作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.04.11

”だし”がなくても味わい深い『きのこと玉ねぎの味噌汁』

Pocket

日本人が「味噌汁」を飲まなくなったのはなぜでしょうか?
パンを朝ごはんに食べる人が増えた、というのが原因のひとつだと思いますが、味噌汁を飲まない人に理由を聞いてみたところ、「だしをとって調理するのが面倒くさい」という声がとても多かったのです。

お味噌汁のだしといえば…
かつお節
いりこ
昆布
干ししいたけ
などが和食のだしの基本食材ですが、一番簡単な作り方は、昆布と干ししいたけを水につけておく「水だし」ですね。

でも、だしを使わなくても美味しい味噌汁を簡単につくる方法があるのです!!今回は、手軽にできて、じんわり味わい深いお味噌汁のレシピをご紹介します。
0411_2

『きのこと玉ねぎの味噌汁』

材 料(4人前)

舞茸    1/2パック / しめじ  1/2パック  / 新玉ねぎ   / 万能ネギ        1本     / 麦味噌 大さじ4 / 水 800㏄

作り方

1.舞茸は 手でほぐし、1㎝の長さに切っておく
しめじは、石づきを切り、1㎝の長さに切っておく
新玉ねぎは、薄い回し切りにしておく
万能ネギは、小口切りにしておく

2.鍋に玉ねぎ、舞茸、しめじを入れ、具材が被る位の水(分量外)を入れ火にかける

3.沸騰したら弱火にし、具材がしんなりするまで、ウォーターソテーにする

4.分量の水を入れ再び沸騰したら、麦味噌で味を整える。

5.器に注ぎ、万能ネギを散らす。
0411_1

オーガニック料理ソムリエが教える『きのこと玉ねぎの味噌汁』を美味しくつくる秘訣

・きのこ類は手でほぐすと断面が広くなるので、味が染みやすくなります。
・できるだけ少ない水で弱火で長時間煮ると、きのこと野菜からだしをとることができます。
・味噌を鍋にいれるときには、別のボウルに味噌を入れ、だし汁で溶いてから鍋にいれると、まろやかにしあがります。

「だしをとるのは面倒くさい」と思っている方! これならば食材を細かく刻んで鍋に入れて弱火にかけておくだけで、深い味わいのだしがとれますので手間いらずです。 是非、一度お試しくださいね。

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

朝から活力が湧いてくる!大根の生姜みぞれ味噌汁

朝から活力が湧いてくる!大根の生姜みぞれ味噌汁

これなら無理なく食べられる!『納豆の栄養』と 美肌に効く『納豆とセロリの蒸し餃子』

これなら無理なく食べられる!『納豆の栄養』と 美肌に効く『納豆とセロリの蒸し餃子』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』