.21.48

答えはひとつじゃない。親子で話し合ってみよう

最後は、アウトプット。自分なりに考えたことを、言葉で説明することがとっても大切です。はじめは、自分の考えを持つことが難しいかもしれません。うまく言葉にできないかもしれません。たとえ突拍子もないことを言い出したとしても、決してその考えを否定しないで。ニュースを見てどう感じたかは、一人ひとり違います。計算問題とは違って答えはひとつではなく、また、正解・不正解もないのですから。

ぜひ、親も一緒に考え、お子さんと話し合ってみてはいかがでしょうか。子どもの素直な感想や意見は、もしかしたら凝り固まった大人の頭をほぐしてくれるきっかけになるかもしれませんよ。

9604991abfd211e050170174db3ed184_m

「知る」、「考える」、「伝える」。親子で続けていけば、次第に自分一人でニュースを調べ、考えていく習慣が築けます。地頭力は生き抜く力でもあります。常に自分の意見を持ち、どんな出来事にも柔軟に対応していく力こそ、これからの社会で必要とされる力なのではないでしょうか。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』