知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

道具 2017.03.31

使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器

Pocket

お出かけするのが気持ち良い季節になりましたね。毎年、春と秋に、陶器市が開かれている『益子(ましこ)』の町。その地で作られる伝統工芸品『益子焼(ましこやき)』は、ぽってりとした暖かみのある佇まいと、土の質感を感じる、優しい触れ心地が魅力的な器です。
料理をする時、ごはんをいただく時。私は『益子焼』を手に取る度に、その素朴で優しい風合いにほっと和む気持ちになります。『益子焼』を食卓に並べれば、確かな存在感もありつつ、合わせる器や食事風景に自然と馴染んでくれますよ。普段の料理も『益子焼』の器に盛ると、いつもより美味しそうに見えるような、そんな気がします。そっと料理を引き立ててくれる、頼もしい器です。

古くから焼き物の里として栄え、現在も数多くの陶芸家が制作活動を続けている『益子』の町。素朴な雰囲気の器、絵が描かれている器、独特の色合いが美しい器…その地を訪れると、日常の暮らしに寄り添う、個性的で作家性に富んだ、様々な『益子焼』の器に出会うことができます。そんな『益子』の町で作られる、普段使いの器『益子焼』の魅力を少しだけお話します。
使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器。益子の風景

『益子焼』が紡いだ歴史

『益子焼』は、江戸時代末頃、古くから陶器の産地として栄えていた、笠間(現在の茨城県笠間市)で修行した者が技術を持ち帰り、『益子』(現在の栃木県益子町)に窯を築いたことから始まったそうです。その頃は、『益子』で採れる特有の粗い土のため、繊細な器の造形には向かず、水瓶や火鉢など、日常の道具が主に作られていたのだとか。
その後、徐々に陶芸家や民芸運動家が移り住み、茶器や花器などの芸術品も多く作られるようになりました。現在は『益子』の町で、ベテランから若手まで多くの陶芸家がこの地に窯を持ち、制作活動をしています。古くから、日用品として親しまれている『益子焼』の器。今もなお、私たちの日常の暮らしに寄り添う道具として、器が作られ続けています。
使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器。陶芸

暖かな土の手触りが魅力的な『益子焼』

『益子焼』は、益子で採れる特有の砂気の多い土で作られます。そのため、土本来の優しい手触りや、暖かみのある風合いが魅力的な作品が、数多く作られています。
『益子焼』の器を彩る釉薬(ゆうやく:器の仕上げにかけるうわぐすり)は、古くから黒や錆色、柿色など、生活に馴染む落ち着きある色合いが多く作られていたそう。ぽってりとした素朴な佇まいの器に、よく似合う色合いですね。他に、焼いた後に色合いが変化する鉄分を含んだ釉薬や、呉須(ごす:コバルトブルー)の釉薬もよく使われるのだとか。どちらも、普段の食卓に自然と馴染むような、暖かみもありつつ、シックな雰囲気をまとう器が出来上がります。

私が出会った『益子焼』の器

私と『益子焼』の器との出会いは、たまたま『益子』の町を旅行で訪れた時でした。私にとって、『益子』の町は、「東京から近い焼き物の里」ということで、以前より気になる存在でありました。
『益子焼』に出会うまでは、つるんとつややかな磁器(土ではなく砕いた石で作られる器)を、日常で使うことが多かったのです。そんな折、土本来の質感で厚手に作られた『益子焼』の器に出会い、「今まで使ったことないタイプの器だな。使いこなせるだろうか…」と少し戸惑いました。しかし、いざ『益子』の町にある陶器のギャラリーや店舗に足を踏み入れると、戸惑っていたことも忘れてしまうくらい、素敵な『益子焼』の器たちに魅了されてしまいました。
使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器が食卓に並んでいるところ
伝統的な丸みのある厚くぽってりとした器もあれば、作家性に富んだユニークな器もあり。そこで出会った器たちに、ベテランから若手陶芸家まで、数多くの作家がいる『益子』の町ならではの、幅広さや奥深さを感じました。
その出会いがきっかけで、私はすっかり『益子焼』のとりこに。それからというもの、『益子』の町をちょこちょこと訪れては、少しずつお気に入りの『益子焼』の器を集めるようになりました。「手持ちの他の器と合わせづらいかな?」というような、個性的な色や模様の器でも、『益子焼』特有の素朴な佇まいで毎日の食卓で使いやすいんですよ。

『益子焼』から感じる、素朴さと味わい深さ

土で作られる「陶器」は、砕いた石で作られる「磁器」に比べ、料理などに使う前にお手入れが必要だったりと、少し手間がかかるもの。しかし、ほっこりとした土の風合いや、手作りの暖かみのある雰囲気など、陶器でしか味わえない魅力がたくさんあります。特に食器は必ず手に触れるものだから、見た目だけでなく触れ心地からも、楽しみたいものです。
また、陶器は採れる陶土や産地によって、がらりと雰囲気が変わるのも面白いところ。今回ご紹介の『益子焼』だけでなく、日本全国の陶器の里を訪れてみると、産地ごとの違いや特徴が感じられます。陶器、磁器、どちらの良さも楽しみつつ、日々の暮らしで大切に使い続けていきたいですね。

『益子』の町では、春と秋に、毎年盛大な陶器市が催されているんですよ。普段お会いすることができない陶芸家さんにお話を聞いたり、数多くの器からお気に入りを探すことができたり。気持ち良い季節に、お出かけがてら『益子焼』との出会いを楽しんでみませんか?
大切にしながらも、日常の暮らしで使い続けたい『益子焼』の器。食事をいただく時、器に手を添える度に、暖かな触り心地で癒されます。器を探す時に、触り心地も意外と重要なポイントなのではないでしょうか?するする、さらさら、しゃりしゃり。独特な『益子焼』の器の触り心地を感じてみてください。
使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の飯椀が並んでいるところ

その他のおすすめ記事

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

”いつも”の暮らしに寄り添う『会津漆器』の魅力-私が出会ったパン皿

”いつも”の暮らしに寄り添う『会津漆器』の魅力-私が出会ったパン皿

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

記事/ケノコト編集部

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.08.17

揚げずにさっぱりおいしい常備菜『なすとおくらのゆで浸し』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間

2017.08.09

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

2017.08.06

買うよりお手軽!?『簡単王道!間違いない基本のめんつゆ』

2017.08.04

夏野菜たっぷり『タコと夏野菜のエスニックサラダ』

2017.07.30

作り置き常備菜シリーズ『山形だし風薬味ぶっかけ』とアレンジレシピ

2017.07.29

色を暮らしに活用しよう『希有なブラック”黒色”がもつ秘密ゴト』

2017.07.27

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2017.07.22

2つのプチプチ食感!『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』

編集部おすすめ記事

2017.08.14

【映画上映会開催】100年先に伝えたい物語『この世界の片隅に』上映会

2017.08.11

【Instagram企画】至福のビール時間。ビールにまつわるいろんなコト『#麦ノクチ』で投稿しよう

2017.08.11

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

2017.08.06

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2017.08.03

働くママのファッションのお悩み解決!『エアクロのパーソナルスタイリストに教わるコーディネート座談会』

2017.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2017.07.31

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

2017.07.28

パクチーたっぷり『チキンの冷製パクチージェノベーゼ』

2017.07.26

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2017.07.24

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

月間人気記事

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜』

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間